シンガポール 旅日記

【4日目・シンガポール】クアラルンプールからシンガポールまで国境を越えて。最後の最後でおなかを壊して何もできず。

投稿日:2019/04/22 更新日:

クアラルンプールから陸路でシンガポールへと入国し、最終日となる4日目です。

この日は猛烈な腹痛に見舞われ、残念な一日となりました。

あまり書くこともありませんが、ホテルから空港への道のりだけでも記録しておきます。

関連記事:【3日目・シンガポール】クアラルンプールからシンガポールまで国境を越えて。シンガポールでも安く観光しようと思えばできる。

旅日記4日目

日付:2019/01/14

出発地:ゲイラン

到着地:チャンギ国際空港

見どころ:特になし

ひとこと:シンガポールでおなかが痛くなったら薬局「Guardian」へ!

※2019/2/22現在 1SGD(シンガポールドル) = 81.96JPY(日本円)

旅の軌跡

09:00 起床、しかし…

朝から脂汗が止まらず目が覚めました。

猛烈な腹痛と吐き気、頭痛もセットです。

連日の暑さのせいか、はたまた食べ過ぎ、飲みすぎのせいか、食中毒の線もあります。

ともかく、まともなコンディションでないことが確かだったため、チェックアウトギリギリまで、ベッドの上でうなっていました。

こんなとき、チェックアウト時間が緩い外国は、非常に助かります。

12:00 市内バスでチャンギ国際空港へと

チェックアウトまで横になっていたおかげか、何とか歩けるようになったので、正午きっかりにチェックアウトしました。

ホテルのドアに移る自分の顔色が、異常に悪かったのを覚えています。

時折、キリキリと痛む腹を抱えて、バス停までたどり着きました。

市中心へと向かう側ではなく、ホテル南側の道路から、空港方面への市内バスが出ていました。

GoogleMapで、ストレスフリーに経路検索できるのはありがたいことです。

直通の市内バスがないため【opp Amber Gdns】というバス停で乗り換えです。

チャンギ国際空港までは、30番のバスです。10km強の道のりです。

EZ-Linkカードを持っていれば、簡単にバスに乗れます。

関連記事:【シンガポール】交通カード【Ez-Link】の買い方と、活用方法。シンガポールでバスを使うなら必需品。

チャンギ国際空港3番ターミナルに到着

この日は、すっぱり観光をあきらめて、すごすごと空港へとやってきました。

市内バスで向かうと、ターミナルに入る直前、警備のために警察がバスに乗り込んできますが、やましいことがなければおとなしくしていましょう。

ターミナルを次々と渡り、第3ターミナル到着です。

逆に、空港から市内へと向かう場合、この36番バスが利用できそうです。

ターミナル地下から発車します。

出発階へと進むと、アーリーチェックインの看板がありました。

今回は完全に夜便ですが、ANAを利用していたので、半日も前にチェックインができるようです。

コインロッカーのないシンガポール、一度空港で荷物を預けて、もう一度市内で遊ぶのも、人によってはいいかもしれません。

空港へきた目的は、薬局目当てでもありました。

空港の案内デスクで聞いたところ「guardian」へ行くよう勧められたので、出発ロビーの端まで歩きました。

ここ「guardian」は、シンガポール国内でも有名な薬局チェーンです。

後日、マレーシアでもお目にかかりました。

レジカウンター横に、相談用の窓口があり、腹痛と吐き気がすると述べたところ、丁寧に薬の説明をしたうえで売ってくれました。

シンガポールの人は、だいたいにおいて接客が丁寧です。

切羽詰まっていて、英語だと半分くらいしか入ってきませんでしたが。

13:40 プレミアムエコノミー向けのラウンジで仮眠

もらった薬を飲みこんだあたりで、心身ともに限界だったので、さっさとチェックインして、ラウンジで仮眠することにしました。

チャンギ空港は、見どころ満載の空港とのことで、この機会に色々取材しようとしていただけに残念です。

「SATS PREMIER LOUNGE」をあてがわれました。

プレミアムエコノミー向けの、ミドルクラスのラウンジのようです。

プライオリティ・パスがあれば、もう少し選択肢が広がったのですが、あいにく今回は持ち合わせていませんでした。

食事と軽食類、アルコールが置いてありましたが、ピクリとも食指が動きませんでした。

無念の一言に尽きます。

シャワーは手で持つタイプです。

PC端末のブースがあったのが印象的でした。

この後、2基あったマッサージチェアに座って、ウトウトしながら出発を待つのみでした。

振り返ってみて

最後の一日は、おなかにとっても、観光的にも、完全に消化不良で終わりました。

シンガポールは何度か来ているだけに、油断していたのかもしれません。

それでも、今回は、初の陸路国境越えや、シンガポールのグルメ開拓など、実の多い体験ができました。

次もまた来たい。シンガポールには、そんな気持ちにさせてくれる、ワクワクがたくさん詰まった国でした。

余談ですが、この旅行から帰った後、クレジットカードの旅行傷害保険を利用して、病院へ行ってきました。

こうして記事が一つできたのであれば、この日の経験も無駄ではなかったのかもしれません。

関連記事:デルタAMEXゴールドカードの海外旅行保険を請求したお話。日本に帰ってきてから病院に行っても間に合います。

関連記事:他の旅行記一覧

プッシュ通知で購読

-シンガポール, 旅日記
-,



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.