旅の知恵

変圧器、覚えていますか?重くて大きいので短期の海外旅行には不要です。

投稿日:2019/10/28 更新日:

私が若いころは、海外旅行といえば言葉と電圧の違いが、よく話題に上がっていましたが、私自身は一度も使ったことがありませんでした。

もしかして、変圧器って、海外旅行に不要なのでは?と思い、記事にまとめてみました。

短期旅行で変圧器を使ったことは一度もなかった

もしも今、旅行の準備をしていて、変圧器を持ちもの候補に入れているなら、すぐにリストラしましょう。

日本でしか売っていない電化製品が、まったくないとは言いませんが、多くは海外の製品で代用できます。

本当に必要なものは、現地で買えばいいことです。

どうしても日本にしかないような、特殊なエレクトロクスでも、短期滞在で使う必要があるのか疑問です。

長期滞在ならいざしらず、短期旅行のために、重くて大きな変圧器を持っていく必要はないと思います。

世界共通の電源規格はUSBだと思う

世界でもっとも多く使われているコンセント形状は、Aでしょうか?Bでしょうか?

様々な意見があるかと思いますが、私個人としては、そのいずれでもなく、USBこそが新世界の標準コンセントだと、勝手に思っています。

なんといっても、対応機器が爆発的に増えてきたので、USBケーブル1本あれば、どんなものでも充電できる気軽さがいいです。

アダプターの形状が、現地のソケットに対応していれば、USBケーブルをさしこむだけで、万能充電器に早変わりしてくれます。

特にスマートフォンは、USBを採用していないものを見つけるほうが難しいでしょう。

関連記事:海外旅行におけるスマホの電池切れ対策について。

変圧器の代わりに必要なものがあるとしたら、それは「プラグ」と「USBケーブル」それに「ACアダプター」です。

ACアダプターの表記を見るとわかりますが、ほとんど100Vから240Vまで対応しています。

電圧を変える必要に迫られるケース自体、減ってきているのです。

プラグは現地のコンビニなどで安く購入できることが多く、ACアダプターは、多くの電子機器購入時に、セットになっています。

新しめのホテルや空港ラウンジでは、USB専用のソケットが設置されていたりもします。時代の流れですね。

あえて高価な変圧器は持っていくこともないでしょう。

これまで何度となくUSBモバイルバッテリーに救われてきた

私は海外旅行に、必ず予備のバッテリーを持っていくことにしています。

先にも述べましたが、最近の電子デバイスは、ほとんどがUSB電源に対応しています。

USB式のモバイルバッテリーは、ケーブルさえ調達できれば、コンセントすら不要の万能電源になってくれますので、電源を調達しづらい海外では、強い味方になってくれるでしょう。

特に海外では、GPS機能を利用することが多いため、スマホのバッテリーを酷使します。

交通網や情報インフラが整備され、今までよりも色々な国へ行くことができるようになりましたが、その分、地図アプリが利用できないと、それはもう苦労します。

中国旅行でネットにつながらなかったときは、かなり苦労しました。

関連記事:【中国】北京から上海まで陸路で。南京行きの寝台列車で目が覚めて。【2日目】

モバイルバッテリーがあれば、予備の命綱が1本増えるような安心感がありますので、海外旅行には必ず持っていきましょう。

中国や東南アジアのホテルで、電源設備に不安があるときにも使えます。

関連記事:海外でスマホを充電するとビリビリする?モバイルバッテリーを利用すると安心。

旅行の荷物は、軽く!少なく!!を意識して

海外旅行は、必要なものよりも不要なものを見極めることが大事です。

理由は単純で、いらないものが多いとバッグが重くなり、歩いていて疲れるからです。

疲れると、楽しめるはずの旅行を楽しめなくなるので、何をしに行ったかわからなくなります。

私は何十回と海外旅行に出ており、大学も4年間ソウルにいましたが、一度も変圧器のお世話になったことがありませんでした。

一般的な旅行者にとって、変圧器は不要と言い切ってしまってもいいのではないでしょうか?

関連記事:【注意】これって危険?海外旅行でやってはいけないこと15選。

関連記事:ミニマリストが持参すべき旅の持ち物。文明圏への5泊6日ならこれだけあれば十分でしょう。

googlead

googlead

プッシュ通知で購読

-旅の知恵



Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.