マレーシア

ジョンカーストリート(Jonker Street)ではナイトマーケットを楽しめます。マラッカの夕涼みに。

投稿日:

熱帯地方にありがちなことですが、日が落ちた後にはナイトマーケットが開催されます。

単純に、日が落ちた後のほうが涼しいからですが、観光客にとっても、夜の観光資源として重宝します。

ここでは、マラッカのジョンカーストリートで、小さな夜市を訪れた日のことを記事にしました。

ジョンカーストリート(Jonker Street)はマラッカチャイナタウンのメインストリート

広い空と、砦の町マラッカ。

古くから交易都市として栄えた町ですが、2008年に世界遺産として登録されたことで、世界遺産の町として紹介されることが多くなりました。

参考:世界遺産一覧 - 公益社団法人日本ユネスコ連盟

大航海時代以降、ポルトガルやオランダの支配を受けたからか、カラフルで独特な建築様式が特徴です。

マラッカ探索の起点となる広場から、数十メートル。

こちらがジョンカーストリートの入り口です。

ジョンカーウォーク(Jonker Walk)とも呼ばれるようですが、どちらの表記もありました。

ここから北西方向へと、およそ500mにわたって、メインストリートが展開されています。

今では観光客向けのお土産屋や、雑貨店が多いですが、かつては骨董品の商店街として栄えたそうです。

食事を楽しめる店も多くあるので、おなかがすいたら、とりあえず訪れてみるのもよいでしょう。

ただし、マラッカ全般に言えることですが、ほかの食堂に比べると、現地価格をやや上回っています。

名物チキンライスボールも、この通りで見つかりますよ。

関連記事:マラッカ名物のチキンライスボールを食べてきたお話。ジョンカーウォークの我家鶏飯(My Chicken Rice)というお店で7リンギット。

ジョンカーストリートのナイトマーケットは、金曜日から日曜日まで開催している

さて、昼間のジョンカーストリートは、上で紹介した通りですが、週末の夜になると、このように一変します。

マラッカ中の人が集まるのではないかお思うほど、にぎやかです。

食べ物屋台を中心に、雑貨売りが多いです。

品物としては、特筆すべきものはありませんが、あたたかな光に満ちた通りを歩くだけで、心が高鳴ります。

異国の夏祭りにやってきた気分です。

名物輪タクも、手を変え品を変え、華麗にライトアップしてくれます。

ここまで来て、日本文化のデコトラを思い出してしまいました。

昼間よりもゴテゴテしていますが、乗る人いるんでしょうか、これ。

建物の上から見下ろすと、地上の光が星のようです。

赤提灯って、懐かしい思いを呼び起こしてくれますが、どこの文化なのでしょうね。

中国では、赤が縁起のいい色らしいので、中国が起源かな、と思います。

南京でもたくさん見たことですし。

関連記事:【中国】北京から上海まで陸路で。南京行きの寝台列車で目が覚めて。【2日目】

ジョンカーウォークには、ストリートミュージシャンが、ちらほらいました。

お店の前や、店内にも歌声があふれています。

ここにもありました、チキンライスボールのお店。

A Famosaと書かれた横に「古城」と表記があります。

マラッカで有名なア ファモーサは、古城という意味の砦なのですね。

関連記事:マラッカ観光には外せない、ア ファモーサ(A Famosa)に行ってきました。古城の面影がノスタルジック。

通りの中ほどに、小さな公園がありました。

強烈すぎる彫像があったので、ここで一枚写真を撮りました。

マレーシアにおける、ボディービルダーの父だとか。

ジョンカーストリート(Jonker Street)のナイトマーケット営業情報

  • 住所:Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka, マレーシア
  • 定休日:お店による(ナイトマーケットは金~日のみ営業)
  • 営業時間:18:00 - 24:00

週末限定のナイトマーケット。予定が合うなら必見です。

ジョンカーストリートは、オランダ広場からすぐ近くであるため、昼間に訪れる方も多いのではないでしょうか?

もちろん、昼間もお土産探しや、カフェ巡りなど、見所がありますが、夜は夜で魅力的です。

赤道付近の暑い国特有ですが、日が落ちた後のほうが、人々が活発に動き回ります。

金曜日から日曜日までの限定開催ですが、滞在期間の都合が合うのであれば、行かない手はないと思います。

私は、よそで食事をとった後に訪れたため、本当に見て回るだけになってしまいましたが。

関連記事:マラッカに来たならプラナカン料理を食べよう!ニョニャ63(Nyonya63)が想像以上に美味だった。

マラッカの中心部は、ジョンカーストリートとオランダ広場の周辺に展開されていますので、ホテルをとるのであれば、この近くがよいでしょう。

関連記事:マラッカのホテル プリ メラカ (Hotel Puri Melaka)滞在記。博物館としても楽しめます。

googlead

googlead

プッシュ通知で購読

-マレーシア
-,



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.