シンガポール マレーシア 旅日記

【2日目・シンガポール】クアラルンプールからシンガポールまで国境を越えて。橋を渡ればよその国。

投稿日:2019/03/17 更新日:

クアラルンプールからシンガポールへの陸路移動2日目です。

今日は、実際に国境を越えてシンガポールへと移動します。

私の中でのシンガポールは、B級グルメの宝庫です。

ここまでまともなものを食べてこなかったので、期待におなかが空いてきました。

関連記事:【1日目・マレーシア】クアラルンプールからシンガポールまで国境を越えて。JBSentralまでの長い一日。

旅日記2日目

日付:2019/01/12

出発地:ジョホールバル郊外

経由地:Woodlands国境地帯

到着地:ゲイラン

見どころ:マレーシアからシンガポールへとバスでの国境越え

ひとこと:マレーシアとシンガポール、ホテル代の格差に度肝を抜かれました。

※2019/1/16現在  1MYR(マレーシアリンギット) = 26.46JPY(日本円)

※2019/2/22現在 1SGD(シンガポールドル) = 81.96JPY(日本円)

旅の軌跡

09:30 起床

日本は真冬の2019年1月ですが、マレーシアはピーカン晴れの真夏日です。

ウォーターフロントのホテルだけあって、向こう岸にシンガポールが見えました。

小腹がすいたので、隣のモールに立ち寄りましたが、食事をとれるところが限られていました。

場所が悪いからか、閑散としており、開発途中で打ち捨てられたような雰囲気が漂っています。

フェリーターミナルとしての機能は生きているようです。

ここにもありました、XPAX。

海の玄関口にSIMカード売り場があるのは心強いですね。

関連記事:【マレーシア】現地購入に挑戦。クアラルンプール国際空港での、お安いSIMカードの買い方。

着いた時間が遅かったのでわかりませんでしたが、真っ白な外壁の巨大なホテルでした。

これで一部屋4,000円以下なら、ずいぶんと安いものです。

参考:ベルジャヤ ウォーターフロント ホテル (Berjaya Waterfront Hotel)

11:00 JBSentral駅へと出発

海の向こうにシンガポールの街並みが広がっています。

国境都市ならではの風景です。

ホテルから一区画離れたところに、小規模な食堂群があったので、朝ご飯にしました。

ミーゴレンをいただきました。

ナシゴレンと並ぶ、マレーシアの国民食です。

トラベルグルメレーティング【#010】ベルジャヤオーシャンフロントホテル近隣のローカル食堂群で食べたミーゴレン(2019/1/12)

  • 味:★★★ 普通過ぎて書くことがない
  • 安さ:★★★★
  • 量:★★★
  • ローカル度:★★★★
  • 衛生度:★★ 周りがひたすら暑いのでちょっと心配

総評:★★★

値段:6リンギット(約160円)

場所:ベルジャヤオーシャンフロントホテルから、JBSentral駅方面へと歩いて3分

コメント:あまり印象に残らない、ごくごく普通のミーゴレンです。

備考:なし

JBSentral駅までは、直線距離でおよそ3kmです。

歩けない距離ではないのと、昨晩、タクシーの交渉が面倒だったので、海岸線をひたすら歩いて向かうことにしました。

日差しが強いので、地味につらい散歩です。

海岸通りのKFC付近で、運よくバス停を発見したので、待つことにしました。

【JBSENTRAL】と書いてあるので、安心して乗れます。

いくらかまでは書いていませんでしたが、タクシーより高いことはないでしょう。

1リンギット札を、数枚握って待機していると、落ち着いて乗れます。

時刻通りにバスが来たので、乗って駅を目指しました。

1リンギットといくらかでしたので、2リンギット渡したら、お釣りをくれる律儀さです。

10分そこそこでJBSentralへ到着です。

資料用に、タクシープールを撮影しておきました。

関連記事:【マレーシア】JBSentral駅から定額制のタクシーに乗る方法。交渉しないで済むのは楽。

11:30 国境地帯Woodlandsへと

あまりイメージがわかないかもしれませんが、マレーシアとシンガポールの国境は、JBSentral駅と直結しています。

WOODLANDSの看板を目印に進めば、シンガポールは目と鼻の先です。

今回は、バスで国境を超えることにしました。

ここはマレーシアなのか?シンガポールなのか?それとも、どちらでもないのか。

位置づけとしては、飛行機で空を飛んでいる間と似たようなものかもしれません。

国境越えの詳しい道順は、別記事にまとめました。

関連記事:【マレーシア】ジョホールバルからシンガポールへとバスでの渡り方。陸路での国境越えは意外と簡単。

12:40 シンガポール入国

マレーシアから入国し、シンガポール側の【Kranji】駅へと到着しました。

バスの番号はCW1です。

バスターミナルを持つ駅なので、ここから市内の様々なポイントへと移動できます。

Geylang地区の安宿を利用することにしたので、最寄り駅まで移動します。

シンガポールに入国するなり、交通費が跳ね上がりました。

シンガポール郊外の工業地帯です。

あまり表には出てこない街並みだと感じました。

 

電車を乗り継いで、Kallang駅に到着です。

ここから、ホテルを目指します。

駅構内にセブンイレブンがあったので、交通カードを買っておきました。

これ一枚で、シンガポール市内の交通手段が手に入ります。

関連記事:【シンガポール】交通カード【Ez-Link】の買い方と、活用方法。シンガポールでバスを使うなら必需品。

Kallangは、Geylang地区の外れに位置しています。

安宿で有名な地域です。

途中で、はやっていそうなバクテー専門店がありました。

チェックインの後、行ってみようと思います。

14:30 Geylang(ゲイラン)の安宿で一休み

ゲイランは、きらびやかなシンガポールとは、また違った顔を持つ街です。

一言で表すと「シンガポールの下町」です。

閑静な住宅地であるため、寝るための環境は整っています。

日本のシングルホテルと同程度の広さです。

質素なホテルですが、金額的には、マレーシアの4つ星ホテルを上回ります。

窓の外にラグビーコートが広がっていました。

旅人の宿屋【#009】ホテル81 プリンセス (Hotel 81 Princess)

  • アクセス:★★★★ 通りへ出れば、市中心地へのバス停がある他、空港への市バスが近くから出ている
  • 静粛性:★★★★ 住宅地なので静か
  • 清潔度:★★★ 人によっては気になるか?
  • 安さ:★★★★★ シンガポールにしては格安の部類
  • スタッフ:★★★ 普通に親切
  • 設備:★★ 寝るだけのためにあると思ったほうがよい
  • 周辺環境:★★★ 食堂が多数ある他、小規模なスーパーも多い。赤線区域のど真ん中にあるため、要注意。

総評:★★★★

  • 場所:Kallang駅とAljunied駅の中間
  • 対応言語:マレー語、英語
  • 部屋タイプ:ダブル
  • シャワー:あり
  • バスタブ:あり
  • テレビ:あり
  • 冷蔵庫:なし
  • Wifi:あり
  • アメニティ:歯ブラシ、シャンプー
  • 飲料水など:ミネラルウォーター、粉末コーヒー
  • 値段:74ドル程度(約6,000円)
  • コメント:シンガポールのホテルは、軒並み日本と同程度の価格設定です。一室料金と考えると、日本の半額とも言えますが。

参考:ホテル81 プリンセス (Hotel 81 Princess)

昼食をとっていなかったので、先ほど通りで見かけた、バクテー専門店に来ました。

リブやバラ、しっぽや内臓など、肉の部位を選べるようです。

翌日訪問した【梁記】というお店よりも、マニアックな位置づけだと感じました。

関連記事:【シンガポール】おいしい肉骨茶食べ比べ!梁記と松發肉骨茶を食べてみた感想。

しれっと、カエル料理も一緒に並んでいました。

マレー風の漢方風味が強い、本場のバクテーです。

薬膳的な効用が期待できます。

味わいの奥にある、カレー風味が印象的でした。

トラベルグルメレーティング【#011】ゲイラン地区の梁記(LEONG KEE)で本格バクテー(2019/1/12)

  • 味:★★★★ ディープなうまみ。好き嫌いが分かれるかも
  • 安さ:★★★ 地元のホーカーより高め
  • 量:★★★★ お肉ゴロゴロ
  • 健康度:★★★★★ 薬膳風味で体によさそう
  • 本格度:★★★★★ 日本では中々お目にかかれない黒く濁ったスパイシーなスープ

総評:★★★★

値段:7シンガポールドル(約560円)

場所:ゲイランLorong11、バス停(Opp Mohd Salleh Mque)の向かい側

営業時間:11:30 - 01:30(年中無休)

コメント:少々マニアックな風味の本格バクテーが味わえます。

備考:アルコール類は隣のカウンターで買います。離れの店内に保管してあるようなので、注文後、そちらへと誘導されます。

19:00 シンガポール中心街へと向かう

食事のあとは、疲れとアルコールで、一眠りしていました。

起きたころには、日が沈みかけていました。

シンガポールの暑さは、年中容赦がないので、日が落ちてから活動を始めたほうが楽です。

心なしか、昼間より人気があるようです。

ゲイランの雑然とした街並みは、シンガポールのもう一つの顔です。

夕立がやってきたので、路地裏の軒下で、しばらく雨止みを待ちました。

20:40 Lau Pa sat(ラオパサ)フードコート脇のサテー通りで、焼き鳥ざんまい

シンガポールの食文化は、屋台料理がメインと言われています。

今回は、サテー(マレー焼き鳥)が食べたくなったので、サテー通りなる一帯を目指しました。

サテー通りは【Lau Pa satフードコート】の脇にあります。

オフィスビルに囲まれたフードコートで、きれいですが、若干お高めの値段設定です。

夕方になると、道路を封鎖して、そこかしらで焼き鳥の煙が立ち上ります。

ちょうど雨も上がったので、お店の人々が、テーブルと椅子を拭いて回っていました。

もうもうと煙が立ち込めています。

アルコール類は、フードコートの中にしか売っていないので、先に買ってから席へと向かったほうがいいです。

1人なら、20本も頼めば、それなりにおなかが膨れます。

トラベルグルメレーティング【#011】Lau Pa satフードコート隣のサテー通り(2019/1/12)

  • 味:★★★★
  • 安さ:★★★★★ 1本70セントは安い
  • 量:★★★
  • 親切度:★★★★★ 観光客慣れしているのか、愛想がよくて親切
  • 名物度:★★★★ 通り中、サテーの煙で充満する様子は必見

総評:★★★★

値段:1本0.7シンガポールドル(約60円)

場所:Lau Pa satフードコート隣のサテー通り

コメント:おおむね、相場は似たようなものだと思いますが、19番のストールでは、チキンもビーフも、1本0.7ドルでした。20本頼んで14ドル(1,100円強)なら、立地を考えると、安めの値段設定です。

備考:雨上がりで混んでいなかったのもありますが、店員のお兄さんが、しきりに話相手をしてくれたので、楽しめました。

 

21:30 腹ごなしにチャイナタウンのフードコートまでお散歩

このままホテルへ帰るのもなんなので、フードコートをハシゴすることにしました。

お隣チャイナタウンには、ホーカー(※)の有名どころがあります。

※ホーカー…屋台が集まってできたフードコートの総称。

途中、こんなおしゃれなレストランらしき建物が。

途中に別のフードコートがありましたが、こちらは閉まっていました。

チャイナタウン近くの小高い丘では、白人向けのバーが目立ちました。

チャイナタウンのホーカーといえば、Maxwellは外せないでしょう。

すでに21時を回っていましたが、それなりに人がいます。

有名どころの天天海南鶏飯です。

この時間は閉まっていました。

Old Nyonyaという、いかにも伝統料理な雰囲気のストールを選びました。

ニョニャとは、中華系移民と、マレー人との間にできた子孫のことだそうです。

衛生ランクは、堂々のA。

中々見ないです。

ラクサが名物ですが、今回はカレーチキン定食にしました。

値段は変わりませんが、ごはん抜きにしてもらえます。

トラベルグルメレーティング【#012】Maxwell Foodcentreのカレーチキンスープ(2019/1/12)

  • 味:★★★★★ ココナッツスープの深いコクに病みつきになる
  • 安さ:★★★★★ ごはんつきで4.5ドルなら毎日でも食べたい
  • 量:★★★★★ お肉多め
  • 名物度:★★★★ シンガポールへ来たのであればニョニャ料理は口にしたい
  • 衛生度:★★★★ Aランクは珍しいが、あくまでフードコートなのを忘れずに

総評:★★★★★

値段:4.5シンガポールドル(約360円)

場所:Maxwell Foodcentre奥側

コメント:お隣天天海南鶏飯に隠れがちですが、個人的には今までのホーカー料理の中で、一番の大当たりでした。リピート確定です。

備考:お酒は反対側通路に、遅くまで営業しているお店があります。

22時を回ると、ほとんどが店じまいをしていました。

シンガポールでは、数年前から、酒類の販売時刻に制限が設けられていますので、それに合わせてのことでしょうか。

健全でよいことです。

小売り、屋台問わず、午後10時半までが販売リミットで、これを超えて販売したり、それ以前に買ったものでも、時間外に公共の場所で飲んだりすると、最大1,000ドル(訳80,000円)の罰金だとか。

バーなど、特別なライセンスのあるお店は、この限りではないようですが、日本にいる感覚で、へべれけで歩いていると、きつめの職務質問が待っていそうです。

参考:What you can or cannot do under the new alcohol law - The Straits Times

振り返ってみて

終わってみると、陸路での国境越えも、空路での国境越えも、手順は同じでした。

おいしいローカルフードにもありつけて、満足度の高い日でした。

シンガポールは物価の高い国ですが、工夫次第で安く観光することもできるので、これからも色々発掘したいところですね。

翌日も、あまりお金を使っていませんので、華美なシンガポール観光をイメージしている方には、少し物足りないかもしれません。

関連記事:【3日目・シンガポール】クアラルンプールからシンガポールまで国境を越えて。シンガポールでも安く観光しようと思えばできる。

0

人気記事一覧

1

これまでに、当サイトで作成した、韓国旅行に関する記事をまとめました。 基本的に、どの記事も実体験に基づくものであるため、旅人目線で役に立つと思います。 「韓国旅行を計画しているけど、どこから調べればい ...

2

クレジットカードといえば、アメリカンエキスプレス、それもゴールドカードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか? 昨今、昔ほどのステータスはないようですが、その分カードに付帯した特典はパワーアップし ...

3

2019年の5月に訪れた、マレーシアのマラッカについてまとめた記事を投稿します。 「クアラルンプールは飽きたから、マレーシアの地方に行ってみたい」 「マレーシアのおいしい伝統料理を食べたい」 「とにか ...

4

日本からのデルタ航空発着便が、成田空港から羽田空港へと、全便移管することになりました。 デルタ航空の案内文と、エコノミークラスでもお得にデルタ航空を乗りこなす裏ワザについて記事にしましたので、これから ...

5

海外旅行程度では、英語を使わずに済むことも多いですし、そもそも英語の通じない地域もたくさんあります。 それでも英語を身に着けたい、という方に、これまで私が試してきた、様々な英語学習方法についてまとめま ...

6

当サイトでは、管理人の海外旅行経験をもとに、旅行をスムーズにするための記事を書いています。 今回は、空港での過ごし方に着目した記事をまとめました。 これから出発の方も、旅行を検討中の方も、一度目を通せ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、夢のようなクレジットカードが存在します。 それがデルタAMEXゴールドカードです。 長文記事なので、 「とりあえず今やっているキャンペーンだけでいいから見たい ...

9

ANAスーパーフライヤーズカード(以下SFC)の申し込み権を手に入れると、実際は、いつ申し込もうか悩んでしまいませんか? 私の場合、SFCカードには大して興味もなく、いつの間にか申し込み資格が備わって ...

10

飛行機に乗ったことのある人なら、一度は聞いたことのある「ビジネスクラス」。 実際に検索してみると、目を疑うほど高い。はたして、それほどの価値があるのか、気になっている方も多いでしょう。 この記事では、 ...

-シンガポール, マレーシア, 旅日記
-, ,

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.