クレジットカード

中国旅行の必需品。銀聯カードを日本で作るには?

更新日:

銀聯カードを作る意味

これはズバリ中国本土旅行のためです。

中国では最高紙幣が100元(2,000円弱)であったり、偽札問題があったり、現金を使いづらい環境にあります。また、紙幣の衛生状態もよろしくありません。

その上、VISAやMasterAMEXなど、他地域の国際ブランドを冠するクレジットカードが通用しづらいです。ATMも同様で、空港の機械でVISAが通用しなかったりします。

唯一の例外が銀聯カードで、都市部でも郊外でも安定して利用できます。個人商店レベルでも導入率が高い印象です。韓国ほどではありませんが、日本よりカード決済が浸透しています。

また、ホテルも基本的にデポジットを要求してくれます。アゴダで予約できるような場所なら、きちんと預り金が帰ってきますが、どの道現金を多目に持ち歩く必要があり、旅行の終わりに余ったりします。銀聯カードがあれば、デポジット問題もクリアできますね。

資金的なバックアップと、決済手段の確保は、旅の基本です。中国を旅行する際には、一枚銀聯カードを確保できると、大きな安心感があります。

銀聯カードを忘れてひやりとしたお話は、次の記事にまとめました。

関連記事:【中国】上海から紹興へとローカル列車で行ってきたお話【1日目】。優雅な飛行機旅から急転直下の資金難。

日本で発行できる銀聯カード

本稿執筆現在、日本で銀聯カードを作成する手段は、かなり限られています。使い道がニッチなため、種類自体が少ないのかもしれません。

以下に、現時点で作ることができる代表的なカードをまとめました。

単体で発行できるもの

三井住友銀聯カード

三井住友カードのラインナップの一つとして申し込むことができます。

更新料こそ5年ごとにかかりますが、年会費がかからない点が魅力ですね。発行手数料もキャンペーン中であれば無料です。

なお、本カードはショッピング専用につき、ATMでのキャッシングには対応していないようです。

銀聯カード - 三井住友カード

他のカードの保有が必要なもの

ANA銀聯カード

ANAの名前を持っていますが、発行元は三井住友カードです。私はこちらを持っています。

上述した三井住友銀聯カードとの差異は、ANAマイルへのポイント交換率です。ANA銀聯カードは1マイルを2ポイントで交換できます。

申込みにはANAカードが必要です。持っていない方は、ANAカードを申し込むときに、オプションとして銀聯カードを発行できます。

この機会に航空会社系のクレジットカードを持ちたい方や、ANAのマイルを貯めている方は、こちらのカードと併せて申し込んでもよいでしょう。

ANA銀聯(ぎんれん)カード - 三井住友カード

必要費用ですが、更新時に【1,000円+消費税】がかかるほか、一緒に申し込んだANAカードの年会費がかかります。

ANAカードは【2,000円+税】から作ることができます。

また、三井住友銀聯カードと同様に、ATMでのキャッシングには対応していませんので注意が必要です。

MUFGニコス銀聯カード

三菱UFJが発行元のクレジットカードに付帯することができます。

条件は上のANA銀聯カードと似ていますが、基本のMUFGカードの年会費が若干安く、【1,250円+税】です。

提携カードでの申し込み時には銀聯カードが作れませんので、ホームページでの検索時に【MUFGカード】を指定してください。

銀聯(ぎんれん)カード - MUFGカード

まとめ

実体験をもとにお話すると、中国旅行に銀聯カードを持たずに行くということは、命綱なしでラビリンスに挑むようなものだと思っています。

クレジットカードの役目は、縁もゆかりもない外国で、あなたの財産とあなた自身をリンクすることです。

中国本土での銀聯カードの通用率は絶大です。必ず、払った年会費以上の恩恵をもたらしてくれるでしょう。

関連記事:【注意】これって危険?海外旅行でやってはいけないこと15選。

googlead

googlead

管理人からのおすすめ記事

1

韓国一人旅1日目です。 羽田空港でのラウンジ紹介と、キンポ空港から市内への行き方を中心に書きました。 これからソウル観光をする方の道標になれれば幸いです。 目次旅日記1日目:羽田空港⇒金浦空港⇒シンチ ...

2

初の中国旅行1日目です。 東京駅近郊から成田空港へと向かい、上海浦東国際空港へと降り立ちます。 翌日の移動に備えて、上海南駅にホテルを取りました。クレジットカードも数枚持っています。 準備は万全のよう ...

3

デルタ航空の上級会員資格をもって、同社航空便を利用すると、一定確率でビジネスクラスにアップグレードされるといううわさがあったので試してみました。 私の個人的な体験によると、この噂は誠でありました。 本 ...

4

旅とグルメはワンセットです。 そんなわけで、旅行記の中で紹介した旅グルメのまとめページを作りました。 食は文化であり、旅とは新しい文化との出会いです。 旅先で出会う新しい味がなければ、旅行の魅力は半減 ...

5

特定の国に限らず、海外旅行全般でやってはいけないことをまとめました。 生命の危険にかかわることから、うっかりで済むことまで、私がこれまで体験してきたことを踏まえて整理しましたので、ぜひご一読ください。 ...

6

日本では禁止されて久しいですが、韓国ではまだ、ユッケとレバ刺しを食すことができます! 数年前の生肉食中毒死を受けて、日本では生肉が規制済みですが、脱法生肉が横行していることから、牛肉の生食ファンが根だ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

※【2018/9/15現在】2019/1/19までの申し込み限定で、最大47,000マイル(470万円のカード利用分に相当)の大型キャンペーン実施中です。 作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、魔 ...

9

セキュリポなる旅行用ウエストポーチがあるとの話を聞いたので、手に入れて利用したところ、大部分満足できたのでレビューします。 防水性の検証から実際の利用方法まで、いくつかの角度で利用価値を探ってみました ...

10

GoogleMapを使って、自分の移動したルート(タイムライン)をブログにアップする方法を紹介します。 リアル生活でのセキュリティ上重要な設定もありますので、最後まで読んでくださいね。 「タイムライン ...

-クレジットカード
-,

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.