Sensitive グルメ 中国 役立ち情報

幻の紹興酒、太雕酒を求めて。実は上海豫園近くでお手軽に買えます。

更新日:

中国の紹興市を訪れて以来、紹興酒が一番好きになってしまいました。

実際に味わった、美味しい紹興酒の紹介と、手に入れ方を紹介します。

これまではワイン派であった私を、何がそこまで変えたのでしょうか?

紹興酒というお酒について簡単に説明。

紹興酒は、中国では黄酒(ホァンジウ)と呼ばれており、もち米から作られるお酒です。

醸造酒というお酒に分類され、イメージとしては、日本酒に近いですが、カメで何年も熟成させる点が大きく異なります。

そういった意味では、ワインに近いかもしれませんね。

普通の紹興酒は、3年から5年程度の熟成期間を経てから出荷され、8年や10年ものとなると、おそらく高級酒に分類されます。

上海の南西200km程度にある、浙江(チェーチャン)省の紹興(シャオシン)市という街が、主な産地です。

紹興市については、次の旅行記で紹介しています。

関連記事:【中国】上海から紹興へとローカル列車で行ってきたお話【2日目】。魯迅のふるさと紹興は水と石畳の古都だった。

味については好き嫌いが分かれるかもしれません。

「薬っぽい」と敬遠する人を見たことがあります。

しかし、紹興酒にも、他のお酒同様ランクがあり、10年、20年と、長い年数を重ねてきた紹興酒は、別次元の味わいを見せてくれます。

本場のおいしい紹興酒を飲めば、お酒そのものに対する概念が、ガラリと変わってしまうかもしれません。

太雕酒という紹興酒が最高にうまい

前置きが長くなりましたが、いよいよ、本場のおいしい紹興酒を紹介します。

ズバリ、太雕酒(タイディアオジウ)という銘柄です。

私自身が、前情報なしで紹興市を旅して、現地の酒場で飲んだことから、自信をもっておすすめするお酒です。

紹興市にある、咸亨酒店(シァンヘォンチュウディエン)というレストランが作っている銘柄で、同市の魯迅故里という観光地内にあります。

そこらへんの紹興酒とは、断然、味の深み、うまみが違います。深遠なる美酒の世界に浸れること請け合いです。

こちらも、旅行記の中で触れています。

関連記事:【中国】上海から紹興へとローカル列車で行ってきたお話【2日目】。魯迅のふるさと紹興は水と石畳の古都だった。

関連記事:【中国】北京から上海まで陸路で。1年ぶりの上海に乾杯。【3日目】

上海で幻の紹興酒が買えるお店はここだ!

その名も、「咸享酒荘」というお店です。

地図にピンをさしておきます。

場所は、上海の有名観光地である、豫園から、少し南東へ向かった位置です。

徒歩圏内ですので、豫園観光ついでに立ち寄れます。

豫園は観光客でいっぱいですが、お店周辺は、ローカル100%の雰囲気となっています。

周辺住民の安寧を損ねない配慮が必要です。

普通に行くのであれば、大通りから迂回するとよいでしょう。

豫園商城からまっすぐ南の大通りまで出た後、東へと進んでいくと、左手に四牌桜路が見えてきますので、再度北側の道路へ入ります。

写真の看板が目印です。

地図を見るとわかりますが、南北に【四牌桜路】東西に【学院路】という道が交わる地点です。

通りから向かうと、右手の角にカメがたくさん見えてきますので、すぐにわかるはずです。

ほしいものを指さして「试喝(シーホー)」とでもいえば、試飲させてくれるでしょう。

※2018/10/8現在  1CHY(人民元) = 16.35JPY(日本円)です。

10年物の高級酒でも、500mlで20元(約330円)しない程度です。

日本で買うと1本数千円の高級酒です。

同じランクのお酒になると、横浜中華街などにある高級レストランで、1本(普通は500ml)1万円近くするはずです。

思い切りいいお酒が飲みたければ、迷わず写真左奥にある、20年物の太雕酒にしましょう。

手書きの札だったので、入荷が不安定かもしれません。46.8元でした。

紹興酒のイメージを変えるのが目的であれば、写真真ん中の段、左から3つまでにするとよいでしょう。太雕、もしくは雕王と書かれています。

本場、紹興市の名門黄酒を味わえます。

咸享酒店という老舗に置いてある紹興酒と同じ名前です。

値札で選ぶ際は、咸享酒店の文字を探しましょう。

私が選んだのは5本分でした。

量り売り用のペットボトルは、お店で用意してくれますが、容器が若干柔らかいので、日本へ持って帰る際には注意が必要です。

一番左は梅酒のため、他とは色が違いますが、そうでなければ、見た目で区別がつきません。

お店のマダムが、他と見分けられるよう、キャップにマジックで印をつけてくれます。

日本へ持って帰る前に免税範囲も確認しよう

私が旅行から帰ったときは、上の写真のとおり、【500ml×5本】の紹興酒を持って帰りました。

これで免税範囲だったので、経験上、5本までなら無税で持ち込めるはずです。

ただし、最終的な判断基準は、税関職員が握っているため、できれば日本を出発する前に、税関に免税範囲を確認するのがよいでしょう。

旅人は、強欲さよりも謙虚な心を持つべきだと思います。

関連記事:お酒の日本への持ち込みについて。関税がかかるのは、何本から?

参考:税額の計算方法 : 税関 Japan Customs

管理人からのおすすめ記事

1

韓国一人旅1日目です。 羽田空港でのラウンジ紹介と、キンポ空港から市内への行き方を中心に書きました。 これからソウル観光をする方の道標になれれば幸いです。 目次旅日記1日目:羽田空港⇒金浦空港⇒シンチ ...

2

初の中国旅行1日目です。 東京駅近郊から成田空港へと向かい、上海浦東国際空港へと降り立ちます。 翌日の移動に備えて、上海南駅にホテルを取りました。クレジットカードも数枚持っています。 準備は万全のよう ...

3

デルタ航空の上級会員資格をもって、同社航空便を利用すると、一定確率でビジネスクラスにアップグレードされるという噂があったので試してみました。 私の個人的な体験によると、この噂は誠でありました。 結論的 ...

4

旅とグルメはワンセットです。 そんなわけで、旅行記の中で紹介した旅グルメのまとめページを作りました。 食は文化であり、旅とは新しい文化との出会いです。 旅先で出会う新しい味がなければ、旅行の魅力は半減 ...

5

特定の国に限らず、海外旅行全般でやってはいけないことをまとめました。 生命の危険にかかわることから、うっかりで済むことまで、私がこれまで体験してきたことを踏まえて整理しましたので、ぜひご一読ください。 ...

6

日本では禁止されて久しいですが、韓国ではまだ、ユッケとレバ刺しを食すことができます! 数年前の生肉食中毒死を受けて、日本では生肉が規制済みですが、脱法生肉が横行していることから、牛肉の生食ファンが根だ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、夢のようなクレジットカードが存在します。 それがデルタAMEXゴールドカードです。 残念ながら、以前のように利用額関係なしに上級会員維持はできなくなりました。 ...

9

セキュリポなる旅行用ウエストポーチがあるとの話を聞いたので、手に入れて利用したところ、大部分満足できたのでレビューします。 防水性の検証から実際の利用方法まで、いくつかの角度で利用価値を探ってみました ...

10

GoogleMapを使って、自分の移動したルート(タイムライン)をブログにアップする方法を紹介します。 リアル生活でのセキュリティ上重要な設定もありますので、最後まで読んでくださいね。 「タイムライン ...

-Sensitive, グルメ, 中国, 役立ち情報
-

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.