旅日記 韓国

【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。ムグンファ号でテジョンに行こう!【3日目】

更新日:

韓国には意外と知られていない地方がたくさんあります。

テジョン市はその一つです。

今回は、韓国鉄道における急行クラスのムグンファ号に乗って、一路南へと旅立ちました。

前回までのあらすじ

前のお話:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。比較的おとなしめにソウルの中心部を観光。【2日目】

大学構内やローカル向けの市場など、比較的マイナーなスポットを中心に回りました。

また、前回よりトラベルグルメレーティングと称して、旅先で出会った料理を格付けしています。

関連記事:【旅グルメ】トラベルグルメレーティング計画発動!旅先で食べた料理を片っ端から格付けしちゃおう!【2018年】

3日目:ムグンファ号でソウルからテジョン市へ

旅日記

※2018/9/2現在  1KRW(韓国ウォン) = 0.0961JPY(日本円)

旅の軌跡

タイムライン

08:30 起床

昨日に続き、シンチョン リビングテル (sinchon livingtel)で起床しました。

寝るだけにしては随分と快適な宿でした。

初日にGさえ見なければ。

09:00地下鉄に乗ってソウル駅へと

古巣シンチョンからソウル駅へと地下鉄で移動しました。

そしてここでも、当然のごとく道を尋ねられました。

ソウルの地下鉄はまさしくダンジョンです。

10:00 ソウル駅で軽食

ソウル駅の上層階にはフードコートがありましたが、お高かったのでパスしました。

代わりにKFCでチキンをいただきました。

セルフスタンドがあり、注文が楽です。

クレジットカード通用率が異常に高い韓国ならではの芸当ですね。

人件費も現金管理も発生しないので合理的だと思います。

10:30 駅のホームへと

韓国の駅と言わず、アジアの鉄道駅は、たいてい入場時に改札がありません。

基本的に車内改札だからです。

10:50 ムグンファ号到着

乗り場3番、4番が南へと向かう各駅停車のホームでした。

ムグンファ号と呼ばれる各駅停車の列車が入ってきています。

赤青白のトリコロールカラーに、どことなく懐かしさを覚えました。

KTXロゴの入った鉄道起点。ソウル駅は各地方への乗換駅です。

ムグンファ号はエンジン式の原動力を搭載しています。

近づくとおそらくディーゼル式でしょうか、オイル系の臭いがします。

いざ、ソウルを出発です。

11:00 ムグンファ号乗車

乗車券に号車番号と座席番号が印字されていますので、間違えずに乗りましょう。

チケット右下部です。

ぱっと見た印象は、地方の特急列車のような感じです。

車内は空いており、エアコン完備で快適です。

車内放送によると、この列車には食堂車や車内販売がないとのこと。残念!

一番後ろのシート付近にはコンセントがあったりします。

シートピッチは一般的な航空機のエコノミークラス程度です。

読書灯がついています。

11:15 ムグンファ号プサン行出発

英語のアナウンスがあっていい感じです。

ヘッドレストにくぼみがあって、休むのによさそうです。

どうやら線路の継ぎ目が少ないようで、日本の鉄道のようなガタゴト音がほとんど聞こえません。

「電車は断然ガタゴト派」という一部のマニアックな方には残念ですが、これはこれで静かでよいと思います。

やっぱり、都市間の移動は旅の醍醐味ですね。ドラクエとかでも、新しい街に行くまでが一番楽しいです。

12:10 ピョンテク駅通過

このあたりから雲行きが怪しくなってきます。

方角的には台風に向かっているので、当然といえば当然ですね。田園風景が雨にけぶっています。

13:15 テジョン駅到着

およそ2時間でテジョン駅到着です。

テジョン駅は漢字で「大田」と書きますが、名前つながりで島根県の大田市と友好都市になっているそうです。

ソウル駅をほうふつとさせるターミナルです。

韓国の鉄道駅は同一会社が運営しているので、造りも似ているのでしょうね。

ここテジョン市は、韓国の代表鉄道会社であるKORAILの本拠地だそうです。

駅の脇には観光案内所がありました。

マルチリンガル対応のパンフレットが置いてあり、ボリュームもすごいです。

相当観光に力を入れていますね。

14:00 駅前の巨大市場でサムゲタンをいただく

ホテルまでおよそ2、3km程度でしたので、昼食を兼ねて市場を散策しながら向かうことにしました。

食品から衣料品、電化製品まで何でもそろいます。

アヒル鍋の文字につられてはいりましたが、アヒルは2人前からだそうです。

代わりにサムゲタンを頼みました。

テレビニュースによると、日本では関西中心に欠航が相次いでいるようですね。

トラベルグルメレーティング【#004】 テジョン中央市場のサムゲタン

  • 味:★★★
  • 栄養:★★★★★
  • 安さ:★★
  • グツグツ度:★★★★★
  • ガラ空き度:★★★★★

総評:★★★

コメント:煮えたぎるほどの熱さです。フーフーしすぎで酸欠気味になりました。ナツメに栗、朝鮮人参といったシンプルな具材で安心感がありましたが、市場で1食10,000ウォンはやや高です。

15:30 ホテルに到着

ベニキア ホテル デリム (Benikea Hotel Daelim)です。

駅からは歩いて30分ほどかかりますが、素直にホテルを目指すならバスかタクシーを利用するとよいでしょう。

外観以上に内装が清潔で、モダンな感じでした。フロントのスタッフも親切で安心感があります。

広くてきれいなお部屋です。

バスルームにアメニティも充実しています。

最近、韓国では歯ブラシのついていないホテルも多くなりましたが、ここではしっかりそろっていました。

一人用にしては少し豪華ですね。二人だと半額で、日本より全然安くて広いです。

旅人の宿屋【#002】ベニキア ホテル デリム (Benikea Hotel Daelim)

  • 立地:★★★
  • 清潔度:★★★★
  • 安さ:★★★★ ⇒ 2人部屋という点を考慮して加点。
  • スタッフ:★★★★
  • 設備:★★★★

総評:★★★★

場所:韓国テジョン市チュンアンロ駅近辺

部屋タイプ:ダブル

値段:42,000ウォン程度(約4,200円)

コメント:値段的には日本のビジネスホテルと同等でも、相当な広さです。2人部屋という点を考慮すると、日本が高すぎかも?もう少し鉄道駅に近ければなおよかったです。

参考:ベニキア ホテル デリム (Benikea Hotel Daelim) - agoda

ソウルとテジョンの市場を合わせると歩きすぎていたため、いったん長めに休憩を取りました。

その間、駅でもらったガイドブックを眺めて作戦会議です。

原文直訳なので、タイトルがよく伝わってきませんでした。

中身は圧巻の充実ぶりです。

お金出して買えるレベルです。

郊外には温泉があるとのことで行ってみたくなりましたが、旅程の都合ですっぱり諦めました。

19:00 夜のテジョン市を散策

テジョン市もソウル市同様、安心して夜を歩けます。

あと一週間遅れてきたら、国際ワインフェアなるものを拝めたようです。

テジョン駅西にある特徴的な橋です。

河原には散歩する人々の姿がありました。

川の向かい側まで続く石の小橋です。

川のせせらぎが心地よかったです。

20:00 スカイロード見学

スカイロードはテジョン市中心部の繁華街です。

モールの頭上がすべてスクリーンになっています。

カメラで映されたモールの様子を、頭上のスクリーンに映し出すという斬新な作り。

若者の街という印象でした。

20:30 パン屋ソンシムダン(聖心堂)で名物パンを購入

スカイロードから少し西側の路地に入ると、ソンシムダンの本店があります。

戦後間もないころから続く、名物ベーカリーのようです。

完全に夜だというのに、地元の人々でいっぱいです。

ポムンサンメアリという名のクロワッサンのようなパンを購入しました。

お土産にしたかったのですが、消費期限が8/26だったので断念。

保存料を使っていないようですね。

21:00 バー【BOBO】で一休み

ホテル南側の繁華街でBOBOというバーに入りました。ジャンルはジャズバーでしょうか。静かに飲むにはちょうどいいです。

2001年から営業しているようです。若くて感じのよい店員さんが一人でやっていました。

ビール5,000ウォン、カクテル9,000ウォンから。

あえて苦言を呈するなら、ギムレットはもう少し濃いめに作ってほしかったです。クラッシュドアイスの利用は斬新でしたが、水っぽさが先立ちました。

22:00 ホテル帰着、就寝

ほどほどにバーで遊び、ホテルへと帰ってきました。

旅が本分の以上、明るい時間の活動を優先して、夜遊びは控えめにしています。

明日はテグへと出発です。

振り返ってみて

テジョン市は意外なほど観光スポットが多く、イベントの数も多いです。

時期を見計らって訪れれば、楽しい旅行になりそうですが、いかんせん旅の途中。

私の旅のスタイルは、一定の場所で観行を楽しむのではなく、思いのままに各地を渡り歩くタイプなのでしょう。

目的地はあったほうがいいかもしれませんが、街から街へと移動する過程が、私にとっては一番心が踊るようです。

後ろ髪ひかれる思いはありますが、いずれゆっくり観光したいですね。

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。特急列車のITXセマウル号にも乗ってみた【4日目】

管理人からのおすすめ記事

1

韓国一人旅1日目です。 羽田空港でのラウンジ紹介と、キンポ空港から市内への行き方を中心に書きました。 これからソウル観光をする方の道標になれれば幸いです。 目次旅日記1日目:羽田空港⇒金浦空港⇒シンチ ...

2

初の中国旅行1日目です。 東京駅近郊から成田空港へと向かい、上海浦東国際空港へと降り立ちます。 翌日の移動に備えて、上海南駅にホテルを取りました。クレジットカードも数枚持っています。 準備は万全のよう ...

3

デルタ航空の上級会員資格をもって、同社航空便を利用すると、一定確率でビジネスクラスにアップグレードされるといううわさがあったので試してみました。 私の個人的な体験によると、この噂は誠でありました。 本 ...

4

旅とグルメはワンセットです。 そんなわけで、旅行記の中で紹介した旅グルメのまとめページを作りました。 食は文化であり、旅とは新しい文化との出会いです。 旅先で出会う新しい味がなければ、旅行の魅力は半減 ...

5

特定の国に限らず、海外旅行全般でやってはいけないことをまとめました。 生命の危険にかかわることから、うっかりで済むことまで、私がこれまで体験してきたことを踏まえて整理しましたので、ぜひご一読ください。 ...

6

日本では禁止されて久しいですが、韓国ではまだ、ユッケとレバ刺しを食すことができます! 数年前の生肉食中毒死を受けて、日本では生肉が規制済みですが、脱法生肉が横行していることから、牛肉の生食ファンが根だ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

※【2018/9/15現在】2019/1/19までの申し込み限定で、最大47,000マイル(470万円のカード利用分に相当)の大型キャンペーン実施中です。 作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、魔 ...

9

セキュリポなる旅行用ウエストポーチがあるとの話を聞いたので、手に入れて利用したところ、大部分満足できたのでレビューします。 防水性の検証から実際の利用方法まで、いくつかの角度で利用価値を探ってみました ...

10

GoogleMapを使って、自分の移動したルート(タイムライン)をブログにアップする方法を紹介します。 リアル生活でのセキュリティ上重要な設定もありますので、最後まで読んでくださいね。 「タイムライン ...

-旅日記, 韓国
-, ,

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.