noad マレーシア 旅グルメ

ペナンの激安ローカルフードコートで食事してきたお話。Northam Beach Cafeで海辺の夕景とビールを。

投稿日:2019/08/29 更新日:

ペナン島での食事はフードコートが最高です。

中でも、今回訪れた、海辺のローカルフードコートは、アクセスがそこまで悪くないわりに、手軽にローカル気分を満喫できます。

安く、待たずに、地元の空気を味わいながら食事したければ、Nortam Beach Cafeをどうぞ。

ペナン島はジョージタウン(George Town)郊外には穴場のフードコートがある

私が東南アジアで好きなところは、なんといってもフードコートの存在です。

安い、早い、うまいと三拍子そろい、さらに現地の料理が出てきて、夕陽を見ながらビールも飲めちゃいます。

旅の楽しみは、フードコードにあるのです。

今回紹介するのは、Northam Beach Cafeという、ジョージタウンの海沿い郊外にあるフードコートです。

カフェと言われていますが、食堂群としての側面が強かったです。

なお、隣には同じく海の見えるタイレストランがありますが、間違えやすいのでご注意を。

19時くらいに訪問すると、現地の方々でにぎやかです。

広々と開放感のある屋外席が人気でした。

席にはドリンクメニューがあります。

ドリンクはフードコートの一角に売っていますので、料理を注文したあとに行くといいです。

ここにテーブル番号が書かれているので、食事の注文時に伝えましょう。

後で料理を持ってきてくれるシステムです。

ローカルフードを中心に、実に多種多様なお店が入っていました。

海辺らしく、生簀のあるストールもありました。

ペナンのホッケンミーは、スープの入ったスタイルだと聞いたので、試したいところですが、この日は別の食事にしました。

料理がくるまで、テーブルで飲みながら待ちます。

ビールの小瓶はせいぜい10リンギット(約250円)程度です。

マレーシアでは、コンビニでもお店でも、お酒の値段が変わりません。

注文したのはこちらのオタオタと呼ばれる、ニョニャ料理の一種です。

魚のすり身と卵を混ぜた、スパイシーな料理です。

ぱっと見、卵焼きのようでおいしそうですが、中身は凶悪なほどに激辛でした。

半生テイストだったのですが、以前マラッカで食べたのとは、だいぶ食感が異なりました。

ところ変われば品代わるの代表ですね。

お値段少し高めで20リンギット(約500円)。

関連記事:マラッカに来たならプラナカン料理を食べよう!ニョニャ63(Nyonya63)が想像以上に美味だった。

さて、このフードコート、あまりにも印象が良かったので、翌日再訪してしまいました。

17時の開店まで、おとなしく海を眺めることにしました。

海の向こうに、うっすらとマレーシアの本島が見えます。

施設は古いですが、意外とおしゃれだと思いました。

みんな大好きタイガービールもあります。

暑い日はタイガー飲みたくなるんですよね。

夕べ食べ損ねたエビ入りホッケンミーを注文しました。

写真でもエビの巨大さが伝わるでしょうか。

見た目の豪華さと、芳醇なスープがウリです。

お値段12リンギット。(約300円)

定番のサテーは、1種類5本ずつからの注文が必要です。

10本頼んで10リンギット(約250円)程度です。

しばらくするとスコールに見舞われて、外の席が全滅したため、屋根付きの席に避難しました。

なお、降雨時には、意外と涼しいです。

雨の音の中、ビールを飲むのも、ぼーっとできるので癒やされます。

フェリーターミナル付近からだと、若干遠回りになりますが、103番のバスに乗ると、最寄まで楽に行けます。

Grabタクシーなら、チップを入れて300円もしないので、時間がもったいなければ、往復使ってもたかが知れていますので、さっさと配車してもらってもいいと思います。

関連記事:Grab Carのアプリ登録方法と使い方について解説。マレーシア旅行のタクシーはこれが一番安全。

トラベルグルメレーティング【#018】ペナン島ジョージタウン郊外のローカルフードコートNORTHAM CAFE(2019/8/10)

ペナン島でリピートした、海の見えるフードコートの情報です。

  • 味:★★★★ ローカルフード中心でおいしい
  • 安さ:★★★★★ 街中の料理店より安いと思う。千ベロのおともに
  • 量:★★★ 標準的
  • 名物度:★★★★ ローカルフードが多いので、観光にもよし
  • 親切度:★★★★ 雨が降ったら席を変えてくれるなど、割と親切

総評:★★★★ いいところ見つけちゃったな~といった感じの、良質なフードコート。私の中ではリピート必至。

Nortam Beach Cafeの営業情報

  • 営業時間:17:00 - 0:30(17時だと準備中のお店も多い)
  • 定休日:なし
  • 値段:品物によってまちまち。食事系は10リンギット前後を目安に
  • 税金、サービス料:なし
  • 場所:フェリーターミナルからバスで15分程度
  • 住所:Jalan Sultan Ahmad Shah, Pulau Tikus, 10050 George Town, Pulau Pinang, マレーシア
  • 支払い方法:現金
  • 対応言語:マレー語、英語

市街地から歩いていくのは面倒なので、GoogleMapでルート検索したあとにでかけよう

Nortam Beach Cafeは、地図上ジョージタウンに存在するため、街中から歩いて行けるかと思われますが、海辺にあるため意外と距離があります。

バスかGrabタクシーで訪問するのがよいでしょう。距離にもよりますが、アルコールのあとに徒歩でホテルに帰るのはしんどいです。

目の前のバス停は、意外と早く終バスが行ってしまうので、事前にGrabタクシーを保険としておきましょう。

Grabタクシーの利用には、マレーシアでの電話番号認証が必要です。

XPAXなどでも、実は電話番号が存在しますので、このあたりの具体的なお話は、別記事を設けようかと思います。

関連記事:Grab Carのアプリ登録方法と使い方について解説。マレーシア旅行のタクシーはこれが一番安全。

関連記事:【マレーシア】現地購入に挑戦。クアラルンプール国際空港での、お安いSIMカードの買い方。



プッシュ通知で購読

-noad, マレーシア, 旅グルメ
-



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.