クレジットカード 交通機関

【2020年3月】デルタ航空発着便が羽田へ移管予定。せっかくなので、エコノミークラスでデルタ航空のラウンジを利用する方法を紹介します。

投稿日:2019/08/20 更新日:

日本からのデルタ航空発着便が、成田空港から羽田空港へと、全便移管することになりました。

デルタ航空の案内文と、エコノミークラスでもお得にデルタ航空を乗りこなす裏ワザについて記事にしましたので、これからデルタを利用する方は、ぜひ一度ご覧ください。

これからのデルタ航空は羽田空港とアメリカをつなぐことになる

これまでデルタ航空は、成田空港から次の地域を結んできました。

  • マニラ
  • ホノルル
  • シンガポール
  • アメリカ本土

参考:Flight Maps - デルタ航空

これらの路線が、すべて成田空港から羽田空港へと移管されます。

羽田空港で最大の運輸規模を持つ米国航空会社に

米国運輸省が、米国時間8月9日に発表した羽田発着枠に関する最終決定により、デルタ航空は、羽田空港とシアトル、デトロイト、アトランタ、ホノルル、オレゴン州ポートランドを結ぶ5路線の承認を獲得しました。これに伴い2020年3月より、米国-東京間の全運航便を成田空港から羽田空港に移行します。既存のミネアポリス、ロサンゼルス線に加え、羽田運航便は全部で7路線となり、羽田空港で最大の運航規模を持つ米国航空会社となります。都心に近い羽田空港から米国本土のデルタ航空のハブ空港や主要マーケットへの直行便を運航することにより、アメリカ大陸290都市への乗り継ぎがさらに便利になります。

参考:デルタ航空、米国運輸省の最終承認を受け、2020年春に羽田から米国行き7路線を運航 - デルタ航空

移管時期は、2020年3月ですので、もうすぐですね。

千葉県民の皆さんには申し訳ないのですが、東京の会社員などにはありがたい変更ではないでしょうか?

アメリカ方面から、都心への旅行者にもプラスだと思います。

私なら、仕事終わりにシンガポール旅行なんて行ってみたいものです。

関連記事:職場から空港直行で始まる旅のススメ。会社と空港が近い人って勝ち組ですよね。

関連記事:真冬の日本から暑い国へ行くときの服装問題について考えてみた。上着は預ける?持っていく?

エコノミークラスのチケットでもデルタ航空のラウンジを利用する方法

デルタ航空を快適に利用するためには、上位の座席を購入するのも手段ですが、地上サービスだけなら、別の方法で快適さを手に入れることもできます。

特定のクレジットカードを持ってデルタ航空のチケットを入手すると、グラウンドサービスが非常に充実します。

ラウンジや優先カウンターを利用できたり、渡航先の空港で預け荷物が真っ先に出てきたり、どれも空港での疲労軽減に、大変効果があります。

これ、普通はビジネスクラスのサービスですが、日本からアメリカ本土までビジネスクラスを利用すると、下手すると100万円近くかかってしまいます。

年会費のかかるカードでも、ビジネスクラスのサービスの一部を楽しめるのであれば、じゅうぶん申し込む価値はあるでしょう。

関連記事:ビジネスクラスの欠点について、あえて語ります。値段の高さ以外のデメリット4選。

デルタスカイマイルAMEXゴールドカードを持てば、即座にデルタ航空のお得意さんになれる

さて、第一候補は、デルタスカイマイルAMEXゴールドカードの保有です。

こちらはなんと、初年度は持つだけで、デルタ航空とスカイチーム全体の上級会員になれるという、異常極まりないカードです。

もちろん、デルタスカイラウンジも利用できます。

詳しい情報は別記事を参考にしてください。

関連記事:作ってたくさん使うだけでゴールドメダリオン。デルタスカイマイルAMEXゴールドカードを持つメリットについて。

参考:デルタAMEXゴールドカードのキャンペーンはこちら

デルタスカイマイルTRUST CLUBのプラチナカードは、ラウンジ利用だけでなくレストラン優待が魅力

「手荷物カウンターや優先搭乗は必要ない。ラウンジだけで十分!」というあなたには、他にもちょうどいいカードがあります。

デルタスカイマイルTRUST CLUBのプラチナカードを持っていると、年間6回まで、デルタ航空の搭乗時に限り、デルタスカイラウンジを利用できます。

このカード、なんと4万円台の年会費で申し込めるプラチナカードです。

普通は5万円から10万円以上かかることが多い中、実用的だと思います。

最大の特徴は、ダイニングサービスと呼ばれるレストラン優待です。

特定のレストランに、2名以上で予約すると、1名分のコース料金が無料となりますので、飛行機に乗る以外にも使い道があります。バランスがいいですね。

参考:デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード

首都圏デルタ航空ユーザーには朗報か?個人的には羽田空港が便利になってくれると嬉しい

羽田空港は、都心に近く交通の便がいいため、日本を訪れる外国人にとっては、利便性向上となりそうです。

昨今、新航路の問題で色々言われていますが、24時間営業というポテンシャルを生かして、どんどん世界のハブ空港へと成長してほしいですね。

都心の会社員が、仕事終わりに気軽な海外旅行に行けるようになれると、個人的には嬉しく思います。

関連記事:ミニマリストが持参すべき旅の持ち物。文明圏への5泊6日ならこれだけあれば十分でしょう。



プッシュ通知で購読

-クレジットカード, 交通機関
-



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.