クレジットカード

旅ブロガーが海外旅行用クレジットカードの必要条件について熱く語ります。

投稿日:2020/01/15 更新日:

海外旅行にはクレジットカードが必須ですが、どのような面で必要になるのでしょうか?

クレジット機能があればどんなもので一緒!というわけではありませんので、旅ブロガーの経験と目線で、海外旅行用のクレジットカードに必要な機能についてまとめました。

海外旅行に持っていくクレジットカード。おさえるべきポイントはこの3つ

クレジットカードを持たずに海外へ行くよりは、適当なカードを持っていったほうがよほどいいです。

ただし、海外旅行に適したカードがあるのも事実です。

ここでは、海外旅行をするために必要なクレジットカードの機能について3つだけ解説します。

海外キャッシング機能がないのに現金盗まれたら帰ってこられません

クレジットカードが海外旅行に必須である最大の理由は、海外キャッシング機能がついているからです。

他の記事でもしつこく言っていますが、海外旅行にクレジットカードを持っていかないのは、キャッシュカードを持たずに旅行するのと同じです。

海外では日本のキャッシュカードが利用できないので、普通はまとまった現金を持って行って、空港や街中で現地通貨に両替するのですが、この方法だと現金をなくしたら資金が尽きます。

英語も通じないような辺鄙な場所でお金がなくなったら、日本に帰ってこられないでしょうね。その先は考えるだけでも恐ろしいことです。

短期でも長期でも、命綱なしの旅行はやめましょう。

私は海外旅行中に野垂れ死にしたくないので、必ずクレジットカードを3枚以上分散して持ち歩いています。

クレジットカードの海外旅行傷害保険は重ね持ちで限度額がアップする

これからとても大事なことを書きますので、よく覚えておいてください。

クレジットカードを持っていると海外旅行保険がオマケでついてきます。

そして、クレジットカードに付帯している海外旅行保険は、持ったカードの分だけ限度額が加算されていきます。

たとえば、ケガや病気になったとき200万円まで補償してくれるカードと、300万円まで補償してくれるカードを持っていると、合計500万円の限度額になるのです。

よくある海外旅行保険などでは、渡航地域や日数日数によって料金も増加しますが、クレジットカード付帯の保険は、おおよそ3か月間カバーされるのも有利な点です。

「何枚もカードを持って限度額が上がるならカード会社がいやがるのでは?」

などと思ったこともありましたが、実際は複数カード会社で按分することになるので、かえって個々の負担が減るそうです。

実際に利用を申し込むと、他の保険を組み合わせていないか、必ず聞かれますので遠慮はいりません。

なお、カード付帯の海外旅行保険について注意すべきことがあります。

  1. 死亡・後遺障害補償は手持ちカードの中で最高額のものだけが適用される。(重ね持ちで限度額が上がらない)
  2. 自動付帯と利用付帯があり、利用付帯の場合は日本出国前に何らかの交通機関で利用しないと補償対象とならない。
  3. カード発行元の会社(カードの裏面に書いてあることが多い)が同一の場合、限度額は加算されない。

死亡・後遺障害以外の項目が高めで、保険が自動付帯するカードを複数枚所持するのが、限度額を上げるポイントです。

最低でもVISAとMasterの2大ブランドを使いわけること

世界規模で考えると、国際ブランドの中で一番使えるお店が多いのがVISAとMasterです。

海外旅行に行くなら、VISAカードを1枚以上、Masterカードを1枚以上持っていきましょう。

VISAとかMasterとかいうのは、クレジットカードの国際ブランドのことです。

VISAカードの所有者なら、VISAカードを扱えるお店で買い物ができ、Masterを持っていればMasterカードの加盟店で買い物ができます。

日本ではクレジットカード決済ができるお店なら、メジャーな国際ブランドのほとんどを対応してくれますが、海外だとVISAだけ、あるいはMasterだけ使えますよ、といったケースが稀ではありません。

せっかくクレジットカードを持っていても、お店が取り扱えなければただのプラスチックカードです。

1枚で複数の国際ブランドを持っているクレジットカードは存在しませんので、最低2枚以上のクレジットカードを用意しましょう。

私が海外旅行に持っていくカードはこの3つ

いざ海外旅行用にクレジットカードを選ぶとなると、迷う方も多いのではないでしょうか?

そんなあなた向けに、管理人が何度も海外旅行に行って、これは使えるな!と思ったカードを紹介します。

これ以外にも色々とクレジットカードを持っていますが、私が海外に必ず持っていくものを厳選して紹介します。

【VISA】エポスカードは海外旅行保険が自動付帯するのに年会費無料というすごいカード

年会費無料のクレジットカードの中では、エポスカードが一番だと思います。

クレジットカードを持つ場合、年会費のかかるものとかからないものがありますが、エポスカードは年会費が無料です。

カードを発行するときも、使うときも、更新するときも、一切お金がかかりません。(※)

海外旅行に持っていくべきカードとして挙げたのは、海外旅行傷害保険の限度額が、無料のカードとは思えないくらいに充実しているからです。

旅行中にケガをしたときは200万円まで、病気になったときは270万円まで補償してくれます。

海外の主要都市ではエポスカードのデスクに電話すると、病院まで探してくれます。

海外で病院にかかるのが不安なら、帰国してからかかった治療費も支給してくれることがあります。

しかも自動付帯保険なので、いちいちエポスカードで旅行代を決済しなくても、持っているだけで保険適用となるのです。

旅行前にエポスカードから資料を取り寄せましたが、市販の保険と比べても似たようなサービスです。

保険の提供元が同じ保険会社だったので、当然と言えば当然ですよね。

これだけ恵まれた特典を持つカードですが、不正利用防止の観点でもありがたい機能があります。

エポスカードを使って決済をすると、登録されたメールアドレスに利用通知がくるため、不正利用にすぐ気づけます。

偽造や盗難などで不正利用されても、慌てずにデスクへ連絡すればお金を払う必要がないので、通知メールの存在は嬉しいですね。

エポスカードはマルイが母体となって発行しているカードです。

ネットから申し込んで審査に通過したあと、すぐにカードが欲しい場合は、近くのマルイで即日受け取れるのも大きな魅力です。

説明がちょっと長くなりましたので、エポスカードのいいところについてまとめましょう。

  1. 年会費ゼロ円。
  2. 海外旅行保険の限度額が高い。
  3. カードを持っているだけで海外旅行保険が自動付帯する。
  4. カードを使ったらメールで通知をもらえるので不正利用にすぐ気づける。
  5. 近くにマルイがあれば最短即日発効できる。

年会費なしとは思えない充実っぷりです。

VISAカードしか発行できないので、VISA枠はエポスで決まりですね。

万能とも言えるエポスカードですが、唯一の弱点が死亡・後遺障害補償です。限度額500万円と極端に低いため、必ずほかのカードで補うようにしてください。

入会時にはエポスポイントをもらえるリンクから申し込みましょう。1ポイント1円相当で、商品券などに交換できます。

エポスカードの入会キャンペーンと、カードについてのよくある質問は次のページで紹介しています。

【筆者からのアドバイス】

※年会費や入会金はゼロ円ですが分割払いやリボ払いには手数料がかかります。

※リボ払いや分割払いをしたくないなら、カード作成後にホームページから設定を変えることができます。

【Master】三井住友カードなら国際ブランドに融通が利くのでマスターカードにしたい

三井住友カードの券面を見ると、どこかで見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

VISAと言えば三井住友、といった印象ですが、実はMasterカードも作れますので運用に小回りがききます。(私はVISAカードを申し込んでしまいました…)

また、エポスカードの死亡・後遺障害補償額の低さを補ってくれます。

私自身はゴールドカードを利用していますが、年会費の安いクラシックカードでも最高2,000万円までの死亡・後遺障害をカバーしているので安心です。

クラシックカードの欠点ですが、保険条件が利用付帯であるところです。

クラシックカードを使って飛行機代金や空港までの移動手段を決済しないと、海外旅行保険が適用されないので注意が必要です。

頻繁に海外旅行に行くのなら、年会費が上がりますがゴールドカードを検討してもいいでしょう。

死亡・後遺補償の限度額もそうですが、疾病補償や傷害補償の額もガツンと上がります。

適用条件が自動付帯になるのもうれしいところですね。

旅行保険の要として優秀です。

三井住友カードのキャンペーンは申し込むカードの券種ごとに異なります。

カードごとの特色についてもまとめられていますので、詳しくは下のリンクより確認してみてください。

【筆者からのアドバイス】

※クラシックカード以上から年会費がかかります。

※年会費が条件付きで無料になりますが、もれなくリボ払いに登録する必要があります。

※リボ払いには手数料がかかります。

【AMEX】デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカードを持つといきなり航空会社の上級会員になれてしまう

デルタスカイマイルアメリカンエキスプレスゴールドカードは、デルタ航空の上級会員になれるカードです。

正式名称は覚えづらい上に噛みそうになるので、私はデルタAMEXゴールドと呼んでいます。

さて、さらっと一言で片づけましたが、どう考えても異常極まりない特典を持つカードです。

上級会員は、豪華な食事に飲み物が出てくる航空会社専用のラウンジを利用でき、空港によっては専用のチェックインカウンターや保安検査場を利用できることがあります。

しかも、該当する航空会社だけではなく、同一アライアンスに所属した航空会社でVIP待遇してもらえます。

スターアライアンスだとかワンワールドだとか呼ばれるアレのことです。

デルタ航空はスカイチームに属しているので、上級会員になると大韓航空やチャイナエアアイン、エールフランスなどで優待してくれるわけです。

たった一社の上級会員になるだけで、世界中の航空会社のお得意様になれるのですから、当然旅行好きな皆さんなら上級会員になりたがります。

ところが上級会員になるには、年間数十万円から数百万円のチケットを購入する必要があるため、本来は一般庶民に縁遠いものなのです。

さらに、航空会社の上級会員は毎年更新制をとっているため、利用の少ない年度があると一般会員にランクダウンしてしまいます。

この点、デルタAMEXゴールドカードを持っていると、年間150万円以上をカード決済するだけで上級会員資格を維持できます。

まとめながら思いましたが、やっぱりぶっ飛んだカードです。

年会費こそかかりますが、海外旅行を快適に過ごしたい人はぜひとも一度持ってほしいところですね。おおげさですが、私は人生観が変わりました。

初年度はマイルがたくさん還元されるので、お試しで持つのもアリだと思います。

年会費は近年26,000(+税)で据え置きですが、アメックスは頻繁に年会費を改定しますので、最新の料金はキャンペーンページを確認してください。

【筆者からのアドバイス】

※年会費が高額です。月割りで2,400円程度かかる計算となります。

※上級会員資格の維持には年間150万円以上、カードを使う必要があります。

※家族カードには上級会員資格が付帯しません。

やみくもにクレジットカードの枚数を増やすのではなく目的に合ったものからそろえよう

クレジットカードは生活や旅行で非常に便利ですが、増やすほど管理が大変になります。

1枚も持っていないのも損ですが、10枚も20枚も持つのも考え物です。

もし、海外旅行を機にクレジットカードを持つなら、本文で紹介したエポスカードだけでも持ってみてはいかがでしょうか?

現金調達の常識が変わり、現地通貨を手に入れる手間が大幅に減りますよ。

年会費無料なのでハードルが低いです。

プッシュ通知で購読

-クレジットカード



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.