マレーシア

クアラルンプール駅近くで、無料の博物館を見つけたので記事にします。国立繊維博物館(Muzium Tekstil)のお話。

投稿日:

今回紹介するのは、マレーシアの国立繊維博物館というところです。

マレーシアの紡績に関する歴史や技術、服飾文化を垣間見ることができます。

プラナカン文化で名高い、ババニョニャファッションも展示されていますので、好きな人にはちょうどいいでしょう。

観覧料が無料の割に、展示物が充実しています。

クアラルンプール市内のアクティビティは、そこそこ値が張りますので、無料の観覧施設を上手に活用したいところですね。

国立繊維博物館は、セントラルマーケットの近くにある、昔ながらの建物を改修した博物館

ここはクアラルンプールの市内バスターミナル、パサール・スニ(Pasar Seni)です。

パサール・スニが地名なのか、はたまたマレー語で中央市場なのかわかりませんでしたが、ともかくセントラルマーケットの最寄バスターミナルです。

電車の駅が併設されており、少し歩くと、地方へと向かう鉄道駅があるため、クアラルンプールでも交通の要所になっています。

関連記事:【1日目・マレーシア】クアラルンプールからシンガポールまで国境を越えて。JBSentralまでの長い一日。

そんなセントラルマーケットの裏手を抜けて、少し歩くと、歴史がかった建物が見えてきます。

建築様式にはあまり詳しくないのですが、コロニアル調とでもいうのでしょうか。

ナショナル・テキスタイル・ミュージアム。

つまるところ、国立生地博物館です。

マレーシアは紡績がさかんなようですね。

以前セントラルマーケットへと立ち寄ったときに、店員のお姉さんが教えてくれた気がします。

関連記事:【マレーシア】クアラルンプールのセントラルマーケットで見つけたカシミヤストール。格安でもため息が出るほど極上だった。

看板を見ると、スタンプラリーのチェックポイントになっているようです。

せっかくだから登録しておけばよかったと思いましたが、それだと、行きたいところに行けないのが悩みどころ。

受付に芳名帳のようなものがあり、名前を書いて入場します。入場料などはありませんので、気楽に立ち寄れます。

国営の博物館は、けっこうな確率で無料開放されており、国が見せたいものが展示してあるので、見ごたえがあるように感じます。

ソウルやシンガポールでも同様でした。

関連記事:【韓国】初めてソウルへ行く人が訪れるべき定番スポット10選。

関連記事:【3日目・シンガポール】クアラルンプールからシンガポールまで国境を越えて。シンガポールでも安く観光しようと思えばできる。

念のため、受付のおじさんに、写真を撮っていいか聞いたところ「いいよ!」とのことでしたので、遠慮なく撮りまくってきました。

展示室内は、生地の劣化を避けるためか、薄暗く、落ち着いて観覧できます。

私が入場したのは朝の9時ごろだったので、一番乗りだったようです。

時折、このように蝋人形が現れるので、ドキッとします。

というより、そこかしら蝋人形だらけです。

機織機のようですね。

機織道具や、生地の製法などが、細かに展示されており、気合の入りようが伝わってきます。

悲しいかな、少しも人影がいませんでしたが。

静寂が白亜の壁にしみこんでいました。

通路の奥にはコーヒーショップが。

営業時間外だったのか、改修中だったのか、扉はしまっておりました。

中庭が休憩スポットになっており、涼しいです。

中庭の近くにトイレがあるので、一休みするとよいでしょう。

清潔でした。

2階では、プラナカンの服飾文化が展示されていました。

ここへ来る前の日まで、ババニョニャ文化の本場マラッカにいたため、少し懐かしい気持ちになってしまいました。

関連記事:ババ・ニョニャヘリテージ博物館(Baba And Nyonya Heritage Museum)は、マラッカプラナカン文化の象徴。

関連記事:【マレーシア】東西が交わる世界遺産の街。古都マラッカのおススメ観光スポットまとめ。

 

1階をぐるっと見て回ると、入り口に戻ってきますが、まだ2階の展示室がありました。

相変わらずお客さんがいないのか、展示量の割にひたすら静かです。

2階の展示室では、蝋人形のかわりにマネキンが迎えてくれました。

奥に座る場所があるので、一休みできます。

マレーシアの民族衣装各種です。

全体的に華やかな色どりが印象的でした。

国立繊維博物館(Muzium Tekstil Negara)の営業情報

クアラルンプール市内の繊維博物館の営業情報です。

Negaraは国立という意味のようですね。

  • 住所:26 Jalan Sultan Hishamuddin 50050 Kuala Lumpur
  • 電話番号: 03-2694 3457 / 03-2694 3461
  • メール:prmuziumtekstilnegara@gmail.com
  • 営業時間:9:00 - 18:00
  • 定休日:ハリ・ラヤ期間は休館
  • 入場料:無料
  • 備考:なし

参考:Muzium Tekstil Negara

セントラルマーケットが10時からなので、その前に立ち寄ってもいいかも?

地図で見るとわかりますが、国立繊維博物館とセントラルマーケットは、目と鼻の先にあります。

開館後まもなくは、週末でも人があまりいないため、落ち着いて観覧できます。

ゆっくり生地の彩りを楽しんだ後は、実際の市場で、マレーシアの服飾を楽しんでみてはいかがでしょうか?

一度で二度おいしい博物館めぐりになるでしょう。

関連記事:【マレーシア】クアラルンプールのセントラルマーケットで見つけたカシミヤストール。格安でもため息が出るほど極上だった。

関連記事:【マレーシア】ナマコ石鹸って聞いたことある?値段はいくら?答えはここ、クアラルンプール駅近くのセントラルマーケットで。

マレーシアの観光は、オプショナルツアーを利用すると、日本語ガイドつきで、一気にお手軽になります。

参考:クアラルンプールのオプショナルツアー一覧 - タビナカ



0

googlead

googlead

人気記事一覧

1

これまでに、当サイトで作成した、韓国旅行に関する記事をまとめました。 基本的に、どの記事も実体験に基づくものであるため、旅人目線で役に立つと思います。 「韓国旅行を計画しているけど、どこから調べればい ...

2

クレジットカードといえば、アメリカンエキスプレス、それもゴールドカードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか? 昨今、昔ほどのステータスはないようですが、その分カードに付帯した特典はパワーアップし ...

3

2019年の5月に訪れた、マレーシアのマラッカについてまとめた記事を投稿します。 「クアラルンプールは飽きたから、マレーシアの地方に行ってみたい」 「マレーシアのおいしい伝統料理を食べたい」 「とにか ...

4

日本からのデルタ航空発着便が、成田空港から羽田空港へと、全便移管することになりました。 デルタ航空の案内文と、エコノミークラスでもお得にデルタ航空を乗りこなす裏ワザについて記事にしましたので、これから ...

5

海外旅行程度では、英語を使わずに済むことも多いですし、そもそも英語の通じない地域もたくさんあります。 それでも英語を身に着けたい、という方に、これまで私が試してきた、様々な英語学習方法についてまとめま ...

6

当サイトでは、管理人の海外旅行経験をもとに、旅行をスムーズにするための記事を書いています。 今回は、空港での過ごし方に着目した記事をまとめました。 これから出発の方も、旅行を検討中の方も、一度目を通せ ...

7

中国の首都は北京ですが、北京駅からはたくさんの長距離列車が走っています。 今回の旅行記では、北京から南京を通って上海まで、列車を利用して旅してみました。 行けども行けども陸ばかりの中国長距離列車紀行で ...

8

作ると航空会社の上級会員資格を取得できる、夢のようなクレジットカードが存在します。 それがデルタAMEXゴールドカードです。 長文記事なので、 「とりあえず今やっているキャンペーンだけでいいから見たい ...

9

ANAスーパーフライヤーズカード(以下SFC)の申し込み権を手に入れると、実際は、いつ申し込もうか悩んでしまいませんか? 私の場合、SFCカードには大して興味もなく、いつの間にか申し込み資格が備わって ...

10

飛行機に乗ったことのある人なら、一度は聞いたことのある「ビジネスクラス」。 実際に検索してみると、目を疑うほど高い。はたして、それほどの価値があるのか、気になっている方も多いでしょう。 この記事では、 ...

-マレーシア

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.