グルメ 韓国

【韓国】生肉好き朗報!ユッケとレバ刺しの名店チャメチプのお話。

更新日:

日本では禁止されて久しいですが、韓国ではまだ、ユッケとレバ刺しを食すことができます!

数年前の生肉食中毒死を受けて、日本では生肉が規制済みですが、脱法生肉が横行していることから、牛肉の生食ファンが根だえたわけではなさそうです。

あくまで自己責任……と予防線を張っておきますが、韓国ではいたって普通に生肉を食べていますのでご紹介します。

まあ、それ言ったら、刺身も生の貝類もチーズも、本気で規制されたら食べられないものばかりなんですが。

それじゃあ、つまらないですよね、人生。



韓国ではいまだにユッケとレバ刺しを食べられる!

冒頭でも述べましたが、ユッケにレバ刺し、あります!

実食レポ含めて、ソウルで生肉を食せる有名店をご紹介します。

生肉の食べられるお店はここにある!ソウル市クァンジャン市場の名店チャメチプについて

※2018年8月現在の情報です。

アクセス

チャメチプですが、トンデムン市場からやや西寄りに歩いた、【광장시장(クァンジャンシジャン)】という市場の中に入っています。

行き方がわからなければ、タクシーの運転手さんにこの文字を見せましょう。

【광장시장으로 가 주세요.】(クァンジャンシジャンに行ってください。)

公共交通機関での最寄は、地下鉄チョンロ5番街です。

宮殿付近のクァンファムンからなら、タクシーを利用するか、ウルチロ4番街から北上しましょう。そこまで遠くありません。

北口の、薬局がやたら多い通りの入口です。

薬やだらけの入口が不安をあおりますが、お店の衛生管理は抜かりないので、ご安心を。

生肉というデリケートな食材を扱い続けて40年やっているほどの実績です。

場所は、市場の北門付近です。

市場の中で자매집(チャメチプ)という字を見せれば、誰かしらわかるほどの有名店です。

下の看板を探してください。市場の北側の路地にあります。

営業時間

10:00~22:00

日曜日定休

※ここに限らず、市場のお店は日曜日定休が多いので、観光の際には注意しましょう。

値段

オーダーのときには下のハングルを見せてください。

  • 육회(ユッケ):12,000ウォン(約1,200円)
  • 간 천엽(レバ刺し・センマイセット):12,000ウォン(約1,200円)
  • 막걸리(マッコリ):4,000ウォン(約400円)
  • その他:牛肉スープ、生ニンニク、青唐辛子等サービス

なお、クレジットカード先進国の韓国らしく、カード決済が利用できます。

入会金・年会費無料のエポスカードでも、海外旅行保険ふくめて、十分役に立つでしょう。

感想

ユッケももちろんおいしいのですが、私としてはレバ刺しの甘くてシャキシャキした食感が最高でした。幸せの味がします。

新鮮ではないレバーはぐんにゃりしていますが、韓国では鮮度の管理が厳しいそうで、そのようなレバ刺しに出会ったことはありません。

レバ刺しセットは、交渉次第でハーフサイズを注文できます。

表記は基本的に1人前の値段ですが、韓国の1人前は、往々にして2人で食べることを前提としていますので、日本の常識を持ち込まないほうがいいです。

できれば、仲間を連れていきましょう。

まとめ:生カキ食べるくらいなら韓国で生肉食べたほうが安全では?

そもそも生カキの毒素は、海水由来の生体濃縮が原因です。

つまり、カキそのものが悪いのではなく、原因となる海水やらなんやらを貯めこんで発症するのがカキの食中毒です。

それに比べると、まともな飼料を食べて育った牛ならば、毒素の生態濃縮は起こらないのではないか?と素人考えながら思ってしまいます。

海水って、餌に気を付けようが気を付けまいが、勝手にさらされるものですから。

個人的な経験で恐縮ですが、私自身、肉刺しの類を食べておなかを壊したことは、これまで一度もありません。

逆に生のカキを食べておなかを壊したことは、2度3度ほどあります。もはや加熱なしでは食べようとも思いません。

日本で牛肉の生食が禁じられたのは、一部の不衛生な管理をしていたお店による、いわば連帯責任のようなもの。

私としては、生肉よりも魚介類の生食のほうが、被害者が多いと思うのですが、いかがなものでしょうか?

追記:もしもお腹が痛くなったら……

海外旅行の際、気を付けていてもやってくるのが、食当たりと水当たり。

慣れない土地と、長距離の移動で、疲労が増していると、危険度も上がります。

今回のユッケは、品質管理がしっかりしていたので、問題ないと思いますが、もしも、渡航先でお腹が痛くなったら、カード付帯の海外旅行保険を利用して、病院にかかれます。

別記事に、カード付帯の保険を使って、帰国後にかかった医療費を補填してもらった体験をまとめました。

関連記事:デルタAMEXゴールドカードの海外旅行保険金を申し込んだお話。日本に帰ってきてから病院に行っても間に合います。

関連記事では、デルタAMEXゴールドカードを例にあげましたが、エポスカードでも、200万円以上の海外旅行保険が自動付帯します。

「年会費のかかるカードはちょっと……」という方には、入会金・年会費無料のエポスカードがオススメです。

関連記事:エポスカードは万人受けの「得しかしない」カード。初心者の一枚から海外旅行保険のお供に。

生肉を食べる前のお守りとして持っておくと、安心です。

参考:エポスカード公式

googlead

googlead

-グルメ, 韓国
-

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.