便利アイテム

AmazonでASUSのSIMフリースマホ【Zenfone4 Max Pro】(ZC554KL)を注文した。

投稿日:

Amazonでスマホデビュー以来3台目のスマホを注文

私はスマホ購入にAmazonを利用しています。理由は至ってシンプルで、

  • 安い
  • 早い
  • 安心

と三拍子そろっているためです。

今回買い替えたのは、タイトルにもあるようにASUS製の【Zenfone4 Max Pro】です。

【Zenfone4 Max Pro】のよいところ

バッテリーのもちが通常のスマホの2倍以上

スマホのバッテリー容量は、mAhと表記されます。

【Zenfone4 Max Pro】は5,000mAhですが、これは今まで使ってきたスマホの2倍ほどの容量です。

 

実際使ってみた感覚だと、フル充電から普通に利用して、2日半は使えます。ゲームなどに利用するとこの限りではありませんが。

DSDS対応で通信料が安く抑えられる

デュアルSIMデュアルスタンバイのことです。

一言でいうと、1台のスマホに2回線分の契約を詰め込めるのです。

これによって、メインは楽天モバイルなどデータ通信専用の格安SIMを利用し、サブのスロットにソフトバンクなどのガラケープランを組み合わせると、3GBの通信量と、通話し放題のスマホができあがります。

私の月々の通信料は、2,500円ほどです。

ラインでの通信が多い方には、LINEモバイルもよいでしょう。普通のデータ通信SIMとして使える上に、ラインでの通信に限り無制限で使えます。

このように柔軟な運用は、SIMフリースマホならではのものですよね。

もちろん、常時サブのスロットを空けておいて、海外旅行の度にプリペイドSIMを挿すのもアリだと思います。

関連記事:海外ではプリペイドSIMカードとSIMフリースマホの組み合わせが安心、安定。


アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本 SIM2Fly


4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIM

SIMフリースマホについてのお話は、下の記事に書きました。

関連記事:通信手段の確保は今や必須レベル?海外旅行にSIMフリースマホのすすめ。

単純に性能が高い

【Zenfone4 Max Pro】はSnapdragonという、高性能タイプのチップを搭載しています。

 

メモリも3GBと隙がないです。一昔前のポータブルノートパソコンよりも性能が良いです。

上には上がありますが、普段使いには全くストレスを感じることのないレベルでしょう。

バッテリーのもちと相まって、非常に安定感のある運用ができます。

【Zenfone4 Max Pro】の不満な点

SIMカードの抜き差しが不便!挿入口がもろい!!

見出しそのまんまですが、いかんせんSIMカードの抜き差しが不便です。

SIM2枚にmicroSDカードも挿せるトリプルスロット仕様である点は嬉しいのですが、抜き差しの度にゼムクリップなどでふたをこじ開ける必要があります。

そして、このふたが異常にもろいです。買ったばかりのスマホで「ポキリ」と挿入口が欠けた瞬間は、涙が漏れそうになりました。ふたが開いて閉まりさえすれば、気にしないのですけどね。

注意! SIMカードの形状は【Nano SIM】

SIMカードの形状は、2018年現在、3種類があります。

  • 通常SIM
  • Micro SIM
  • Nano SIM

の3種類ですが、大きさは上から大きい順に並んでいます。

【Zenfon4 Max Pro】は、一番小さい【Nano SIM】を使っています。

これまで使っていたスマホから乗り換えの場合、SIMカードの形状には注意を払う必要があります。通信会社によっては、SIMカードのサイズ変更は有料のため、可能でしたらサイズを合わせて購入したほうがよいでしょう。

海外のプリペイドSIMは、ほとんど上記の3サイズに対応していますので、適切なサイズにくりぬいて使いましょう。

国内の格安SIMを契約する場合は、間違えずに【nanoSIM】を注文しましょう。

総じてこれまでのスマホで一番満足

やはり、通常のスマホ2台分以上のバッテリー容量は大きいです。

【中国】上海から紹興へとローカル列車で行ってきたお話【1日目】。優雅な飛行機旅から急転直下の資金難。でも書きましたが、旅先でのバッテリー切れは、想像以上にストレスとなるため、今回はよい買い物をしました。

googlead

googlead

管理人からのおすすめ記事

1

韓国一人旅1日目です。 羽田空港でのラウンジ紹介と、キンポ空港から市内への行き方を中心に書きました。 これからソウル観光をする方の道標になれれば幸いです。 目次旅日記1日目:羽田空港⇒金浦空港⇒シンチ ...

2

初の中国旅行1日目です。 東京駅近郊から成田空港へと向かい、上海浦東国際空港へと降り立ちます。 翌日の移動に備えて、上海南駅にホテルを取りました。クレジットカードも数枚持っています。 準備は万全のよう ...

3

デルタ航空の上級会員資格をもって、同社航空便を利用すると、一定確率でビジネスクラスにアップグレードされるといううわさがあったので試してみました。 私の個人的な体験によると、この噂は誠でありました。 本 ...

4

旅とグルメはワンセットです。 そんなわけで、旅行記の中で紹介した旅グルメのまとめページを作りました。 食は文化であり、旅とは新しい文化との出会いです。 旅先で出会う新しい味がなければ、旅行の魅力は半減 ...

5

特定の国に限らず、海外旅行全般でやってはいけないことをまとめました。 生命の危険にかかわることから、うっかりで済むことまで、私がこれまで体験してきたことを踏まえて整理しましたので、ぜひご一読ください。 ...

6

日本では禁止されて久しいですが、韓国ではまだ、ユッケとレバ刺しを食すことができます! 数年前の生肉食中毒死を受けて、日本では生肉が規制済みですが、脱法生肉が横行していることから、牛肉の生食ファンが根だ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

※【2018/9/15現在】2019/1/19までの申し込み限定で、最大47,000マイル(470万円のカード利用分に相当)の大型キャンペーン実施中です。 作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、魔 ...

9

セキュリポなる旅行用ウエストポーチがあるとの話を聞いたので、手に入れて利用したところ、大部分満足できたのでレビューします。 防水性の検証から実際の利用方法まで、いくつかの角度で利用価値を探ってみました ...

10

GoogleMapを使って、自分の移動したルート(タイムライン)をブログにアップする方法を紹介します。 リアル生活でのセキュリティ上重要な設定もありますので、最後まで読んでくださいね。 「タイムライン ...

-便利アイテム
-, ,

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.