交通機関 旅行情報

【韓国】デルタ航空のスカイマイルを使ってソウル⇒釜山旅行に行くことにした。15,000マイルで大韓航空便を使って往復できる!

更新日:

デルタ航空のマイルが余り気味だったので、どこかお得な行先がないか調べた結果、またも韓国に行くことになりました。

デルタマイルは、韓国行きの航空券への交換率が良好です。

折角なので、行ったことのない場所を探して、旅に出てみます。



 

今回の旅について

前の旅行が、同行者がいたため不完全燃焼だったので、今回は自分の思うがままに好きな場所をうろつきます。

前回の様子は【韓国】何故か男4人でソウルマイナーグルメ旅行に行ってきた。に写真付きでまとめています。

旅程

デルタ航空のマイページより情報を取得しました。残念ながら、表をそのまま貼り付けできなかったので、テキストのみの表示です。

交通手段・便名等

フライト KE 2710

2018年8月22日(水)
出発予定日まで 39 日
HND
到着空港
GMP出発:
7:45 PM
到着:
10:05 PM
エコノミー:X)

機材番号:Boeing 777-300
飛行時間: 2 HR 20 M

フライト KE 713
2018年8月27日(月)
出発予定日まで 44 日
PUS
到着空港
NRT

出発:
4:00 PM
到着:
6:10 PM
エコノミー:X)

機材番号:Boeing 737-900ER
飛行時間: 2 HR 10 M

ソウルの金浦空港から韓国入りして、数日かけて南下し、釜山から帰国するパターンです。日程も長いので、途中、地方都市を探索してみるつもりです。

費用明細

チケットの明細は下の通りです。

タイトルにもありますが、今回はデルタ航空のマイルを利用したので、諸税以外はかかりませんでした。

デルタ航空は、提携クレジットカードのマイル取得キャンペーンが非常に手厚く、すべてのマイル獲得条件を満たせば、数万のマイルが手に入ります。

他にも特典は多数ありますが、キャンペーンが続いているうちに申し込めば、簡単に年会費の元が取れますね。

私は、「デルタAMEXゴールドカード」をメインカードにしています。

入会キャンペーンの充実ぶりと、年間150万円以上のカード利用で、デルタ航空の上級会員資格と、スカイチームの上級会員資格を一挙に獲得できる、恐ろしいまでの特典を備えたカードです。

さて、話を元に戻して今回の旅行費明細を公開しましょう。

 

マイル
Miles Redeemed 15,000 マイル
航空輸送料金
Carrier-Imposed International Surcharge (YQ): ¥200.00 JPY
税金および手数料
旅客1名あたりの航空旅行にかかる税金、手数料、関連料金の概要。旅客1名あたりの合計旅行費用を一覧の最後に表示
Description 金額 Currency
Korea; Republic Of - PSC, Departure Tax And Contribution To International Poverty Eradication (BP) ¥2,330.00 JPY
Japan - Passenger Service Facilities Charge (SW) ¥2,570.00 JPY
旅客全員の旅行費用の概要(航空運賃、税金、手数料、その他の料金を含む)
Description 金額 Currency
Total Taxes, Fees & Charges: ¥5,100.00 JPY

Total: 15,000マイル + ¥5,100.00  JPY

明細を要約すると、デルタのマイル15,00マイルと、諸税の5,100円で周遊できるということになります。

デルタマイルを使って大韓航空を利用できるのは、デルタ航空と大韓航空が、同じアライアンス(航空連盟)に属しているからです。

他社プログラムと比べたとき、デルタマイルの一番のアドバンテージは、「有効期限がないこと」です。

気長に貯めたマイルの利用先が幅広い点は、嬉しいことですよね。

マイルの単価は?

さて、気になるマイル単価ですが、まったく同条件で検索すると、約30,000円でチケットが発券できますので、【1マイル=2円】程度です。

通常運賃の検索には、いつものサプライスを利用しました。

平日の韓国往復が元々安いことから、大きなコストメリットはありませんでした。

これが、週末運賃とかだと、もう少しマイルの利用価値があるのでしょうね。

正直、デルタ航空のマイルは、ANAやJALと比較して、還元率の面で劣ります。

そのような中、【日本⇔韓国】路線は、低マイルで利用できる一番のおススメ路線です。

何かと使う機会の多い区間でもありますので、デルタ航空のマイルは、ここ一点に集中させてもよいと思います。

なお、ビジネスクラスなら、倍の30,000マイルで利用できますが、【日本⇔韓国】路線は飛行時間が短く、機内食の提供があわただしいことが特徴です。

ビジネスクラスのメリットは、何と言ってもシートを倒してベッドのように寝られることで、飛行機での往復が、2泊分のホテルに化けることがあります。

韓国路線は、夜だと消灯時間も短いので、素直にエコノミーが適していますね。

とりあえずソウルで1泊予定。後は適当に南下しながらぶらり途中下車の旅でもしようかと思う

例によってノープランですが、問題ありません。

旅はチケットを取ることから始まります。とりあえずチケット発券しないことには、休みも決めようがありません。

完全に精神論ですが、休みに航空券を合わせるのではありません。航空券に休みを合わせるのです。

有言実行するために、まじめに働いて夏休み取ります。

関連記事:【韓国】ソウルからプサンまで半島縦断途中下車の旅。仕事終わりの強行軍にサクララウンジの食事がありがたい。【1日目】

googlead

googlead

-交通機関, 旅行情報
-, , ,

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.