交通機関

横浜市内から羽田空港への行き方。京急線かバスがメインで、条件によってレンタカーも便利。

投稿日:2018/08/03 更新日:

私は、旅に出るにはもっぱら羽田空港を利用しています。

羽田空港はコンパクトで便利な上に、都心からのアクセスが良好なため、もっと国際線発着してくれると嬉しいのですけどね。

今回は、横浜方面から羽田空港への向かい方についてまとめてみました。

横浜市内から羽田空港はアクセス良好

横浜から海外に出るのであれば、対象便がないという理由以外では、羽田以外に考えられないでしょう。

それほど、横浜市民にとって、羽田はすぐそこにあります。

東京方面へ働きに出ているなら、仕事帰りに旅に行けるほどです。

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。仕事終わりの強行軍にサクララウンジの食事がありがたい。【1日目】

さて、横浜に住んでいるかたにとって、どの方法がベストなのでしょう?

京急線が第一候補

近くに京急線の駅があれば、これ一択でよいと思います。また、横浜駅を基点に東側に住んでいる方も、電車が楽でしょう。

鶴見や川崎、新子安などは京急線の駅が隣接しているので、使わない手はありません。

エアポート急行を利用すれば、乗り換え無しで行けるのも魅力ですね。うまくいけば、冬場の出発でも、コートを家に置いてこられます。

関連記事:冬場に暑い国へ行くときの服装問題について考えてみた。上着は預ける?持っていく?

駅に着けば、エスカレーターを上がるだけで羽田空港国際線ターミナルまで行けますので、横浜から海外へのアクセスは、可能な限り羽田を選ぶとよいでしょう。

成田空港利用時と比べると、疲労度が全然違います。

横浜駅まで簡単に行けるなら空港バス

空港バスは、横浜駅から直行便が往復しています。国際線ターミナルまでは約40分です。

参考:空港バス(東京国際空港) - YCAT

なんといっても乗り換えなしで行けるのが嬉しいです。

朝は4時から、深夜は0時過ぎまで運行している点も強いです。羽田空港は深夜便の発着する空港なので、成田に比べて夜間のアクセスが重要です。

ダークホースにタイムズカーレンタルの空港プランとピッとGoの組み合わせ

レンタカーと聞くと構えてしまう方もいるかと思いますが、最近は空港へのアクセス需要を見越して、ちょい乗りサービスが普及してきています。

例えばタイムズカーレンタルだと、空港から出発店舗までの距離が50km以内の場合、2,980円でコンパクトカーが借りられます。

参考:羽田空港・成田国際空港 AIRPORT ACCESS(エアポートアクセス) - タイムズカーレンタル

同社は、タイムズカープラス(カーシェアリングのこと)会員向けに、【ピッとGo】というサービスを展開しています。

これは車の無人貸出サービスで、セルフ貸出用の店舗から、車に会員カードをかざして出発できるサービスです。

これによって、お店が開いていない夜間でも出発が可能となり、大変便利です。深夜便のある羽田空港とは親和性の高いプランですね。

燃料代込み、追加保険込み、更には駐車場代を考えなくて済むのがポイントです。

ピッとGoを利用するためには、タイムズカープラス(カーシェアリング)の会員になる必要があります。

参考:個人入会 - タイムズカープラス

横浜駅近郊ならバスが便利。それ以外は京急線へのアクセスを確認しよう

空港へのアクセスは、乗り換えがあるかないかで、疲労度がだいぶ変わります。

荷物の多い方だと、乗り換えのために歩くだけでも、結構つらいでしょう。

値段もそうですが「出発地からどれだけ楽に行けるか」を考えると、旅行全体の満足度が向上しますので、空港までの経路にはこだわりましょう。

クレジットカードの特典で、事前に荷物を空港へと送ってしまうのも、一つの手段です。

関連記事:作ってたくさん使うだけでゴールドメダリオン。デルタスカイマイルAMEXゴールドカードを持つメリットについて。

googlead

googlead

-交通機関

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.