役立ち情報

言葉の通じない海外レストランでスムーズに注文する方法。

更新日:

想像してください。

あなたはどこにでもある外食チェーンの店員です。都内の人気店でもなく、知る人ぞ知るこだわりの店でもありません。

そこに一人の外国人がやってきました。何となく肩身の狭い感じで、しきりにメニューと店内を交互に見比べています。

さて、あなたならどうしますか?

外国人なんてどんな国にもいる

冒頭で書いた通りですが、外国人のいる風景が、日本の中ではあまり珍しいものではなくなってきました。石を投げれば……もちろん、日本人にぶつかりますが、感覚的には100人いれば1人以上は外国人がいるようです。

でも、海外に出たら外国人はたくさんいます。韓国に行って中国人を見かけたり、ベトナムでフランス人を見かけたりすることもあります。もちろん、我々日本人も、現地の彼らにとっては外国人です。

日本の環境が特殊であるがゆえに、外国人が珍しかったこともありますが、世界中を見渡して、まったく外国人を受け入れない国のほうが珍しいと思います。

今回は、我々が旅先で異邦人となったときの、特にお店で食事を摂るときの振る舞いについて考えてみましょう。

外国人らしくオーダーしよう

私個人としては、外国に出たら、外国人らしい振る舞いをすべきだと思います。卑屈になる必要はありませんが、世の中人種差別主義者のほうが少ないです。

観光旅行で嫌われるのは、一にも二にも傲慢な旅行者です。異国に自分の故郷の常識を持ち込むべきではありません。異邦人は異邦人らしく、素直に「わからないから助けてほしい」とふるまうことで、かえって旅行先で感心を得ることができます。

オーダーするときには店員さんの目を見ましょう。できれば笑顔で注文しましょう。思った通りの食事がでないからと、むやみに腹を立てるのはよしましょう。

心得はたくさんありますが、精神論だけでも仕方がないので、食堂での実践的なオーダー方法を述べることにします。

メニューの写真を指差しする

これは基本中の基本です。

なんといっても、メニューがイメージしやすいですし、写真付きのメニューを設けている時点で、外国人が潜在的なターゲットに含まれています。

自国民だけに商売をするのであれば、メニュー名だけで通じますよね。

このように、写真付きのメニューがあるお店では遠慮なく写真をつついて注文してしまいましょう。お店の人も楽ちんです。

看板のおススメ表示を指差しする

お店によっては、いわゆる看板メニューを掲げているケースがあります。

こんな感じで看板があれば、誰でもおススメメニューがわかりますよね。

どのみち食べなれないメニューなので、どれを頼んでも新鮮な体験ができます。ここは遠慮なく、お店側のおススメにどっぷり乗っかってしまいましょう。

経験上、おススメを選んで変な料理が出てきた試しはありません。

国民食の発音だけ覚えて注文する

たとえば、フォー、ガパオ、トムヤンクン、チャオファン。

どれも一通りは聞いたことがありますよね。

言語を体系立ててマスターするのは困難ですが、メニューの名前くらいなら、よく見聞きするものから覚えてしまうのではないでしょうか?ましてや英語の料理名であれば、日本でもなじみが深いです。

有名どころの料理であれば、旅行者がよく頼むでしょうから、店員さんも察してくれるはずです。

食堂に来ている時点で要求の半分は伝わっている

とにかくこれが食べたいんだ!という情熱さえあれば、相手の顔を見てはっきり伝えれば、普通に伝わります。なぜなら、あなたが食堂に来ている時点で、おなかが空いてるのだ、という意図は見え見えだからです。

あまり意識はしませんが、言葉は文脈とセットで使われるものです。朝も早い時間から「おやすみなさい」と言われても、普通の感性の持ち主ならば、必ず聞き返されます。

逆に、食事を提供するお店では、「これください」の一言が待ち構えられています。下手に気取った方法を使うより、単純に「これ食べたい」という意思を示してみましょう。

思いのほかあっさりと、美味しい料理にありつけたりしますよ。

旅先で困っていると誰かが助けてくれる

私はリアリストの部類に入りますが、旅先で軽く困っていると、誰かが助けてくれることが多いと思っています。助けてもらったら、笑顔で「ありがとう」と言いましょう。現地の言葉で言えるとなおよいです。

基本的に人類同士は、助け合うようにできているからこそ、世界中で文明を築くことができました。

冒頭で質問を投げかけましたが、私は困っている人がいれば助けるほうだと思います。困っている人を助けるって、気持ちよくありませんか?

特に外国人であれば、私が海外で困っていたとき、見知らぬ人々に助けられた経験がよみがえり、声をかけずにはいられません。

旅に出たら、誰かに助けてもらってください。そのうちあなたも、困っている人を見過ごせなくなるはずです。

※もちろん、最低限の危機管理は必要です。

関連記事:【注意】これって危険?海外旅行でやってはいけないこと15選。

googlead

googlead

-役立ち情報

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.