Sensitive 中国 旅日記

【中国】北京から上海まで陸路で。浦東空港の朝は混みあう。【4日目】

投稿日:2018/12/18 更新日:

北京から上海まで、陸の移動を全てこなし、あとは空の移動を残すのみとなりました。

その前に、ほんの少しだけ、陸路が残っていましたので、締めくくりの記録とします。

2018年秋、中国旅行最後の一日です。

前のお話:【中国】北京から上海まで陸路で。1年ぶりの上海に乾杯。【3日目】

旅日記4日目

※2018/10/8現在  1CHY(人民元) = 16.35JPY(日本円)

旅の軌跡

※この日はネット環境なしのため、タイムラインがありません※

06:15 龍陽路駅へと向かう

上海の朝は交通量も少なく、昨日同様、穏やかな空気が流れていました。

前日は、浦東空港を8時半頃に出る便で日本へと帰る関係で、空港へのアクセスを重視したホテルに泊まりました。

上海から日本へと向かう便で、8時台の飛行機に乗るのであれば、龍陽路付近の宿が便利です。

龍陽路駅は、リニアモーターカーの始発駅であり、空港へのアクセスが抜群です。

参考:ジンジャン イン (錦江之星) 上海 マグレブ ステーション (Jinjiang Inn Shanghai Maglev Station) - agoda

ホテルからまっすぐ南下すると、ほどなく大通りの向こうに駅が見えてきます。

信号もありますが、地下道を通っていけば、駅の真正面へと出ることができます。

出口はひとつなので迷わないでしょう。

早朝の駅は閑散としており、お店もほとんど閉まっています。

買い物をしたいのであれば、前日の夜までに済ませておくとよいでしょう。

普段は駅の構内から、リニアの駅まで行けるのですが、朝は通路が閉鎖されていたため、駅の周辺を回りこむことになります。

駅の北側出入口に向かって、左手に向かうとよいでしょう。

フードコートの看板が第一コーナーです。

磁浮の字が見えたら、階段を上がりましょう。

エスカレーターは稼働していません。

06:30 Maglev始発駅へと到着

2階へと上がると、すぐにリニアの駅構内です。

小ぢんまりとしているため、迷うこともないでしょう。

票券中心と書かれた看板の脇がきっぷ売り場です。

空港までの所要時間は約10分、運賃は50元(約830円)です。

窓口では、片道か往復か聞かれるかと思いますので、「Single trip.」と伝えれば通じます。

黙って50元札を出してもよいでしょう。アラビア数字とお金は万国共通語です。

参考:Shanghai Maglev Official Website - 上海磁浮交通发展有限公司

中国鉄道の常識に漏れず、乗車前のX線チェックがありますので、余裕を持って乗り込みましょう。

06:45 リニアモーターカーMaglevへと乗車

上海リニアの始発は6:45発です。

鉄道の始発にしてはのんびり目ですが、直行運転と最高速度を考えると、これでも十分です。

Maglevの最高速度は、驚異の430kmですが、始発からしばらくは、300kmまでの速度制限となっています。

最高速度を体感したければ、あらかじめ時刻表を確認する必要があるでしょう。

参考:Time table - 上海磁浮交通发展有限公司

中国高速鉄道ほどではありませが、車内は広々としています。

先頭車両の更に先は、VIPチケット専用です。

いよいよ空港へ向けて出発です。

二度目の乗車ですが、ワクワクします。

F1の最高速度が400km前後、レース中は300km前後とのことなので、ある意味レーサー気分を味わえます。

乗車中は景色が流れるというより、窓の外のありとあらゆるものが、後方へとかっとんでいくといった印象です。

レールにまたがらないこともあり、地面すれすれを飛ぶ飛行機の中にいるようです。

06:55 浦東国際空港へと到着

あっという間に空港へと到着です。

到着時の写真に残された時刻を見ると、6時53分。

誇張抜きに、10分かかっていません。

先頭車両が空いていたわけがこれです。

通路が狭い上に、エスカレーターが単機であるため、より出口に近い後方の車両から先に、出口へ向かえます。

先頭車両へ乗った場合は、人が引くまで、ホームのベンチに座っているといいでしょう。

降車後、ターミナルの位置を間違えないようにしましょう。

途中で案内板があります。

07:10 チェックインカウンターへと

出発ロビーは3階です。

中国東方航空のチェックインレーンです。

朝一の便にもかかわらず、人が多いです。

デルタAMEXゴールドカードを持っていれば、優先レーンに並べますので、これ以降の行程が段違いに楽になります。

出口にVIP感が漂います。

07:45 中国東方航空36号ラウンジへと

想定よりも早くチェックインが終わったので、案内されたラウンジへと向かいます。

これも、スカイチーム上級会員特典です。

中国の玄関口だけあって、非常に清潔で設備も充実しています。

ロッカーがあるので、手荷物を預けることができます。

上層階には飲み物と休憩室があります。

一旦素通りして、奥まで進むと食堂です。

朝は混みあっていますので、若干せわしないかもしれません。

炒め野菜とルーローハンらしきもので朝食です。

食事を済ませたら、上の階で休むのがよいでしょう。

広々として静かです。アルコール類も充実です。

静けさと快適さに時を忘れそうになりますが、搭乗前にはスタッフが呼びに来てくれます。

スカイチームの上級会員と、ビジネスクラス以上の利用者だけが、航空会社用の上級ラウンジを利用できます。

私は、デルタAMEXゴールドカードの特典で、難なくスカイプライオリティ特典を享受させてもらいました。

行く先々で味わう、年会費以上の特典に、世界観すら変わります。

参考:デルタAMEXゴールドカード公式

関連記事:作ってたくさん使うだけでゴールドメダリオン。デルタスカイマイルAMEXゴールドカードを持つメリットについて。

浦東空港の駐機場をぼんやり見ていると、初日の乗り継ぎで大変な目にあったことが思い浮かびます。

前回の中国旅行も大変な思いをしたな。そんな記憶が、ふっと、よみがえってきました。

月並みですが、大きな嵐に見舞われた旅ほど、人の記憶には深く刻まれるのかもしれません。

陸では嵐に見舞われても、空の上はいつでも青空です。

当たり前なんですが。

振り返ってみて

余談ですが、お酒の免税範囲について、はじめて真剣に考えてみました。

さて、日本へ500mlの紹興酒を持ち込む場合、何本までが免税範囲でしょうか?

答えは、次の記事で。

関連記事:お酒の日本への持ち込みについて。関税がかかるのは、何本から?

他の旅日記一覧

-Sensitive, 中国, 旅日記
-,

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.