旅日記

【タイ】ドンムアン空港(バンコク)からパタヤ駅まで、ローカル鉄道だけで行ってみた記録。

投稿日:2018/06/29 更新日:

2018/6/29時点:1THB(タイバーツ) ≒ 3.3JPY(日本円)

これは2017年夏のお話。

夏休みを数日取れたので、どこに行こうか迷った結果、タイに行ってみることにしました。

ということで、タイの有名リゾート地であるパタヤです。

ちなみに、泳ぎに行くというよりは、海辺の田舎町でダラダラするための場所です。

グアムや沖縄に比べると、海の色が濁っていますが、別に海水浴に行くわけではないので気にしませんでした。

バンコク市内からパタヤまではバスで2~3時間程度と、アクセス良好なことで人気があります。

……が、このブログのテーマは、

ニッチ旅

がメインです。私は鉄道で行ってまいりました。

バスでの行き方ですが、市内からなら【エカマイ⇒パタヤ】、空港からなら【スワンナプーム⇒パタヤ】へとバスが運行しています。

詳しい行き方は、他のブログ等で詳しく紹介されていますので、本稿では割愛します。とにかくこの時は、完全に鉄道の気分でした。

「東南アジアの鉄道とか、大丈夫なの?」

といった声が聞こえてきそうですが、心配ご無用。ポイントを抑えれば、誰でも簡単に、(そこそこ)快適に目的地に着きます。

安く、遅れることもなく目的地まで行けたため、皆様にも行き方を共有させていただきます。

今回の旅について

所要時間と費用

  • 【ドンムアン駅⇒バンコク駅】 1時間 20THB
  • 【バンコク駅⇒パタヤ駅】 4時間 31THB
  • 【パタヤ駅⇒パタヤ市内ホテル】 1時間 0THB(徒歩)

合計 6時間 51THB≒168JPY

待ち時間等は考慮していません。

実際には、空港で降りた後ベンチで寝たり、バンコク駅でローカル食堂に入ったりと、なんだかんだ12時間ほどで、パタヤのホテルに着きました。

こんな人におススメ

  • 人混みがキライ。どこか人のいないところでのんびり旅したい。
  • 電車大好き!3~4時間くらい、余裕で乗っていられる!
  • アジアの都会とか大して変わらないし、地方に行ってみたい!
  • とにかく安くパタヤまで行ってみたい!
  • 到着便が深夜だし、折角だから早朝電車にチャレンジしてみよう!

逆にこんな人にとってはイマイチ……

  • いやいや、時間かかりすぎでしょ!日程過酷でしょ!!
  • 現代人なんだから、エアコンなしの車両なんて勘弁してください。
  • マニアックさに引いた……

旅の軌跡

この日、実際に通った道のりを公開します。

マップ左上のアイコンをクリックすると、詳しいルートが表示されます。

滞在した時間や、かかった時間も表示されるので、参考にどうぞ。

おすすめアイテム

  • 【SIMフリースマホ】自分が今どこにいるかさえわかれば、行けないところはない!
  • 【プリペイドSIMカード】なくてもいいと言い切れるほどチャレンジャーではありません。
  • 【コンパス】歩きメインの場合、あるとないとで雲泥の差が……
  • 【マネークリップ】クレジットカードも収納できるタイプだと、利便性倍増です!

ミニマリストが海外旅行でマネークリップを持つべき5つの理由。

  • 【クレジットカード】支払いに現金調達から偽札対策まで!前述のマネークリップと組み合わせると非常にスマートです。

【一覧表付き】海外旅行で絶対役に立つ!手持ちクレジットカードの保険スペックを紹介していく。

ルート情報

【経路①】ドンムアン空港⇒バンコク

今回の出発地点は、ドンムアン空港です。エアアジアなど、LCC旅行の場合、こちらの空港がスタート地点となります。

f:id:etranger1001:20180630130017p:plain

http://www.railway.co.th/checktime/checktime.asp?lenguage=Eng
<出典:タイ国鉄HP>

赤枠で囲ったあたりが早朝発の電車です。

私は4:04発の快速列車を利用しました。バンコクまでは1時間程度の道のりです。

空港から鉄道駅までは、空港から陸橋を渡ってすぐの場所にあります。

案内板も出ていますが、出てすぐ駅が見えるはずなので、一度空港の外に出てから確かめてみるのもよいでしょう。

私は、非常階段のような場所から上の階に上がりました。

f:id:etranger1001:20180630125046j:plain

駅に着いたら窓口で乗車券を買いましょう。

快速列車で20バーツでした。

【経路②】 バンコク⇒パタヤ

バンコク(ファランポーン駅)からパタヤまでの路線図です。

「Ordinary(普通列車)」と書いてありますね。こちらの乗車券を購入してください。

f:id:etranger1001:20180630131211j:plain

チケットは、国鉄ファランポーン駅の窓口で、直接買えます。

上の写真奥のカウンターですね。早朝だと、閉まっているところがあるので要注意です。

買い方が不安でしたら、紙に電車の番号と目的地を書いて渡すのが手っ取り早く確実です。

クレジットカードを使おうとしたら、「おいおい、31バーツだぜ?」と、窓口のおじさんに笑われたので、現金を用意しましょう。

タイは現金支払い率が多めな気がしました。

【バンコク⇒パタヤ】区間ですが、満席になるようなチケットではないので、予約する必要はなさそうです。というか、予約できるんでしょうか。

f:id:etranger1001:20180629212511p:plain
f:id:etranger1001:20180629211747p:plain

http://www.railway.co.th/checktime/checktime.asp?lenguage=Eng
<出典:タイ国鉄HP>

写真赤枠の部分が、今回利用した列車です。

1等席、2等席の料金も設定されていますが、実際には3等席のみの運行です。

なお、2行目の列車は、昨年(2017年8月)の訪問時には存在していませんでした。快速と書いてあるあたり、新しく運行を始めたのでしょう。

と思ったら、本当に今年の3月から運航を始めたようですね。

下の記事によると、お値段170バーツとのこと。

Fare
From Bangkok to any of the stations between Chonburi and Baan Plu Ta Luang (including Sriracha Junction and Pattaya): 170 THB
From Bangkok to Chachoengsao Junction: 80 THB
From Chachoengsao Junction to any of the stations between Chonburi and Baan Plu Ta Luang: 90 THB
From Sriracha Junction to any of the stations between Pattaya Station and Baan Plu Ta Luang Station: 50 THB

New Weekend Train Service from Bangkok to Pattaya | THAI.LT

しかし、今回の旅のテーマは

ニッチ旅

です。

ニッチトラベラーなら迷わず、「Ordinary」を選んでください。

f:id:etranger1001:20180630182943j:plain

大丈夫、扇風機なら天井にくっついていますし、何より窓を全開にできます。

これは、エアコン付き車両では真似できないですよね。多少日差しが強かろうが、窓の外がほこりっぽかろうが、そんなことは些末な問題です。

窓を開けて走ることが少なくなってきた日本の鉄道を考えると、貴重な体験です。

距離150kmに対して、お値段は【31バーツ≒100円】です。

これって、東京⇒富士間の距離なのですが。

海外の交通費事情は、日本のそれをもって計れないところがありますね。

パタヤ駅到着

f:id:etranger1001:20180629202828j:plain

午前11時前、無事にパタヤ駅へと着きました。

具体的な旅程はこんな感じです。

Type : Ordinary Train
Train No. 283 : Bangkok - Ban Plu Ta Luang
No. Name Station Arr Dep

1 Bangkok 6:55
2 Phayathai 7:07 7:08
3 Makkasan 7:15 7:16
4 Asoke 7:21 7:22
5 Khlong Tan 7:31 7:40
6 Sukhumvit 71 7:42 7:43
7 Hua Mak 7:49 7:50
8 Ban Thap Chang 7:57 7:58
9 Soi Wat Lan Boon 8:01 8:02
10 Lat Krabang 8:05 8:06
11 Pra Chom Klao 8:09 8:10
12 Hua Takhe 8:13 8:14
13 Khlong Luang Phaeng 8:23 8:24
14 Klong Udom Chonlajorn 8:28 8:29
15 Preng 8:33 8:34
16 Klong Kwaeng Klan 8:39 8:40
17 Khlong Bang Phra 8:45 8:46
18 Bang Toey 8:50 8:51
19 Chachoengsao Junction 8:56 8:59
20 Paet Riu 9:03 9:04
21 Don Si Non 9:15 9:16
22 Phan Thong 9:30 9:31
23 Chon Buri 9:48 9:49
24 Bang Phra 9:59 10:00
25 Khao Phrabat 10:06 10:07
26 Si Racha Junction 10:12 10:13
27 Bang Lamung 10:24 10:25
28 Pattaya 10:34 10:35
29 Pattaya Tai 10:39 10:40
30 Ban Huai Kwang 10:50 10:51
31 Yanasangwararam 10:56 10:57
32 Suan Nong Nuch 11:03 11:04
33 Kao Chi Chan Junction 11:12 11:13
34 Ban Plu Ta Luang 11:20 11:20

http://www.railway.co.th/checktime/checktime.asp?lenguage=Eng
<出典:タイ国鉄HP>

地味に気を付けなくてはいけないのが、降りる駅。後述の通りですが、紛らわしいことに、「パタヤ」駅と、「パタヤタイ」駅が隣接しています。

間違って「パタヤタイ」駅まで行くと、余計な距離を移動することになりますので、コンディション次第では遭難します。

28 Pattaya 10:34 10:35 ⇒ ここで降りること!
29 Pattaya Tai 10:39 10:40

旅程表と駅の看板を見比べて、到着駅を確認するのがツウですが、不安な方は、GPSを目当てに下車してください。

衛星は我々を裏切りません。

振り返ってみて

日程の過酷さと不便さはありますが、旅情を味わいたい人にはおススメのルートです。

言葉が通じなくても何とでもなる、ということを学んだ旅でした。

0

人気記事一覧

1

これまでに、当サイトで作成した、韓国旅行に関する記事をまとめました。 基本的に、どの記事も実体験に基づくものであるため、旅人目線で役に立つと思います。 「韓国旅行を計画しているけど、どこから調べればい ...

2

クレジットカードといえば、アメリカンエキスプレス、それもゴールドカードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか? 昨今、昔ほどのステータスはないようですが、その分カードに付帯した特典はパワーアップし ...

3

2019年の5月に訪れた、マレーシアのマラッカについてまとめた記事を投稿します。 「クアラルンプールは飽きたから、マレーシアの地方に行ってみたい」 「マレーシアのおいしい伝統料理を食べたい」 「とにか ...

4

日本からのデルタ航空発着便が、成田空港から羽田空港へと、全便移管することになりました。 デルタ航空の案内文と、エコノミークラスでもお得にデルタ航空を乗りこなす裏ワザについて記事にしましたので、これから ...

5

海外旅行程度では、英語を使わずに済むことも多いですし、そもそも英語の通じない地域もたくさんあります。 それでも英語を身に着けたい、という方に、これまで私が試してきた、様々な英語学習方法についてまとめま ...

6

当サイトでは、管理人の海外旅行経験をもとに、旅行をスムーズにするための記事を書いています。 今回は、空港での過ごし方に着目した記事をまとめました。 これから出発の方も、旅行を検討中の方も、一度目を通せ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、夢のようなクレジットカードが存在します。 それがデルタAMEXゴールドカードです。 長文記事なので、 「とりあえず今やっているキャンペーンだけでいいから見たい ...

9

ANAスーパーフライヤーズカード(以下SFC)の申し込み権を手に入れると、実際は、いつ申し込もうか悩んでしまいませんか? 私の場合、SFCカードには大して興味もなく、いつの間にか申し込み資格が備わって ...

10

飛行機に乗ったことのある人なら、一度は聞いたことのある「ビジネスクラス」。 実際に検索してみると、目を疑うほど高い。はたして、それほどの価値があるのか、気になっている方も多いでしょう。 この記事では、 ...

-旅日記

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.