旅グルメ 旅日記 韓国

【韓国】何故か男4人でソウルマイナーグルメ旅行に行ってきた。

投稿日:2018/07/04 更新日:

会社の同僚と4人で、ソウル市内の、あまり有名でないスポットまで、グルメツアーに出かけた記録です。

私の独断と偏見で、初心者不適のニッチ感あふれる旅行記となっておりますので、何卒ご容赦ください。

引率してくれる人がいない…というあなたは、タビナカのオプショナルツアーを申し込むと、時間を有効に使うことができるので、先に紹介しておきます。

参考:ソウル観光のオプショナルツアー - タビナカ



目次

今回の旅について

※2018/7/4現在 1KRW(韓国ウォン) = 0.11JPY(日本円)

これは2018年6月のお話です。

旅程

2018/6/9 深夜羽田空港集合

2018/6/10 羽田空港⇒仁川空港⇒ソウル市内

2018/6/11 ソウル市内⇒仁川空港⇒羽田空港

移動手段・便名等

大韓航空(KE720・KE719) / 737-900

A'REX韓国空港鉄道

参考:空港鉄道 A’REX

ソウル地下鉄

ソウル市内バス

初乗り1,250KRWで、交通カードがあれば【バス⇔地下鉄】間で、乗り換え割引が適用されます。初訪問の方は、空港に着いたらコンビニで交通カードを買いましょう。ソウル市内での必携品です。

参考:「T-money」カードとは?

ソウル市内の移動手段につきましては、下記「KakaoMap」の利用が便利です。残念ながら、GoogleMapは情報量が少なく、交通情報も連携されません。

参考:KakaoMap for GooglePlay

カカオマップのインストール方法については、別記事を設けました。

関連記事:【韓国】韓国行くならカカオマップが必要。インストールと利用方法について解説。

タクシー

運転が荒いので、アトラクションとして楽しんでください。

費用明細

No.日付費目摘要
12018/5/14¥35,270チケット代+ホテル代(1泊)
22018/6/10¥10,270海外キャッシング(交通費・雑費)
32018/6/10¥216キャッシング手数料
42018/6/10¥2,817焼肉
52018/6/10¥3,082パジョン
62018/6/10¥1,434お土産代(パック)
72018/6/10¥2,911スターバックス
82018/6/10¥3,426ホテルで飲み会
92018/6/10¥3,389プデチゲ
102018/6/10¥208プデチゲ(追加)
112018/6/10¥426スターバックス
122018/6/11¥418海苔巻き
132018/6/11¥551雑貨
142018/6/11¥1,672朝食代
152018/6/11¥784雑貨
162018/6/11¥637タクシー代
172018/6/11¥-17,260食費等割り勘調整
172018/6/15¥150海外キャッシング利息
合計¥50,4015万円で行って帰ってこられます。

今回、主要な食事代は4人分の料金です。参考にどうぞ。

こんな人におススメ

  • 韓国何度も行っているよ!普通のルート飽きた!!
  • ソウル市民に人気の本当に美味しい飲み屋を開拓したい!
  • 旅に出たならひたすら歩きたい!

こんな人にとってはイマイチ

  • 日程過酷でしょ!
  • 普通のショッピングとかがいいんだけど…
  • どうせやるなら、もっとマニアックなルートがいいんだよね。

おすすめアイテム

  • 【SIMフリースマホ】近場でも油断せず持っていきましょう。
  • 【Wifiルーター】一人旅でも活躍しますが、今回のようにグループ旅行になると、複数人接続するたび、お得になります。
  • 【コンパス】ソウルの中心街は、東西南北がはっきりしているので、コンパスと標識だけでも歩けてしまいます。
  • 【マネークリップ】カード決済できないお店のほうが少ないので、カードホルダー付きのマネークリップが重宝します。
  • 【クレジットカード】韓国は「超」が付くほどのカード社会だったりします。市場ですら、店を構えているようなところであれば、大抵使えます。

参考:海外用格安Wi-Fi<イモトのWiFi>

関連記事:ミニマリストが海外旅行でマネークリップを持つべき5つの理由。

関連記事:作ってたくさん使うだけでゴールドメダリオン。デルタスカイマイルAMEXゴールドカードを持つメリットについて。

関連記事:エポスカードは万人受けの「得しかしない」カード。初心者の一枚から海外旅行保険のお供に。

お土産情報

  • フェイス用のパックが40枚セットで1,500円弱と激安。
  • スーパーかコンビニでロッテのチョコパイを買うと、大抵喜ばれます。
  • 上級者には、ルート外ですが、中部市場の乾物や塩辛をオススメします。夏場は魚介が腐りやすいので要注意。

1日目 羽田空港⇒仁川空港⇒ソウル市内

旅の軌跡

タイムライン

00:00 羽田空港集合

集合時点で日が変わってしまいました。お目当ては、【羽田⇒仁川】午前2時便。

00:30 サクララウンジで飲み会

当たり前ですが、カウンターガラガラ、保安検査ガラガラ、出国審査は無人ときたので、30分で保安検査後エリアにたどり着きました。

やることもないので、飲んべえの同僚とJALのサクララウンジへと押しかけ、出発間際までくつろいでいました。

羽田空港サクララウンジ

時間も時間なので、空いていました。

0時過ぎの訪問でしたが、名物のビーフカレーをはじめとして、無料の軽食が充実していました。

サクララウンジ内の飲み物

飲み物はソフトドリンクとアルコールが一通りそろっています。日本酒もあります。

大韓航空便であるにもかかわらず、JAL運営のラウンジにどうやって入ったかは、別記事でまとめました。

関連記事:作ってたくさん使うだけでゴールドメダリオン。デルタスカイマイルAMEXゴールドカードを持つメリットについて。

02:00 韓国へと出発

飛行機の中で、早くも全員ぐったりしていました。

韓国路線は飛行時間が短いため、消灯時間が少ししかありません。

深夜便を利用する場合、前日に仮眠をとってから出発するなど、対処が必要です。

04:35 韓国到着⇒空港列車で市内へと移動

このタイミングで、全員分の交通カードを買いました。

空港鉄道へと進む前にATMとコンビニがあるので、カードと一緒に色々調達しておきましょう。

交通カードは2,000~3,000KRW程度で購入できます。

2日程度でしたら、20,000KRW程度を、改札横の券売機でチャージするとよいでしょう。

06:00 ソウル駅到着⇒ソウルミレニアムヒルトンのカジノへ

ソウルミレニアムヒルトンのセブンラックカジノ入口

朝一からカジノへ行きたかったわけではなく、24時間空いている場所が、ここしかなかったからです。

なお、一人だけ生き生きしている者がいました。

08:00 日曜日でガラガラの南大門市場

やっと朝です。

なのに何でしょう、この疲労感。

閑古鳥の鳴いている市場の様相が、疲れに拍車をかけます。

日曜日は主要市場の定休日なので、訪問の際には注意しましょう。

09:30 明洞でプデチゲを食す

ノルブプデチゲ明洞店

今回のノルマの一つである「놀부부대찌개」(ノルブプデチゲ)明洞店です。

韓国人の同僚に聞いたところ、プデチゲチェーン店では一番とのことです。

ノルブプデチゲメニュー

ノルブプデチゲ1

分量は4人分です。人数で割ると、一人当たり10,000KRW弱でした。

プデチゲはチゲの仲間で、スパムやウィンナー、レッドビーンズなどを一緒に煮込んだ鍋のジャンクフードです。とは言っても、ご覧の通り、野菜もふんだんに使いますので、栄養がないわけではありません。

今回のプデチゲはマイルドな見た目で、全員ほっとしていましたが、混ぜると下の写真のようになります。

ノルブプデチゲ2

11:00 ロッテ免税店探索

このあたりから、寝不足と歩き疲れで、私を含め全員グロッキーに。写真を取る気力もありませんでした。

12:00 それでもまだ歩く

古い建物と新しい建物

明洞から景福宮へと向かい、ひたすら北へと歩きます。

昔の建物と近代的な建物のツーショットって趣がありますよね。ソウルは町中にこういうスポットが多いです。

13:00 耕仁美術館併設の茶店で一息

耕仁美術館で伝統茶を飲んでくつろぐ人々

仁寺洞という町の真ん中にたたずむ、古民家を改良した美術館群。そちらには目もくれず、休憩と称して併設のカフェでお茶を飲みました。

何を頼んだか覚えていませんが、よくわからないキノコや薬草が入っていた気がします。

店の中には、薬草をゆでる不思議な匂いが充満していました。

一風変わったお茶を飲んでみたい方にはおススメです。一杯6,000KRWが相場。

14:30 景福宮はずれの美術館を歩いてみた

「国立民俗博物館」と書いています。無料で開放されている美術館も多く、各地から修学旅行生が来たりしていました。

上の写真で着ている服は、「韓服(ハンボク)」という民族衣装ですが、レンタルして観光するのが流行っています。

日本では「チョゴリ」のほうが通りがいいかもしれませんね。半日で数千円程度が相場です。

16:00 バスに乗って新村(シンチョン)へと移動

学生街で、私も住んでいたことがあります。有名大学が数か所集まっていることから、学生街として有名です。普通の観光客はあまり行きませんが。

私の知る限り、10年前から残っているレトロ趣味のお店。直訳すると「若さの行進」。ニッチレベル高めです。

ピザも真っ青なサイズのパジョン(チヂミのこと)が出てくることで有名です。大の男4人がかりで完食。全部で30,000KRWほどです。

17:00 ハシゴで焼肉屋

特筆することはありませんが、ここも10年前にあったお店です。

お肉の厚さと、おばちゃんのフレンドリーさがないと、この街の焼き肉屋はどんどんつぶれていきます。

18:00 早くも食事終了

ホテルが遠いため、もう出なくてはいけません。

19:00 慶南観光ホテル到着

地下鉄とバスを乗り継ぎ1時間、およそ観光に不向きな立地にあるホテルへと到着。

ホテルの前から空港バスがでているため、この一点だけは便利です。

この後全員泥のように眠りました。

2日目 ソウル市内⇒仁川空港⇒羽田空港

旅の軌跡

タイムライン

09:00 起床時間が重くのしかかる

これだけ起きるのが嫌だったことも珍しいです。

10:00 チェックアウト後近場の定食屋へ
  • 海苔巻き2,000KRW(約200円)
  • 冷麺6,000KRW(約600円)

キムチと冷たいコーン茶がサービスでつきます

よくある韓国のチェーン定食屋で、店名にうどんの表記があったので、日本で言うとなか卯のような位置づけでしょうか。

11:00 明洞でお土産選び

私は職場用にフェイスシートを選びました。値段は普段使い用でも、シートが日本よりも厚くてリーズナブルだそうです。

私が買ったのは、「seaNtree」というパックです。一組10枚入り、40枚がセットで13,800KRW(約1,400円)の超破格でした。

日本円に換算すると、1枚あたり約35円です。 関税もかからないので、バラまきお土産の好適品です。

12:00 屋台でジャンクフードにかじりつく

  • トッポギ 2,000KRW(約200円) / 皿
  • おでん 500KRW(約50円) / 本
  • チーズドッグ 3,000KRW(約300円) / 本

基本的にお祭り価格ですね。無理して食べることはありませんが、韓国気分は味わえます。

おでんは魚のすり身串のことです。寒い季節ならだし汁を一緒にもらいましょう。

12:30 LINE FRIENDSショップで記念撮影

巨大なブラウンと一緒に記念撮影ができます。

写真を撮る場合、人が待っていることがありますので、行儀よく並びましょう。

13:00 再び南大門市場へ

日曜日とは打って変わって、混雑度300%です。歩くにも狭い道を、バイクやらトラックやら、容赦なく通り過ぎていきます。

日に何人かひかれていると思います。

ここではあまり日本人として振る舞わないほうがいいでしょう。

光客の顔をしていると、とりあえず日本語、中国語あたりで話しかけられますが、反応すると怪しいものを売りつけられることがあります。

裏路地で腕を引っ張ってくる食堂のおばちゃんは、押し(引き?)が強いだけで特に害はありません。

14:00 実は穴場の延世大学校散策

ヨンセ大学という、ミッション系の学校です。そこまで堅い雰囲気ではなく、リベラルな校風です。

こちらは、韓国の大学の中でも、とりわけ広大な敷地を持つ学校です。

山一つ分ほどありますので、まともに散策すると数時間かかります。

図書館や情報室などは学生専用ですが、学生食堂などは一般にも公開されています。

教授や助教授、大学院生や、軍隊帰りなど、出入りする年齢層が広すぎて、学生専用にできない実情もあります。

大学というよりは、大学街そのものに迷い込んだ気分になれます。

16:30 空港鉄道で仁川空港へと向かう

色々あって、明洞まで戻ってきました。ここから仁川空港へと向かう場合、2通りの方法があります。

北口付近ならば2号線で弘大入口(홍대입구)まで向かい、南口付近ならば、4号線でソウル駅へと向かうのがよいでしょう。

ソウル駅からは、仁川までの直通電車も出ていますが、普通列車に比べると割高です。

18:00 大韓航空ラウンジで旅の終わりに

大韓航空の利用時には、新ターミナルである第2ターミナルからの出発となります。

デルタAMEXゴールドカードを作成すると、エコノミークラス利用時にもスカイチーム用のラウンジが使えます。

今回は、大韓航空のビジネスラウンジへとお邪魔しました。

新しいターミナルのラウンジだけあって、非常に清潔で洗練された雰囲気でした。

カウンター席にはUSBジャックが設置されていますので、アダプターがなくてもUSBケーブル1本あれば、大抵の電子機器が充電可能です。

軽食は合計6メニューほどでした。生野菜が採れる点が嬉しいですね。

バーカウンターも設置してあり、ビールサーバーから生ビールを注いでくれる模様です。

スタッフが少ない時間帯だったのか、カウンター内に常駐していなかった点が残念です。

関連記事:作ってたくさん使うだけでゴールドメダリオン。デルタスカイマイルAMEXゴールドカードを持つメリットについて。

20:30 大韓航空KE719搭乗

往路と同じく、3×2列シートの構成。機内食の提供と共に、トイレの利用が混雑しますので、注意が必要です。

22:40 羽田空港帰着

ここからは、各々解散となりました。

横浜方面へと行く際は京急線を、東京方面はモノレールが近いです。

早朝着は何かと不便なので、できれば午前着か夜着にしておいたほうがいいと思います

大衆向けにもマニア向けにも徹しきれなかった点が心残りでした。

ソウルの道は、何気ない段差が多いので、足に自信のない方は、こまめに公共交通手段やタクシーを利用しましょう。

特に、往路深夜便からの観光は、想像以上に体力を消耗します。

着いたところで、すぐに観光もできませんし、ホテルのチェックインもできません。

また、韓国での利用空港が仁川であることも、旅程をハードにする一因です。

普通に観光を考えるならば、19:45羽田発の、KE2710 等を利用しましょう。

もし、それでも早朝着の飛行機しか取れないようでしたら、タビナカで現地ツアーを申し込めば、朝から日本語ガイド付きで観光ができます。

もちろん費用はかかりますが、専用車で移動となるため、タクシー代込みだと考えれば、人件費を考慮しても安いです。

参考:【ソウル満喫プラン!】深夜早朝に空港到着の方、弾丸旅行の方にオススメ!おすすめの観光スポットを半日で巡る!午前中有効活用できます!<日本語ガイド付き> - タビナカ

ソウルの観光情報や、旅の記録は、次の記事にまとめました。

関連記事:【韓国】ソウル在住経験のある私が厳選した、韓国旅行に役立つ記事まとめ。

プッシュ通知で購読

-旅グルメ, 旅日記, 韓国



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.