マレーシア 観光地情報

ペナンヒル(Penang Hill)ケーブルカーの乗り方。週末の行列を甘く見てはいけない!

投稿日:2019/09/23 更新日:

ペナンヒルは、ペナン島の中心部にある山岳地帯です。

この記事では、絶景スポットのペナンヒルへのアクセスと、ケーブルカー利用時の注意点についてまとめました。

ペナン最高峰のペナンヒルは島中を見渡せる絶景スポット

ペナン島は、東海岸にフェリーポートと街があり、北部にリゾート、中央部に山岳地帯を抱えています。

それぞれにアクティビティがありますが、今回は山岳地帯のお話です。

ペナンヒルと呼ばれる一帯は、ペナン島の最高峰であり、ペナン市内を一望できる、非常に眺めのいい地域です。

ヒルと呼ばれていますが、丘というよりは、完全に山です。色々調べましたが、山の名前が出てこなかったため、ペナンヒルが正式名称かと思われます。

アクセスは悪くなく、波止場からは、204のバスで直接行けますが、ペナン島のバスは、市街地を曲がりくねりながら運行しており、街中の渋滞も激しいため、Grabタクシーを使うと楽です。

Grabタクシーは、アマチュアドライバーの配車サービスのことで、桟橋地帯からは、15リンギット(約400円)程度で行けるはずです。逆に、正規タクシーは、定額で40リンギット(約1,000円)程度します。

プリペイドSIMなどの電話番号と、クレジットカードが必要なので、条件をクリアしている人はチャレンジしてみるといいでしょう。

関連記事:Grab Carアプリの登録方法と使い方について解説。マレーシア旅行のタクシーはこれが一番安全。

頂上まではケーブルカーで一本。でも、並んでいる時間のほうが長いかも

頂上までは、通常、ケーブルカーでアクセスします。

ケーブルカーは、バス停に隣接しており、早朝深夜以外は、15分間隔で運行しています。

ペナンヒルの急な斜面を、ものすごい速度で駆け上がってくれます。なんでも、エレベーターの技術を応用しているとか。

乗車時間自体は短いのですが、チケットを買ってから乗るまでの待ち時間と、乗車時のぎゅうぎゅう詰めぶりが難点です。

ともあれ、観光客がペナンヒルの頂上へとアクセスする手段は、現実的にケーブルカーのみなので、ここでは、チケットを購入する2つの方法を紹介します。

現地でチケットを買う方法

建物に入ってすぐ左手に、ブースがありますので、こちらに並ぶことになります。

片道15リンギットですが、代替の交通手段がなければ、往復ともにケーブルカー以外の選択肢がないので、素直にRoundtrip(往復)と伝えましょう。

なお、めっぽうな距離を歩きますが、徒歩でも行けるようです。

無事乗車券を買えたら、カウンター横のスクリーンで、自分の待機番号が映し出されるまで待ちます。

番号が回ってきたら即乗車…というわけにはいかず、ここからさらに乗車待ちの列に並びます。これがまた長い。

入り口からぐるぐる回りこんでいくので、印象以上に列が長いです。

自分の記録を見たところ、通常のチケットなら、30分待ちです。その間、ファストレーン(優先列)を利用したとみられる人が、スイスイ右手をすり抜けていきます。

ファストレーンのチケットは、通常のチケットに加えて25リンギット、片道しめて40リンギット(約1,000円)です。

日本のアトラクションに比べると、ぜんぜん大したことないのですが、ここマレーシアにおいては、大金と感じるから不思議です。

時間を取るか、お金を取るか。古今東西、時間とお金はトレードオフの関係です。

オンラインでもチケットを買える

日にち指定はありますが、どのみち時間指定ができませんので、行列に並ぶ必要があります。

割引も特にないので、無理してオンライン購入することはありませんが、チケットブースに並ぶ時間を短縮できますので、行くと決まっているのなら、ネット予約しておくといいでしょう。

英語に自信のない方は、問答を避けることができるのもメリットです。

予約にはクレジットカードが必要なので、持っていなければ、年会費無料のカードでじゅうぶんなので、1枚作っておきましょう。

関連記事:エポスカードは「得しかしない」クレジットカード。年会費無料でも海外旅行保険が手厚い!

参考:Penang Hill - Tickets

頂上に着いたらスカイウォークからの眺めを楽しもう

ケーブルカーを降りたら、そこは標高800メートル付近です。最高峰は三原山より高いです。

心なしか、市街地よりも冷涼で過ごしやすいです。

山の斜面に通路が張り巡らされています。

ケーブルカーを降りてすぐに、案内板があるので、手始めにスカイウォーク方面へ行ってみるといいでしょう。

スカイウォークは、ここペナンヒルでも最高の写真スポットです。

山の斜面に桟橋のようなデッキが突き出ており、空中散歩を楽しめます。

欄干の外から撮るとこのような感じです。下半身がむずむずしました。

ペナンヒルの頂上駅付近には、寺院があったり。

フクロウミュージアムがあったり。

大砲が置いてあったりと、みどころ色々です。

台風体験なんていうアトラクションもありました。

半日程度は楽しめますので、時間に余裕をもってお越しください。

ペナンヒルケーブルカーの営業情報

ペナンヒルケーブルカーの営業情報です。

  • 住所:Bukit Bendera, Jalan Stesen, 11500 Ayer Itam, Pulau Pinang, マレーシア
  • 営業時間:6:30 - 11:00
  • 定休日:なし
  • 運賃:大人片道15リンギット、往復30リンギット(優先レーン利用時は片道25リンギット追加)
  • 備考:オンライン予約可能

参考:Penang Hill - Tickets

列に並ぶ覚悟さえあれば一見の価値あり

後になってみたら、観光していた時間よりも、列に並んでいた時間のほうが記憶に残っています。

片道30分待ちなので、並ぶのに1時間は見ておいたほうがいいです。

家族旅行でもつらいですが、一人旅にとっては、さらにつらいです。

人によっては、ケーブルカーにこだわらず、ハイキングコースを参考に、頂上まで行ったほうが楽かもしれません。

ただし、下層駅から頂上までは、高低差およそ700mなので、直線距離以上に疲れるのは覚悟すべきです。

参考:Hiking Trails of Penang Hill

参考:ペナン島のホテル情報 - Expedia

この後は、市街地北部にある海辺のフードコートで、ペナンの郷土料理をいただいてきました。

関連記事:ペナンの激安ローカルフードコートで食事してきたお話。Northam Beach Cafeで海辺の夕景とビールを。

関連記事:クアラルンプールからペナン島まで陸路での行き方。バスとフェリーで簡単にアクセスする方法。

googlead

googlead

プッシュ通知で購読

-マレーシア, 観光地情報



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.