Sensitive 旅行情報 豆知識

お酒の日本への持ち込みについて。関税がかかるのは、何本から?

投稿日:2018/12/13 更新日:

この記事では、海外現地や、免税店のお土産としてよく選ばれる、お酒の免税範囲についてまとめました。

一般の海外旅行者が、日本へ帰国する際、どれくらいの量から税金がかかるのでしょうか?

日本入国時の関税制度と、お酒持ち込みの免税範囲について

国をまたいで持ち込む品物には、税金がかかることがあります

この記事を見ている年齢のあなたなら、昔、社会の授業で習ったことがあるかと思いますが、通常、お酒の越境の際には、【関税】と呼ばれる税金がかかります。

関税についての説明は割愛しますが、国によって、関税のかかる品目や税率が異なることを覚えておきましょう。

また、課税対象品であっても、税金がかかる場合と、かからない場合があります。

個人的な用途に限り、それぞれの品物に対して、一人当たり一定量まで、免税範囲が設定されているからです。

免税範囲を超えない限り、何を日本に持って帰っても、個人の自由です。

せっかく非課税で済むのであれば、活かさない手はないですよね? うっかり、持ち込み制限を超過していた、などということがないよう、次の項でおさらいしましょう。

お酒を持ち込むときの免税範囲について

この記事では、お酒の免税範囲について解説します。 次の写真を見てみましょう。

 

海外旅行に慣れ親しんだ人なら、これが何かすぐにわかりますよね。

日本への帰国時、税関へと提出する税申告書です。 お酒についての記述は、次の通りです。

3. 免税範囲(一人あたり。乗組員を除く。)

種類3本(760mlを1本と換算する。)

760mlというと、だいたいワイン1本分相当です。

ウイスキーやスピリッツも、おおよそ700mlが基準なので、ビン入りの飲み物は、3本まで非課税と見ておけば、ひとまず安心でしょう。

問題は、この免税範囲、本数ではなく、容量が基準だという点です。

ビールや紹興酒、白酒に老酒、人参酒やハブ酒などなど、東西様々なアルコール飲料がありますが、国際規格にのっとった容量を採用したものばかりではないので、当然、それぞれの容量も異なってきます。

350mlのビールが3缶に、300mlのリキュールが1本、紹興酒500ml1本、ついでに買ったハーブ酒500mlが1本……などという状況になってくると、何がなんだかわからなくなってくること間違いありません。

免税となる具体的なケース※下の写真は課税される例です※

 

実際問題、異なる種類のお酒を扱うために、容量ベースで免税範囲があるのでしょうが、それにしても計算があやふやで面倒です。

そこで、税関職員から聞いた情報をもとに、じっくり整理してみることにしました。

缶ビールの場合、6本はセーフ。それでは7本は?

さて、760ml×3ということは、素直に計算すると、2,280mlです。

350mlの缶ビールを例に挙げると、6本までなら2,100mlで、明確に非課税ですが、7本になると、2,450mlとなり、若干オーバーします。

500mlの紹興酒だと、4本までなら範囲内ですが、5本だと超過します。

私の場合、上のように、少しでも容量を超過したら1本分の税金が課せられると思っていましたが、空港で聞いてみたところ、考え方が微妙に違うようです。

まずは、次の表を見てみましょう。 (1) 簡易な税率が適用されるもの

品名税率
(1) ウイスキー及びブランデー600円/リットル
(2) ラム、ジン、ウォッカ400円/リットル
(3) リキュール、焼酎など300円/リットル
(4) その他(ワイン、ビールなど)200円/リットル
紙巻たばこ12.5円/1本(注)
その他の品物15%

参考:税額の計算方法 : 税関 Japan Customs

ビールの例で考えてみましょう。税率は1リットルあたり200円です。

350mlのビールが7缶だとすると、容量は2,450mlとなり、基準となる2,280mlを超過します。

このため、一見免税範囲を超えているように思えますが、これについて税関職員に直接聞いたところ、課税対象は、あくまでも免税範囲を超過した部分にだけ適用されるそうです。

つまり、【2,450ml - 2,280ml = 170ml】となり、課税対象の1リットルに満たないため、 本数制限を超過したと思っていたビールの7本目は、課税対象とならないのです。(ちょっぴりはみ出していますが)

旅行前に税関に免税範囲を確認しましょう

「なるほど、この情報を信じるならば、700mlのワイン3本に、500mlのビール1缶までならセーフか……」

などと思うかもしれませんが、あくまでもジャッジは税関がするということを忘れず、謙虚な姿勢で臨むのがよいでしょう。

こういったものは、オフィシャルの情報を頼りにするのが一番です。 税関も、わざわざ親切に、

税関手続等に関する相談は、お近くの税関相談官までお気軽にどうぞ。

参考:税額の計算方法 : 税関 Japan Customs

と、言ってくれていますので、あらかじめ、買いたい品物のイメージが固まっているのであれば、出発時の時間と相談して、税関職員に聞いてしまいましょう。

出国時に、税関は通らないように思えますが、申告書を提出しないだけで、しっかり税関は通ります。

空港内の位置でいうと、出国審査場の前に、職員がいます。

私は、中国旅行で、カメ出し紹興酒を買って帰ると決めていたので、本数を例に挙げて聞いたら、親切に教えてくれました。

関連記事:【中国】北京から上海まで陸路で。北京から南京行きの夜行列車に乗るまで。【1日目】

申告漏れは脱税と同じ。あらかじめ免税範囲を頭に入れておきましょう

お酒とたばこは、国内での税率が高い品目で知られていることから、海外旅行のお土産としては、ポピュラーです。

半面、関税については、あまり理解する機会もないでしょう。お世辞にも身近な税金とは呼べませんので。

免税範囲を超えたことに気づかず持ち込み、税関でトランクを開けられてから税金がかかることに気が付くケースもよく聞きます。

海外でせっかく見つけた、珍しいお酒。泣く泣くあきらめないためにも、出発前に税関に立ち寄って聞いてみてはいかがでしょうか?

-Sensitive, 旅行情報, 豆知識

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.