旅の知恵

海外旅行でいらない持ち物について。それ現地でも買えますよ。

投稿日:2020/07/08 更新日:

この記事は海外旅行で必要な持ち物ではなく、いらない持ち物に着眼して書かれました。

筆者が実際の海外旅行を通じて得た教訓でもありますので、これから旅行の準備を始める前に、ぜひ目を通してみてください。

海外旅行の持ち物は持っていくものより減らすものを意識したほうが楽

海外旅行を準備するとき、往々にして足し算方式で荷物をそろえていく人が多数だと思います。

しかし、本当の意味で必要不可欠なものは、パスポートとクレジットカード、スマホと予備の現金くらいのものです。

荷物が増えることによる弊害は、次のようなものです。

  • 重い荷物で体が疲れる
  • 空港で荷物を預けなくてはいけない
  • 貴重品管理に気を遣う
  • お土産のスペースがなくなる
  • 保安検査場でうっかり没収されるアイテムがある

海外旅行を楽しむなら、荷物は軽く!が、旅慣れた人のキーワードだと思います。

海外旅行に持っていくと便利そうだけど実際そうでもないもの

旅行時に荷物を減らすことの優位性は、今述べた通りですが、具体的にはどういったものが不要だと言えるのでしょうか?

極論を言うと、パスポートとクレジットカード以外、持っていかなくてもなんとかなります。

空港があるような場所なら、ほぼ確実に市街地がありますので、生活必需品が手に入るからです。

私が考える不要なものの一例は次の通りです。

財布

真っ先に削りたいのが財布です。

特に、天然皮革の高級長財布なんて、持っていくべきではありません。

盗難リスクもさることながら、日本と違って気候の安定しない地域では、革が濡れて劣化してしまうこともあります。

カードポケットの多い財布だと、いちいち中身を入れ替えるのも面倒なことこの上ないです。

色々もったいないので、どうしても財布がなければ落ち着かないのなら、予備の財布や適当な安財布を持っていきましょう。

私としては、海外旅行にはマネークリップがいいと思っています。

金属製なら濡れても平気で、クレジットカードを収納できるタイプもあります。

チップ用の小額紙幣を取り出すのにも便利ですよ。

泊数分の衣服

旅行となると、着るものに気を配る人はいるかもしれませんが、反面、現地で着るものを調達しようとする人は少ないと感じます。

言葉の通じない地域での買い物に不安があったり、現地のファッションセンスが合わないことも理由かもしれません。

しかし、我々が普段から着用する衣服は、安価なものからブランドものまで、外国製が珍しくないということを思い起こしてみてください。

中国製やベトナム製の被服があふれている日本で暮らしながら、海外の衣服を敬遠するのは偏った見方なのです。

現地の買い物も、交渉が面倒だと感じるかもしれませんが、そもそも値札のない露店などを避けて、コンビニやスーパーなどで買い物をすれば、店員と会話する必要もありません。

ぼったくりが不安でも、自分の中で値段相応と感じたのであれば、お金を支払うのは間違った判断ではありません。

私は、くたびれた下着や服を着て行って、現地で新しいものと入れ替えてくることが多いです。

それでも服が足りなくなったら、ウタマロ石鹸で手洗い洗濯をしています。

  • 関連記事:作成中

紙の本

飛行機内や外国での長距離移動時に、暇つぶしは必要なものです。

選択肢としてよく挙がるのが文庫本などですが、はっきりいっておすすめできません。

理由は単純です。

  1. かさばる
  2. 重い
  3. スマホで代替可能

紙の本を持っていくくらいなら電子書籍デビューしましょう。

スマホやタブレット一台あれば、事実上無限に本を持ち歩くことができます。

また、飛行機や夜行バスが減光しても、おかまいなしに読むことができるのが、電子書籍の特権です。

海外旅行に紙の書籍を持っていく意味は皆無と心得ましょう。

翻訳機

最近、同時通訳機能に特化した翻訳機が登場していますが、これもやはり不要です。

通訳機能ならGoogleアプリにも備わっていますので、簡単な通訳程度ならスマホで済ませることができるからです。

今時海外にカメラを持っていく人が少ないのと同じような理由ですね。

そもそもですが、海外では人と話すことが少ないです。

英語を話さなくては!などと意気込んで出かけても、旅行スタイルによっては、まったく人と話さずに帰国するなんていうこともあります。

そもそも知人がいない国へ行くのだから、仲良く誰かとおしゃべりすることはないです。

買い物や食事だって、指差ししたり商品をキャッシャーに持っていくだけで、いとも簡単に終わるでしょう。

旅先で現地の人との交流といっても、仲良くなることはまれです。ある意味、教科書の中の妄想です。

むしろなれなれしく話しかけてくる人は、あなたをだまそうとしている可能性があるので、安易に信用しないようにしましょう。

それでも不安なら、まずは英語学習アプリを使って勉強してみてはいかがでしょうか?

英会話スクールに通うより、学習のハードルが格段に下がります。

みんな海外旅行にものを持っていきすぎる

冒頭でも述べましたが、海外旅行で本当に持っていくべきものはごくごく一握りです。

盗難リスクや破損リスクがあったり、荷物の重量が増えたり、空港でカウンターに並ぶ手間が増えたり、むしろものを持ちすぎることの弊害が大きいです。

私の場合、数泊程度の旅行なら、ボストンバッグ一つに着の身着のまま行くことも多いです。

短期旅行者の皆さん、必要不可欠のアイテム以外は家に残しておくと、身軽に旅ができますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

googlead

googlead

プッシュ通知で購読

-旅の知恵



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.