マレーシア ローカル情報

【マレーシア】クアラルンプールのセントラルマーケットで見つけたカシミヤストール。格安でもため息が出るほど極上だった。

更新日:

クアラルンプールのおススメお土産情報です。

セントラルマーケットでは、日本で買うよりも数段美しく、肌触りの良いカシミヤストールが、格安で手に入ります。

私個人(男性)と、お土産を配った数人(女性)の感想ですが、全員が絶賛でしたので、よほど生地にこだわりのある方でなければ、大部分満足できるのではないでしょうか?

「せっかくマレーシアに来たけど、チョコレート以外の買い物なんて思い浮かばない!」とお嘆きのあなた。

今回、私が実際にお土産を選んだお店を記事にしましたので、お土産選びに悩んでいるようでしたら、一度ご覧になってください。

クアラルンプール市内で見つけたカシミヤストールが絶品だった

マレーシアは、日本と比べて物価の安い国です。

食堂での食事は180円、市内バスは30円、2GBのSIMカード300円、首都から国境までの長距離列車が1,300円強などなど、東南アジアらしさが随所に見られます。

東南アジア価格は、土産物にも当然反映されており、日本では考えられない値段で、良質の土産が手に入ります。

ここでは、特にカシミヤストールを買えるお店を紹介します。

※2019/1/11現在  1MYR(マレーシアリンギット) = 26.46JPY(日本円)

クアラルンプールでカシミヤストールを買えるお店はセントラルマーケットにある

クアラルンプール市内の中心地にある、セントラルマーケットです。

だいたいのお土産はここでそろうでしょう。

営業時間は午前10時から午後10時までです。

クレジットカードは、店ごとに対応していたりしていなかったりしますので、現金を用意しましょう。

マーケット内部にATMがあります。

正面から入ると、アジアンテイストなお出迎えです。

店内は2階建てで、全体的にエキゾチックでカラフルな光景が見られます。

韓国の衣料品市場などと比べると、整然としており、開放感があります。

スイーツのお店もそこそこあるので、糖分と水分の補充にどうぞ。

衣類の他に、ピューター(錫)でできた製品も多く見られます。

以前訪れた際には、常滑に行ったことがあるという店員さんがいました。

セントレアからも直行便があるから、そのおかげでしょうか。

何故か強烈におススメされたナマコ石鹸なる代物です。5年ほど前に訪れたときには、売っていなかったと思います。

日本語で呼び込みをしていたので、日本人がターゲットです。

具体的に何がよいか聞いてみましたが、英語で聞いても日本語で聞いても、答えは帰ってこなかったので、物は試しに買ってみました。

各種、安らぎを覚える香りを放っており、包装も民芸風でかわいらしいので、女性へのプレゼントによろしいかと思います。保湿効果もたっぷりとの口コミです。

写真の値札は3個で60リンギット(約1,600円弱)ですが、ばら売りだと3個で30リンギット(約800円)でした。

やや割高感がありましたが、何事も経験です。

関連記事:【マレーシア】ナマコ石鹸って聞いたことある?値段はいくら?答えはここ、クアラルンプール駅近くのセントラルマーケットで。

セントラルマーケット1階の隅にあるストール専門店の紹介

セントラルマーケットには様々なアイテムがありますが、中でも目を引いたのが、ストールやマフラーでした。

ウール、カシミヤ、綿に、パシュミナまで1店舗でそろっており、非常に見ごたえがありました。

店員のお姉さんに聞いたところ、カシミヤマフラー1着で30リンギット(約800円)。数着買うと割引があるとのことです。

しかし、日本のデパートなどでカシミヤ製のストールを購入すると、10,000円近くするはずです。

「本物か?」との思いが脳裏をよぎりましたが、触れた手には、良質な天然素材特有の、しっとりと濡れたような感触が。

軽く握って離してみても、コシがしっかりしていて、まったくしわになりません。

羽のような軽やかさの中に上品な重厚さ。ある種の二律背反を覚えます。

もう少しお話を聞いてみると、会社はクアラルンプールにあり、インドなど、近場の諸国から生地を取り寄せたり、製品そのものを仕入れているとのことでした。

それにしても、日本を基準に考えると、破格を通り越しています。

色々迷いましたが、訪れた季節が1月だったので、どのみち日本で使うストールが欲しかったところでした。

「生地は格ではなく感触」が信条なので、自分の直感を信じて、数着買うことにしました。

カシミヤおよびパシュミナストール、合計4着で130リンギット(約3,500円弱)でした。

お店はマーケットの隅に位置しています。伝票には【W-02】と書いてあったので、多分西側でしょう。

1階外周部をぐるぐる回っていれば巡り合えます。

英語の流ちょうな店員さんに店名を尋ねたところ、お店の名前はないとのこと。

「それでは、【No-Signboard(名無しのお店)】と紹介しておきますよ」と言って、お店を後にしました。

おみやげアルバム【#001】クアラルンプール市内セントラルマーケットのカシミヤストール(2019/1/11)

  • 質:★★★★
  • 安さ:★★★★
  • 携帯性:★★★
  • 実用性:★★★★★
  • 名物度:★★★★

総評:★★★★

値段:30リンギット~(約800円)

場所:クアラルンプール市内セントラルマーケット1F

コメント:手触りしっとり、リーズナブルさとは裏腹に、本格的な柔らかさが魅力です。日本で使うのもよいですが、東南アジアの乗り物は、冷房効きすぎなことが多いので、1着持っていると重宝するでしょう。

備考:店員のお姉さんが、ネイティブ並みの流ちょうな英語で、マシンガントークを繰り広げてくれます。英語の練習にちょうどいいのではないでしょうか。

セントラルマーケット営業情報

営業時間:10:00 - 22:00

定休日:なし

空調:あり

言語:マレー語、英語

注目商品:カシミヤ製品、反物、錫(ピューター)製品、ナマコ石鹸、スイーツ

周辺の見どころ:マスジジャメ(国立モスク)、旧クアラルンプール駅、チャイナタウン など

ホームページ:Central Market

KLセントラル駅バスターミナルからセントラルマーケットへの行き方

クアラルンプールでお土産を買うのであれば、セントラルマーケットを外すことは、まずないでしょう。

お土産購入の有名どころですので、今さら解説の必要もないかと思いますが、クアラルンプール空港から、バスでKLSentralまで着いたときのルートを書きます。

バスを降りると、壁面に、各種交通機関への案内がありますが、通りへ出るのであれば、逆方向です。

矢印に従って進むと、駅構内へと行く模様です。

案内の逆方向へ。

しばらく駅の高架下を進むと、通りに出ます。

左手に少し歩くと、バス停が見えますので、ここからバスに乗りましょう。

地図にマーキングしておきます。

【SUSANA SENTRAL LOFT】というバス停から、3つ先の停留所で、乗り換えもないので非常に楽です。

バス番号は、次の4つの内いずれかです。

  • 822
  • BET4
  • BET3
  • 821

運賃は先払いです。

私が乗ったバスは、1リンギットを運賃箱に入れて、わざわざレシートまでくれました。

タクシーのぼったくりが横行している中、非常に健全な運営です。

電車でもタクシーでもたどり着けますが、参考までに。

まとめ:セントラルマーケットのカシミヤは、格安でも極上の肌触り

格ではなく感触、などとうたった手前、開封するまでは不安でしたが、一度身に着けてみれば、杞憂ということがわかりました。

手前が今回買ったストールですが、生地の滑らかさ、艶、感触、すべてが極上です。

復元力に富み、折りたたんだ状態で持って帰ってきたにもかかわらず、つるして霧吹きをかけるだけで、すぐにしわが伸びました。

ドレープも色気があって、非常に美しいです。

日本で1万円ほどしたストールとの比較です。

キメの細かさが見て取れます。新品という点を加味しても、ほつれがまったく見当たりません。

上には上がありますが、値段で考えると、非常に好印象です。

寒い日本から来たあなた、はたまた、これからマレーシアの極寒(?)鉄道に乗るというあなた。

一着手に取って、気に入ったものがあれば、思い切りが必要な値段でもないので、気軽に買ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:作成中

googlead

googlead

管理人からのおすすめ記事

1

韓国一人旅1日目です。 羽田空港でのラウンジ紹介と、キンポ空港から市内への行き方を中心に書きました。 これからソウル観光をする方の道標になれれば幸いです。 目次旅日記1日目:羽田空港⇒金浦空港⇒シンチ ...

2

初の中国旅行1日目です。 東京駅近郊から成田空港へと向かい、上海浦東国際空港へと降り立ちます。 翌日の移動に備えて、上海南駅にホテルを取りました。クレジットカードも数枚持っています。 準備は万全のよう ...

3

デルタ航空の上級会員資格をもって、同社航空便を利用すると、一定確率でビジネスクラスにアップグレードされるという噂があったので試してみました。 私の個人的な体験によると、この噂は誠でありました。 結論的 ...

4

旅とグルメはワンセットです。 そんなわけで、旅行記の中で紹介した旅グルメのまとめページを作りました。 食は文化であり、旅とは新しい文化との出会いです。 旅先で出会う新しい味がなければ、旅行の魅力は半減 ...

5

特定の国に限らず、海外旅行全般でやってはいけないことをまとめました。 生命の危険にかかわることから、うっかりで済むことまで、私がこれまで体験してきたことを踏まえて整理しましたので、ぜひご一読ください。 ...

6

日本では禁止されて久しいですが、韓国ではまだ、ユッケとレバ刺しを食すことができます! 数年前の生肉食中毒死を受けて、日本では生肉が規制済みですが、脱法生肉が横行していることから、牛肉の生食ファンが根だ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、夢のようなクレジットカードが存在します。 それがデルタAMEXゴールドカードです。 長文記事なので、 「とりあえず今やっているキャンペーンだけでもみたいんだ! ...

9

セキュリポなる旅行用ウエストポーチがあるとの話を聞いたので、手に入れて利用したところ、大部分満足できたのでレビューします。 防水性の検証から実際の利用方法まで、いくつかの角度で利用価値を探ってみました ...

10

GoogleMapを使って、自分の移動したルート(タイムライン)をブログにアップする方法を紹介します。 リアル生活でのセキュリティ上重要な設定もありますので、最後まで読んでくださいね。 「タイムライン ...

-マレーシア, ローカル情報
-, ,

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.