便利アイテム

これまでの一人旅で役立ったアイテムまとめ。経験上の必需品からニッチなネタ装備まで。

更新日:

私は旅に出るときは、可能な限り荷物をそぎ落とすタイプです。

旅立つ先に文明さえあれば、本当に必要なものは手に入るからです。

そのような中でも、最初から必要なものであれば、持参したほうがいいですよね。

私が旅の中でお世話になった道具たちを、厳選して記事にしてみました。

独断と偏見により旅で役立ったアイテムをまとめる

必需品

クレジットカード

直前の記事で書きましたが、必需品どころか、ないと危険なレベルです。

関連記事:【注意】これって危険?海外旅行でやってはいけないこと15選。

高額な買い物をするときの決済手段に、ホテルのデポジットに、病院の手配に。ATMでキャッシングもできます。

なくしても、カード会社に申告すれば不正利用は免れます。現金だと落としたら終わりですよね。まさに旅の命綱です。

USBケーブル

かさばりませんので、お手持ちの電子機器の数にあわせて、いくつかバッグに放り込んでおきましょう。

毎回、荷物に入っているのことに気づかない目立たない存在ですが、世界旅行においては無類の強さを誇ります。USBは世界共通規格の通信方式であり、同時に世界共通の充電方法でもあります。

飛行機内の充電ジャックや空港ラウンジのソケット、ホテルの充電口まで、最近ではUSBコンセントをよく見かけます。

ACアダプターやプラグを現地で調達すれば、スマホの電源を気にすることなく旅を続けられます。

中国で味わいましたが、見知らぬ土地でスマホの電池が2割を切ったときの不安感は、かつて感じたことがないほど強烈なものでした。

あるとやっぱり安心

モバイルバッテリー

電源の確保は、旅の不安を軽くしてくれます。2本もあれば、更に余裕が生まれます。

今日び、スマホの機能は多機能を極めています。中でも、写真機能の主流が、デジカメからスマホに映って久しいですが、その分スマホの電力消費は増加の一途をたどっています。

電池を気にして写真を撮れないなど、本末転倒です。気にするくらいなら予備電源を持っていきましょう。

ものによっては懐中電灯の代わりになったり、付加機能のついたものがあって便利ですよ。

充電容量と携帯性のバランスを取って持っていきましょう。

なお、預け手荷物にはモバイルバッテリーを入れることができません。忘れたころにやってしまうので、くれぐれもご注意を。

Wifiルーター

Wifiルーターのよいところは、多人数接続という面もそうですが、使用しないときにスイッチをオフにできるところです。

これは、通信機能と端末のバッテリーを分離させることによって、より電波を長持ちさせることにつながります。

スマホは通信機能と組み合わせて真価を発揮しますが、それ単体でも利用することがあります。音楽プレイヤーやGPSロガーとしての用途が大きいですね。

日本でレンタルして持っていけば、煩雑な設定もいりません。また、SIMカードを利用しての通信は、電波帯域の相性次第では、利用できない可能性もあります。Wifiは基本的に共通規格なので、どちらかといえば安定していますね。

メジャーどころだと、イモトのWifiが有名ですよね。私はあまりテレビを見ませんが、彼女の活躍はどこか憧れるものがあります。

空港でレンタルできるので、事前にSIMカードを買えなかったときはお世話になるかもしれません。肝心の通信性能については、いずれ検証してみたいところです。

ペンとメモ帳

機内での税申告の記入に必要……という面が一般的ですが、どちらかといえば筆談目的です。発音が通じなくても、アルファベットさえわかれば、紙に書いたほうがよく通じます。

特に、ローカル列車に乗る時は、前もって電車の番号を調べておき、行先と共にチケットカウンターに渡してしまいましょう。係の人も、窓口でまごつかれるよりも歓迎してくれるはずです。

なお、これは日本人の特権ですが、漢字の仕組みを理解していれば、多少の応用で中国旅行ができます。小中高と、何全文字も書き取ったかいがあるというものですよね。存分に日本人の強みを行使してやりましょう。

大衆受け度外視で個人的にイチオシ

コンパス

たとえ需要があろうがなかろうが、全力で推します。百均で手に入りますので、旅のお供にぜひ持って行ってください。

見知らぬ街で、北も南もわからずに歩けば、疲労感は倍増します。道を間違えることがあればなおさらでしょう。コンパス機能のついたスマホもありますが、電波が安定しない地域では、センサーが正しく機能しないことがよくあります。

私はこれまで、太陽と星の位置を適当に見て方向を定めてきましたが、7割がた失敗に終わっています。

北と南がはっきりするだけでも、旅のストレスは半分以下となります。個人的に、羅針盤を発明した人は、人類史上最高の発見者だと思います。

世界の街角で迷う前に、素直に地球の磁場を頼りましょう。大地の力はあなたを欺きません。

マネークリップ

毎度様々な記事でおすすめしますが、個人的にはマネークリップイチオシです。

いちいち説明するのもくどいので要点をあげますと、

  • かさばらない
  • 濡れても平気
  • 安い
  • クレジットカードが収納出来たりする

などです。

詳しくは次の記事からどうぞ。

関連記事:ミニマリストが海外旅行でマネークリップを持つべき5つの理由。

まとめ

必要最低限のラインでまとめてみましたがいかがでしょうか?

繰り返しになりますが、旅に出るときの荷物は少なくしましょう。単純に、荷物が重いと足が疲れます。疲れると、旅が楽しくなくなります。それに、お土産も入らなくなります。

ちょっと荷物が軽くて心細いくらいがちょうどよいです。本当に必要なものは、そこに文明さえあれば手に入りますので、あまり怖がらなくてもいいと思いますよ。

関連記事:【韓国】ミニマリストが持参する旅の持ち物。文明圏への5泊6日ならこれだけあれば十分でしょう。

googlead

googlead

管理人からのおすすめ記事

1

韓国一人旅1日目です。 羽田空港でのラウンジ紹介と、キンポ空港から市内への行き方を中心に書きました。 これからソウル観光をする方の道標になれれば幸いです。 目次旅日記1日目:羽田空港⇒金浦空港⇒シンチ ...

2

初の中国旅行1日目です。 東京駅近郊から成田空港へと向かい、上海浦東国際空港へと降り立ちます。 翌日の移動に備えて、上海南駅にホテルを取りました。クレジットカードも数枚持っています。 準備は万全のよう ...

3

デルタ航空の上級会員資格をもって、同社航空便を利用すると、一定確率でビジネスクラスにアップグレードされるといううわさがあったので試してみました。 私の個人的な体験によると、この噂は誠でありました。 本 ...

4

旅とグルメはワンセットです。 そんなわけで、旅行記の中で紹介した旅グルメのまとめページを作りました。 食は文化であり、旅とは新しい文化との出会いです。 旅先で出会う新しい味がなければ、旅行の魅力は半減 ...

5

特定の国に限らず、海外旅行全般でやってはいけないことをまとめました。 生命の危険にかかわることから、うっかりで済むことまで、私がこれまで体験してきたことを踏まえて整理しましたので、ぜひご一読ください。 ...

6

日本では禁止されて久しいですが、韓国ではまだ、ユッケとレバ刺しを食すことができます! 数年前の生肉食中毒死を受けて、日本では生肉が規制済みですが、脱法生肉が横行していることから、牛肉の生食ファンが根だ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

※【2018/9/15現在】2019/1/19までの申し込み限定で、最大47,000マイル(470万円のカード利用分に相当)の大型キャンペーン実施中です。 作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、魔 ...

9

セキュリポなる旅行用ウエストポーチがあるとの話を聞いたので、手に入れて利用したところ、大部分満足できたのでレビューします。 防水性の検証から実際の利用方法まで、いくつかの角度で利用価値を探ってみました ...

10

GoogleMapを使って、自分の移動したルート(タイムライン)をブログにアップする方法を紹介します。 リアル生活でのセキュリティ上重要な設定もありますので、最後まで読んでくださいね。 「タイムライン ...

-便利アイテム
-, ,

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.