グルメ

【旅グルメ】トラベルグルメレーティング計画発動!旅先で食べた料理を片っ端から格付けしちゃおう!

更新日:

旅とグルメはワンセットです。

そんなわけで、旅行記の中で紹介した旅グルメのまとめページを作りました。

食は文化であり、旅とは新しい文化との出会いです。

旅先で出会う新しい味がなければ、旅行の魅力は半減してしまうでしょう。

それぞれの項目に、旅日記へのリンクを置いてありますので、そちらもぜひご覧ください。

格付け基準

味、栄養、安さを中心に、個々の食事にまつわる任意の基準を使って、勝手気ままに採点していきます。

中にはごくごく不真面目な点数の付け方をしているものがあるかも……。

ルール

正直にレビューする

おいしいものはおいしい、まずいものはまずいと正直にレビューします。

旅先で出会った味を中心に幅広く格付けする

日常的に出会えるようなグルメは除外します。

閉店となっても欠番にはしない

栄枯盛衰、生者必滅。長く旅していれば閉店してしまうお店も必ずありますが、そのようなお店があったことを後世に残すことも、当ブログの使命です。

訪問時の為替レートでおおよその日本円料金を併記する

色々な国を訪問するので、「とどのつまりいくらなのさ?」という疑問にお答えします。

トラベルグルメレーティング2018

旅先で出会ったグルメを独断と偏見で格付けします。

記念すべき2018年第1回目、始まります。

【#001】 ヨンセ大学校学生会館のビビンバ【韓国・ソウル市】

トラベルグルメレーティング【#001】 ヨンセ大学校学生会館のビビンバ

  • 味:★★★
  • 栄養:★★★
  • 安さ:★★★★
  • ニッチ度:★★★★
  • 思い出度:★★★★

総評:★★★

場所:韓国ソウル市ヨンセ大学校学生会館内

値段:1人前4,800ウォン(約480円)

コメント:一食頼めばおなか一杯間違いなし。サイドのおかずもあなどれません。大学と関係ない人も結構きているので、あなたもニッチ飯にチャレンジしてみては?

備考:学生さんの邪魔にはならないようにしましょう。

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。比較的おとなしめにソウルの中心部を観光。【2日目】

【#002】 ソウルクァンジャン市場チャメチプのユッケとレバ刺し【韓国・ソウル市】

トラベルグルメレーティング【#002】 ソウルクァンジャン市場チャメチプのユッケとレバ刺し

  • 味:★★★★★
  • 栄養:★★★★
  • 安さ:★★★★
  • レア度:★★★★
  • スリル:★★★★

総評:★★★★

場所:韓国ソウル市クァンジャン市場

値段:ユッケ、レバ刺しともに1皿12,000ウォン(約1,200円)

備考:ユッケ1人前+レバ刺し0.5人前という変則オーダーに応じてくれました。

コメント:日本ではもう食べられない味にもう一度出会えます。生レバーだけでもいいので頼んでみてください。ユッケ禁止以降に生まれた若い人なら人生観が変わるかも。

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。比較的おとなしめにソウルの中心部を観光。【2日目】

【#003】 シンチョン街中のチンウォンジョタッカンマリ【韓国・ソウル市】

トラベルグルメレーティング【#003】 シンチョン街中のチンウォンジョタッカンマリ

  • 味:★★★★
  • 栄養:★★★★
  • 安さ:★★★★
  • 〆度:★★★★★
  • トッピング類:★★★★★

総評:★★★★

値段:1人前12,000ウォン(注:2人前から、約1,200円)

場所:韓国ソウル市シンチョン

コメント:昔から続くお店にハズレなし。寒い冬には特におススメ。元気がほしいあなたはインサム(朝鮮人参)をトッピングしてみましょう!

備考:なし

参考:진원조 닭한마리 (陳さんの元祖タッカンマリ)

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。比較的おとなしめにソウルの中心部を観光。【2日目】

【#004】 テジョン中央市場のサムゲタン【韓国・テジョン市】

トラベルグルメレーティング【#004】 テジョン中央市場のサムゲタン

  • 味:★★★
  • 栄養:★★★★★
  • 安さ:★★
  • グツグツ度:★★★★★
  • ガラ空き度:★★★★★

総評:★★★

値段:1人前10,000ウォン(約1,000円)

場所:韓国テジョン市チュンアン市場内

コメント:煮えたぎるほどの熱さです。フーフーしすぎで酸欠気味になりました。ナツメに栗、朝鮮人参といったシンプルな具材で安心感がありましたが、市場で1食10,000ウォンはやや高です。

備考:本来はアヒル鍋が名物ですが、2人前からの注文ということで断念しました。

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。ムグンファ号でテジョンに行こう!【3日目】

【#005】ソンシムダンのポムンサンメアリ【韓国・テジョン市】

トラベルグルメレーティング【#005】ソンシムダンのポムンサンメアリ

  • 味:★★★★
  • 食感:★★★★★
  • 安さ:★★★
  • 名物度:★★★★★
  • 日持ち:★★★

総評:★★★★

値段:1箱5,000ウォン(約500円)

場所:韓国テジョン市中心部

コメント:ポムン山のこだまというネーミングの通り、山の等高線を意識した多層パン生地が特徴です。食感が特徴で、一度味わったら忘れらないでしょう。消費期限が短く、テジョン以外ではそうそうお目にかかれないのが特徴。

備考:日持ちしないので、意外とレア度高めです。

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。特急列車のITXセマウル号に乗ってテグ駅へと。【4日目】

【#006】テグ駅パヌォルダンの甘辛から揚げ【韓国テグ市】

トラベルグルメレーティング【#006】テグ駅パヌォルダンの甘辛から揚げ

  • 味:★★★
  • 食感:★★★★
  • 安さ:★★★
  • 名物度:★★★★
  • 斬新度:★★★

総評:★★★

値段:1人前3,000ウォン(約300円)

場所:韓国テグ市テグ駅構内

コメント:優しめの甘辛ソースが衣に絡んで味わい深いです。モチは普通のトッポッキだと思いますが、一度揚げ焼きにしているようで、表面がカリカリしていました。食感で差をつけた印象ですね。

備考:なし

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。ムグンファ号の旅も終着駅。韓国南端のプサンへと到着。【5日目】

【#007】プサン駅構内の練り物専門店【韓国・プサン市】

トラベルグルメレーティング【#007】プサン駅構内の練り物専門店

  • 味:★★★★
  • 風味:★★★★★
  • 安さ:★★
  • 名物度:★★★★
  • 腹持ち度:★★★

総評:★★★

値段:1串3,000ウォン前後(約300円前後)

場所:韓国プサン市プサン駅構内

コメント:漁港プサンらしく、練り物にもぜいたくに魚介を使っています。エビフライを練り物で包んでいる様は、まさに天むすの魚介バージョン。このお店のコスパはそこまでよくありませんが、プサンを訪れたなら、一度は味わっておくべきでしょう。

備考:韓国では練り物のことを「おでん」と言います。有名な話かもしれませんが。

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。ムグンファ号の旅も終着駅。韓国南端のプサンへと到着。【5日目】

 

【#008】南京市内フードコートのよだれ鶏定食【中国・南京市】

トラベルグルメレーティング【#008】南京市内フードコートのよだれ鶏定食

  • 味:★★★★★
  • 辛さ:★★★★
  • 安さ:★★★★
  • 量:★★★★
  • 親切度:★★★★★

総評:★★★★

値段:24元(約400円)

場所:地下鉄新街口6番出口付近のショッピングモールにあるフードコート

コメント:韓国料理などによくある、唐辛子系のヒリヒリ、ピリピリとした辛味とはまた違って、駆け抜けるようなさわやかな辛さと、深い甘みが共存していました。食べ終わった後も、辛さが後を引かず、ストレスなく食べることができます。

備考:よそから来たというと、「よくきたね!」と、ジュース1本オマケしてくれました。

関連記事:【中国】北京から上海まで陸路で。南京行きの寝台列車で目が覚めて。【2日目】

【#009】南京駅構内「回味」の酸辣鴨血粉̪絲湯【中国・南京市】

想像していたよりは、肉寄りの食感でした。

臭みなどはありません。

トラベルグルメレーティング【#009】回味の酸辣鴨血粉̪絲湯

  • 味:★★
  • 安さ:★★★
  • 名物度:★★★
  • 優しさ:★★
  • 酸辣度:★★★★★

総評:★★★

値段:21元(約350円)

場所:南京鉄道駅の保安検査場を抜けて左手すぐ

コメント:文字通り汗が出るほど辛い……そしてしびれるほど酸っぱい……!肝心の鴨血ゼリーの味がかすむほどのインパクトがありました。ディープすぎる中華の洗礼に、朝からノックダウンです。

備考:早朝(5時頃)から営業しています。

関連記事:作成中

【#010】龍陽路駅向かい側路上の臭豆腐屋台【中国・上海市】

 

トラベルグルメレーティング【#010】龍陽路駅向かい側路上の臭豆腐屋台

  • 味:★★★
  • 安さ:★★★★
  • 食感:★★★★
  • 病みつき度:★★★★
  • 臭い:★★★★★

総評:★★★★

値段:7元(約120円)

場所:龍陽路駅北側の大通りを挟んで北側の路上(地下通路を上がった場所)

コメント:納豆やらくさややら、身近に臭い食材はたくさんありますが、これまた強烈な臭いを放つ料理です。味や食感は、一口サイズの揚げ出し豆腐ですが、臭いだけは破壊力抜群です。中国人の友達に聞いたところ、自国民であっても食べられない人がいるほどの臭さだそうです。それでも、臭いものほど美味いという謎の法則が当てはまり、一度食べると病みつきになる人もおり、筆者もその一人です。

備考:個人的には、【ドリアン>>>>>>>臭豆腐>ブルーチーズ>納豆】くらいの位置づけです。

関連記事:作成中

関連記事:【中国】上海から紹興へとローカル列車で行ってきたお話【2日目】。魯迅のふるさと紹興は水と石畳の古都だった。

 

まだまだ追加予定!

こちらもあわせてどうぞ!

関連記事:【海外ホテル】旅人の宿屋へようこそ!旅先で泊まったホテルの評価まとめ。【2018年】

googlead

googlead

管理人からのおすすめ記事

1

韓国一人旅1日目です。 羽田空港でのラウンジ紹介と、キンポ空港から市内への行き方を中心に書きました。 これからソウル観光をする方の道標になれれば幸いです。 目次旅日記1日目:羽田空港⇒金浦空港⇒シンチ ...

2

初の中国旅行1日目です。 東京駅近郊から成田空港へと向かい、上海浦東国際空港へと降り立ちます。 翌日の移動に備えて、上海南駅にホテルを取りました。クレジットカードも数枚持っています。 準備は万全のよう ...

3

デルタ航空の上級会員資格をもって、同社航空便を利用すると、一定確率でビジネスクラスにアップグレードされるといううわさがあったので試してみました。 私の個人的な体験によると、この噂は誠でありました。 本 ...

4

旅とグルメはワンセットです。 そんなわけで、旅行記の中で紹介した旅グルメのまとめページを作りました。 食は文化であり、旅とは新しい文化との出会いです。 旅先で出会う新しい味がなければ、旅行の魅力は半減 ...

5

特定の国に限らず、海外旅行全般でやってはいけないことをまとめました。 生命の危険にかかわることから、うっかりで済むことまで、私がこれまで体験してきたことを踏まえて整理しましたので、ぜひご一読ください。 ...

6

日本では禁止されて久しいですが、韓国ではまだ、ユッケとレバ刺しを食すことができます! 数年前の生肉食中毒死を受けて、日本では生肉が規制済みですが、脱法生肉が横行していることから、牛肉の生食ファンが根だ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

※【2018/9/15現在】2019/1/19までの申し込み限定で、最大47,000マイル(470万円のカード利用分に相当)の大型キャンペーン実施中です。 作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、魔 ...

9

セキュリポなる旅行用ウエストポーチがあるとの話を聞いたので、手に入れて利用したところ、大部分満足できたのでレビューします。 防水性の検証から実際の利用方法まで、いくつかの角度で利用価値を探ってみました ...

10

GoogleMapを使って、自分の移動したルート(タイムライン)をブログにアップする方法を紹介します。 リアル生活でのセキュリティ上重要な設定もありますので、最後まで読んでくださいね。 「タイムライン ...

-グルメ
-

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.