中国 旅日記

【中国】上海から紹興へとローカル列車で行ってきたお話【出発前】。中国は奥が深いのでちゃんと準備してから行きましょう。

投稿日:2018/07/22 更新日:

これは2017年10月のお話。

職場でバースデー休暇なるものを実施しているので、どこかへ出かけることにしました。

GoogleMapを適当に眺めていると、大陸のほうに「紹興」の文字が。そういえば、中国は1度も行ったことがありませんでした。上海から近いようですし、線路も通じているとのこと。

名前から察するに、美味しい紹興酒が飲めそうだという、安易な発想から始まった旅ですが、想像を上回る厳しい旅程となりました。

ここでの経験は、先日の記事、【注意】これって危険?海外旅行でやってはいけないこと15選。の中で存分に生かされていますので、ぜひご一読ください。

今回の旅について

※2018/7/15現在 1CNH(中国元) = 16.84JPY(日本円)

旅程

  • 2017/10/13 成田空港⇒浦東空港⇒上海南駅
  • 2017/10/14 上海南駅⇒紹興駅
  • 2017/10/15 紹興北駅⇒龍陽路駅(上海)
  • 2017/10/16 龍陽路駅⇒浦東空港⇒成田空港

移動手段・便名等

  • デルタ航空(DL295/DL296) / 767-300 (WL)
  • 空港バス 20CNH
  • 火車(T135)上海南駅⇒紹興駅 37.5CNH

参考:Shanghai to Shaoxing Train Schedule & Ticket Prices - China Train Guide.com

  • 中国高速鉄道(G7510) 紹興北駅⇒上海虹橋駅 92.5CNH
  • Maglev(リニアモーターカー)

参考:Shanghai Maglev Transportation Development Co. Ltd

航空券代

旅行代金
内容大人
航空券料金21,500円
国内空港使用料2,610円
その他諸税等4,500円
一人当たりの料金合計28,610円
利用人数1名
小計28,610円

ご請求金額
(クーポン適用前)28,610円
クーポン割引金額3,000円
ご請求金額25,610円

今回も、航空券の予約にはサプライスを利用しました。

上の明細からもわかりますが、正規割引運賃からさらに3,000円引きとなっています。

PEXは、ほとんどどのサイトも横並びですが、不定期に配信されるクーポンを利用すると、とたんに最安値となる確率が上がります。

普通に正規割引チケットを購入するのであれば、今のところ一番おススメのサイトです。

参考:航空券予約 サプライス

費用明細

No.日付費目摘要
12017/7/19¥25,610デルタ航空(サプライスクーポンで3,000円引き)
22017/10/3¥1,500SIMカード(amazon)
32018/10/13¥3,905格林豪泰酒店(上海南)
42017/10/13¥17,071キャッシング
52017/10/13¥216海外キャッシングATM手数料
62017/10/14¥4,119錦川之星宿泊(龍陽路)
合計¥52,421中国では銀聯カード以外のクレジットがほとんど使えないため、まとめてキャッシングでの資金調達となった。

こんな人におススメ

  • 中国の古都の雰囲気が好き!古民家のような宿に泊まりたい!
  • 大陸のケタ外れのスケール感を味わいたい。
  • 常識を超えた美味しい紹興酒が飲みたい!

こんな人にとってはイマイチ

  • 日程厳しすぎませんか?
  • ローカル鉄道で3時間以上立ちっぱなしになる可能性があるのは辛い……
  • 英語通じないのは正直怖い!
  • 歩く距離長すぎ!中国広すぎ!!

おすすめアイテム

  • 【銀聯カード】おすすめというより、中国旅行のマストアイテムです。
    あるとないとでは、資金調達の難易度に天地ほどの差が出ます。旅慣れた人もそうでない人も、必ず作った後に出かけてください。私は忘れていって後悔しました。
  • 【SIMフリースマホ】日本語での情報はほとんどないと思ってください。英語に自信があっても、英語通用率自体が高くないので、保険的な意味合いでは必須アイテムです。
    Google翻訳とセットで通訳機にも使えます。
  • 【プリペイドSIMカード】例によって、旅に出る前にセットしていくべきです。中国は国土も街も、ひたすら広いので、現在地の把握が死活問題だったりします。
  • 【コンパス】SIMカードと同様の理由で、持っていると街歩きの疲労度が変わります。地球の磁場は偉大です。
  • 【マネークリップ】中国の最高紙幣は100元≒2,000円です。財布だとパンパンになるので、通常は銀聯カードを使い、小額紙幣はクリップに挟むと便利です。

関連記事:ミニマリストが海外旅行でマネークリップを持つべき5つの理由。

  • 【その他のクレジットカード】VISAやMasterでもキャッシングが使えますが、可能でしたら銀聯カードを作って持っていきましょう。浦東空港の両替所は、1回あたり1,000円近い両替手数料がかかります。

関連記事:【一覧表付き】海外旅行で絶対役に立つ!手持ちクレジットカードの保険スペックを紹介していく。

関連記事:エポスカードは万人受けの「得しかしない」カード。初心者の一枚から海外旅行保険のお供に。

お土産情報

  • 【量り売りの紹興酒】「紹興市の名前がおいしそうだから」という単純な理由で旅立ったかいがありました。紹興市だけではなく、上海の個人商店でも量り売りで買えます。日本への持ち込み制限には注意しましょう。
  • 【中国茶】市内のスーパーに缶入りで売っています。ジャスミン茶が一番好きです。
  • 【紹興名物の臭豆腐】個人的には納豆よりも全然好きです。水気を取って揚げ出し豆腐にするのがよいでしょう。紹興北駅でツボのようなものにつめられて売っていました。ドリアン並の強烈な臭気を放ちますので、間違っても乗り物の中で開けないようにしてください。

旅日記へ続く

いよいよ楽しい中国旅行の始まりです。

小学生の頃に吉川英治の三国志を読破して以来、大人になったら中国を旅したいと思っていました。

古来、中国人は、広大な大陸を徒歩や馬で渡っていました。今でこそ高速鉄道や飛行機で気軽に旅行ができますが、昔の人はどのような思いで、中国大陸を旅していたのでしょう。旅情が掻き立てられます。

次のお話:【中国】上海から紹興へとローカル列車で行ってきたお話【1日目】。優雅な飛行機旅から急転直下の資金難。

-中国, 旅日記
-

Copyright© 知らないどこかを旅したい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.