交通機関

2021年ANAプラチナ新条件について。クレジット決済額600万はいかほどのものか?

投稿日:

新型コロナウイルスの影響で航空事業が超低空飛行を続けている全日空ですが、上級会員獲得条件を一部変更した模様です。

プラチナ会員達成条件の中に、ANAカードもしくはANAペイの決済額600万円オーバーという項目があったため、達成可否について軽く考えてみました。

なお、あくまでも2021年限定のキャンペーン扱いで、既存のステータス獲得条件は維持されるそうです。

クレジット決済600万クリアするためにはどれほどの年収が必要か?

全日空の上級会員となるには、通常、たくさん飛行機に乗って、プレミアムポイントなるお得意様ポイントを集める必要があります。

この獲得条件が(おそらく臨時ですが)、別条件を提示されています。

それがこちら。

条件3種類となり複雑化していますね。

さて、特典がガツンと上がる「プラチナステータス」獲得のためには、ANAカードでの600万円決済が必要らしいです。これはいかほどのハードルなのでしょうか?

私は数年前からクレジットカード派で、家計簿もつけておりますので、参考までに私のデータを載せておきます。

まず、私自身の収入事情は以下の通りです。

  1. 税引き前年収600万円台(社宅等収入外の支給品ふくむ)
  2. 実質手取り年収500万円弱
  3. 貯蓄率20%
  • 可処分所得 =500万円 - (500万円×0.2) =400万円

実際、私のここ数年のクレジット利用実績(全社分)は次の通りでした。

月度利用額
2016年1月¥320,662
2016年2月¥144,638
2016年3月¥265,842
2016年4月¥223,260
2016年5月¥148,983
2016年6月¥240,663
2016年7月¥200,217
2016年8月¥380,203
2016年9月¥531,421
2016年10月¥318,356
2016年11月¥193,794
2016年12月¥374,032
2017年1月¥206,031
2017年2月¥171,448
2017年3月¥249,031
2017年4月¥382,425
2017年5月¥216,806
2017年6月¥218,031
2017年7月¥285,647
2017年8月¥179,118
2017年9月¥260,381
2017年10月¥210,287
2017年11月¥214,158
2017年12月¥301,429
2018年1月¥323,185
2018年2月¥190,912
2018年3月¥123,429
2018年4月¥302,787
2018年5月¥196,158
2018年6月¥301,820
2018年7月¥284,584
2018年8月¥230,782
2018年9月¥435,730
2018年10月¥195,913
2018年11月¥326,006
2018年12月¥329,574
2019年1月¥636,552
2019年2月¥230,467
2019年3月¥403,165
2019年4月¥311,551
2019年5月¥215,616
2019年6月¥225,230
2019年7月¥160,136
2019年8月¥204,567
2019年9月¥221,150
2019年10月¥237,247
2019年11月¥442,050
2019年12月¥381,829
2020年1月¥483,461
2020年2月¥221,786
2020年3月¥244,701
2020年4月¥419,859
2020年5月¥168,417
2020年6月¥492,320
2020年7月¥292,419
2020年8月¥347,949
2020年9月¥291,447
2020年10月¥697,928
2020年11月¥268,299
2020年12月¥359,192
  • 1700万円 ÷ 5年 = 340万円 / 年

数値を見るとわかるかもしれませんが、貯蓄と家賃以外のほとんどはカードで決済しています。

それでこの数値です。半分程度しか達成できていません。

考えれば単純な話で、600万円の決済額が条件ということは、最低でも可処分所得が600万円以上ないといけないということ。

つまり、税金と社会保険料等の控除率を約2割と仮定した場合、税引き前の年収は次のレベルが最低条件となります。

  • 600万円(手取り年収) = 600万円 / 0.8 = 750万円(税引き前年収)

もちろん、カード決済できない支出や、貯蓄を考慮すると、さらに年収アップが必要です。

個人的な感想ですが、ざっと800万円程度が最低年収ではないでしょうか?

カード年間決済額600万円はクレジットカード主義者でも厳しい

さて、可処分所得のほとんどをカードで決済したとしても、600万円は厳しい数値だという結論に達しました。

共働き夫婦だとしても若年層には厳しい水準です。

ましてや単独で800万円となると、大企業の課長レベルでもないと届きません。

航空事業の業績悪化が背景にあるキャンペーンですが、もう少しハードル低くしてもよかったのではないでしょうか?

正直、年間カード決済額600万円を目の当たりにするだけで、庶民の大部分はキャンペーン参加を見送ると思います。

googlead

googlead

プッシュ通知で購読

-交通機関
-



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.