マレーシア 交通機関

KLセントラル(KL Sentral)から空港までは、KLIAエクスプレス(KLIA Ekspres)が一番早くて楽。

投稿日:2019/07/05 更新日:

この記事では、クアラルンプール市内から、クアラルンプール国際空港まで、一番早く、確実にたどり着ける方法を紹介します。

とにかく空港まで早く、簡単に行きたい方向けの記事です。

KLセントラルから特急列車を利用する方法について

KLセントラル駅と空港間は、KLIAエクスプレスと呼ばれる、特急列車が運行しています。

料金はバスの5倍ほどですが、所要時間は30分以下かつ、1時間に3往復していますので、非常に快適に空港までアクセスできます。

ここでは、KL市内から乗り場までの案内と、チケットの購入方法を説明します。

市内のホテルから徒歩でKLIAエクスプレス(KLIA Ekspres)の駅への行き方がわかりづらかったので紹介する

今回私が利用したホテルは、ブリックフィールドと呼ばれる、インド人街のど真ん中にあるホテルでした。

KLセントラルへのアクセスが非常にいい割に、料金がかなり安かったので、次回も利用すると思います。

参考:ホテル セントラル (Hotel Sentral)

関連記事:クアラルンプールのホテル セントラル (Hotel Sentral)レビュー。KL Sentral近くでも安い!

ホテルセントラルのチェックアウト時刻が、正午だったこともあり、少々のんびりしすぎてしまいました。

バスでは帰りのフライトに間に合わないため、今回は特急列車のKLIAエキスプレス(KLIA Ekspres)を利用することにしました。

KLセントラルから発着しているため、徒歩で1kmもありません。

グーグルに示されたルートは、上の通りですが。

見ての通り、車道です。

車がビュンビュン通る中「こんなところ歩けるかい!」と言いたくなりましたが、よく見ると、端に小さな歩道があり、通ることができます。

別の通行人がいなければ、気が付かなかったでしょう。

坂道になっているので、暑さがツライです。

素直にタクシー使ったほうがいいと思いますが、ジョホールバルでのぼったくりを、嫌というほど見ているので、今回も歩くことにしました。

関連記事:【マレーシア】JBSentral駅から定額制のタクシーに乗る方法。交渉しないで済むのは楽。

関連記事:【マレーシア】クアラルンプールから、国境都市ジョホールバルまで。鉄道での行き方について。

しばらく歩くと、駅構内に入ります。

ショッキングピンクの目立つ看板が目印です。

ご丁寧に日本語表記があります。

ありがたいですよね。

KLIAエキスプレス(KLIA Ekspres)の乗車券は、クレジットカード専用券売機で簡単に購入できる

駅舎内に入ると、ややひんやりしているので、人心地つけます。

ここでも、看板に従って進みましょう。

チケット売り場の隣に、自動券売機がありましたので、こちらで乗車券を購入しました。

前に操作をしていた人が、設定を残していたため、3人分の値段が表示されています。

購入枚数には気を付けましょう。

定価は55リンギット(約1,400円)ですが、キオスクで購入すると、10%割引となりました。

現金を受け付けないので、クレジットカードが必要ですが、チケット売り場で問答する必要がないので、こちらのほうが楽です。

VISAが利用できるので、無料のエポスカードを事前に入手しておくと、重宝します。

参考:エポスカードのキャンペーン情報はこちら

関連記事:エポスカードは「得しかしない」クレジットカード。年会費無料でも海外旅行保険が手厚い!

チケット発見までの総所要時間は、おおよそ2分未満です。

クレジットカードさえあれば、使わない理由がないです。

空港まで一駅、文句なしの直通運転です。

長距離バスのチケットなどとは違って、パスポート情報すらいらない気軽さがあります。

関連記事:世界遺産の街マラッカから空港への行き方。バスターミナルへのアクセスも含めて。

関連記事:アクセス良好!クアラルンプール国際空港からKLセントラル(KLSentral)へと、電車とバスでの行き方。

車内は広々としており、空調完備で非常に快適です。

利用者が多くない時間帯だったようで、座席も広く使えました。

大きな車窓から、クアラルンプール郊外の景色を楽しめます。

KLIAエクスプレスの運行情報

2019/7/5現在の運行情報をまとめました。

  • 運行区間:KLセントラル ⇔ クアラルンプール国際空港
  • 所要時間最短28分(KLセントラル ⇔ KLIA)
  • 運賃:55リンギット(約1,400円)、クレジットカード専用券売機で購入すると10%オフ
  • 停車駅:KLセントラル、KLIA、KLIA2
  • 運行間隔:ピーク時15分間隔、オフピーク時20分間隔
  • 始発:05:00(KLセントラル発)、04:55(KLIA2発)
  • 最終:00:40(KLセントラル発)、00:55(KLIA2発)
  • 備考:各駅停車のKLIAトランジットは別乗り場

参考:KLIA Ekspres

出発便まで時間がなければ、迷わずKLIAエクスプレスに飛び乗ろう

KLIAエクスプレスのメリットは、何と言っても速いことにつきます。

空港までのバス運賃が、10リンギット少々(300円程度)ということを勘案すると、およそ5倍の開きがありますが、所要時間は半分以下に抑えられます。

私は今回、時間が足りなかったので、特急を利用しましたが、じゅうぶんゆとりがあるのなら、バスの利用もお手頃です。

空港からKL市内への行き方は、別の記事で紹介しています。

関連記事:アクセス良好!クアラルンプール国際空港からKLセントラル(KLSentral)へと、電車とバスでの行き方。

なお、同一路線、別乗り場に、各駅停車のKLIAトランジット(KLIA Transit)という電車がありますが、こちらは別物です。

料金もほとんど変わらないので、空港に用事があるのであれば、特急列車を利用するほうがいいでしょう。

関連記事:クアラルンプール国際空港(KLIA)でのトランジットに便利なサラッティンギ(Salak Tinggi)への行き方。夜はローカル度200%!

googlead

googlead

プッシュ通知で購読

-マレーシア, 交通機関



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.